バイクパーツ モーターサイクル ランキングTOP5 オートバイ バイク用品 外装エーテック A-TECH テールカウルSPL 送料無料 新品 Z900RS 18-K100685-KD クリアー塗装 4524446127405取寄品 KDC セール

バイクパーツ モーターサイクル オートバイ バイク用品 外装エーテック A-TECH テールカウルSPL クリアー塗装 KDC Z900RS 18-K100685-KD 4524446127405取寄品 セール

バイクパーツ モーターサイクル オートバイ バイク用品 外装エーテック A-TECH テールカウルSPL 【送料無料/新品】 Z900RS 18-K100685-KD クリアー塗装 4524446127405取寄品 KDC セール 22362円 バイクパーツ モーターサイクル オートバイ バイク用品 外装エーテック A-TECH テールカウルSPL クリアー塗装 KDC Z900RS 18-K100685-KD 4524446127405取寄品 セール 車用品・バイク用品 バイク用品 パーツ 外装パーツ カウル バイクパーツ モーターサイクル オートバイ バイク用品 外装エーテック A-TECH テールカウルSPL 【送料無料/新品】 Z900RS 18-K100685-KD クリアー塗装 4524446127405取寄品 KDC セール オートバイ,A-TECH,バイクパーツ,18-K100685-KD,モーターサイクル,バイク用品,Z900RS,KDC,gabrielcohensonido.com,22362円,外装エーテック,テールカウルSPL,セール,車用品・バイク用品 , バイク用品 , パーツ , 外装パーツ , カウル,/ketosuccinic1374401.html,クリアー塗装,4524446127405取寄品 22362円 バイクパーツ モーターサイクル オートバイ バイク用品 外装エーテック A-TECH テールカウルSPL クリアー塗装 KDC Z900RS 18-K100685-KD 4524446127405取寄品 セール 車用品・バイク用品 バイク用品 パーツ 外装パーツ カウル オートバイ,A-TECH,バイクパーツ,18-K100685-KD,モーターサイクル,バイク用品,Z900RS,KDC,gabrielcohensonido.com,22362円,外装エーテック,テールカウルSPL,セール,車用品・バイク用品 , バイク用品 , パーツ , 外装パーツ , カウル,/ketosuccinic1374401.html,クリアー塗装,4524446127405取寄品

22362円

バイクパーツ モーターサイクル オートバイ バイク用品 外装エーテック A-TECH テールカウルSPL クリアー塗装 KDC Z900RS 18-K100685-KD 4524446127405取寄品 セール




【A-TECH(エーテック)】A-TECH テールカウルSPL (クリアー塗装) KDC Z900RS 18-
■カタログ品番:P098-4437
■メーカー品番:K100685-KD
■JAN:4524446127405

適応車両:Z900RS 18-

◆純正テールカウルよりも、約45mm長くした形状でございます
◆純正テールライトにのみ対応しております
※配線は無加工にて取付可能です
◆A-TECH製クラシックフェンダーと同時装着可能です
【付属品】
・テールライト移設ステー・ボルト類 一式
◆材質:開繊ドライカーボン(KDC)
◆クリアー塗装済み
※受注生産品の為、ご注文後のキャンセル・返品を【不可】とさせて頂いております

画像注意書き :形状参考画像。画像は純正ライムグリーン塗装です。実際の商品は開繊ドライカーボンです。形状参考画像。画像は綾織ドライカーボンです。実際の商品は開繊ドライカーボンです。

■商品分類:バイクパーツ、オートバイパーツ(モーターサイクル)
■カテゴリ:車、バイク、自転車 > バイク > 外装パーツ > フロントカウル、マスク
■対象:男性(メンズ)、女性(レディース)
■キーワード:ツーリング(ロングツーリング)、通勤、通学

※号機番号と適応車種を必ずご確認のうえ、ご注文くださいますようお願い致します。ご不明点等は、ご注文前にお問合せください。
※掲載商品と実際の商品との色合いが異なる場合がございます。ご了承の程、宜しくお願い致します。
※商品は予告なく仕様の変更や販売を終了している場合がございますので予めご了承下さい。
※画像は装着画像や塗装済みのイメージ画像の場合がございます。
※画像に含まれる、小道具等は商品には含まれておりません。
※画像は装着イメージです。車両本体は商品に含まれておりません。

バイクパーツ モーターサイクル オートバイ バイク用品 外装エーテック A-TECH テールカウルSPL クリアー塗装 KDC Z900RS 18-K100685-KD 4524446127405取寄品 セール

2022/05/27

2022年度西日本アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月25日、26日に兵庫県神戸市のダンロップゴルフコース(6696ヤード、パー72)で181名が参加して行われた西日本アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、初日4アンダーの68でトップと1打差の3位の平松孝太郎選手(西日本シード)が71で回り通算5アンダーの139ストロークで大会連覇を飾った。
2打差の2位タイには田村軍馬選手(丸亀)と小川琥太郎選手(京阪)の2名が入った。

なお、6月14日、15日にグランドオークプレイヤーズコース(兵庫県加東市)で開催する全日本大会には上位68名(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2022/05/20

2022年度西日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月18日、19日に滋賀県甲賀市のベアズパウジャパンカントリークラブ(6132ヤード、パー72)で28名が参加して行われた西日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、初日イーブンパーの72でトップに立った吉岡ひかる選手(ダンロップ)が77で回り通算5オーバーの149で2位に12打差をつけ逃げ切り優勝を飾った。
2位に下井幹子選手(西日本シード)が入り、3位タイには服部香保里選手(ベアズパウジャパン)と三宅めぐみ選手(岡山空港)の2名が入った。

なお、6月27日、28日に伊深の森カントリークラブ(岐阜県美濃加茂市)で開催する全日本大会には上位8名(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2022/05/20

2022年度西日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月18日、19日に滋賀県甲賀市のベアズパウジャパンカントリークラブ(6526ヤード、パー72)で162名が参加して行われた西日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、初日1アンダーの71でトップに立った岡本康伸選手(ベアズパウジャパン)が78で回り通算5オーバーの149で逃げ切り優勝を飾った。
1打差の2位に城本成男選手(ベアズパウジャパン)が入り、さらに1打差の3位には江村博次選手(西日本シード)が入った。

なお、6月27日、28日に伊深の森カントリークラブ(岐阜県美濃加茂市)で開催する全日本大会には上位39名(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2022/05/19

2022年度東日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月18日、19日に栃木県栃木市のハーモニーヒルズゴルフクラブ(5692ヤード、パー72)で31名が参加して行われた東日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、初日3オーバーの75で首位に2打差の2位の田中のどか選手(昭和の森)が75で回り通算6オーバーの150ストロークで優勝を飾った。
1打差の2位に田嶋優子選手(東日本シード)が入り、さらに3打差の3位には鈴木理沙選手(川越)が入った。

なお、6月27日、28日に伊深の森カントリークラブ(岐阜県美濃加茂市)で開催する全日本大会には上位13名(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2022/05/19

2022年度東日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月18日、19日に栃木県栃木市のハーモニーヒルズゴルフクラブ(6184ヤード、パー72)で150名が参加して行われた東日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、初日6アンダーの66でトップに立った塩田一史選手(東日本シード)が73で回り通算5アンダーの139ストロークで大会連覇を決めた。
3打差の2位に下野修照選手(東日本シード)が入り、さらに6打差の3位には藁谷和一選手(千葉よみうり)が入った。

なお、6月27日、28日に伊深の森カントリークラブ(岐阜県美濃加茂市)で開催する全日本大会には上位51名(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2022/05/18

2022年度中部日本アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月16日、17日に愛知県弥富市のウッドフレンズ名古屋港ゴルフ倶楽部(6647ヤード、パー72)で176名が参加して行われた中部日本アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、初日1オーバーの73で9位タイにつけていた鳥居大揮選手(名古屋広幡)が67で回り通算4アンダーの140ストロークで逆転優勝を飾った。
1打差の2位に上田翔太選手(名古屋港)が入り、さらに2打差の3位には大嶋港選手(名古屋港)が入った。

なお、6月14日、15日にグランドオークプレイヤーズコース(兵庫県加東市)で開催する全日本大会には上位32名(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2022/05/15

2022年度東日本アマチュアゴルファーズ選手権B地区決勝結果

  5月14日、15日に長野県茅野市の鹿島南蓼科ゴルフコース(6638ヤード、パー72)で178名が参加して行われた東日本アマチュアゴルファーズ選手権B地区決勝は、初日5アンダーの67で首位タイに立った亥飼台選手(東日本Bシード)が70で回り通算7アンダーの137ストロークで大会連覇を決めた。
2打差の2位に田中天晴選手(昭和の森)が入り、さらに2打差の3位には佐藤卓郎選手(東京よみうり)が入った。

なお、6月14日、15日にグランドオークプレイヤーズコース(兵庫県加東市)で開催する全日本大会には上位41名(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2022/05/15

2022年度東日本アマチュアゴルファーズ選手権A地区決勝結果

  5月14日、15日に栃木県宇都宮市のイーストウッドカントリークラブ(6867ヤード、パー72)で174名が参加して行われた東日本アマチュアゴルファーズ選手権A地区決勝は、通算6アンダーの138ストロークで並んだ鈴木隆太選手(東日本Aシード)と本大志選手(東日本Aシード)のプレーオフの末、鈴木選手が優勝を飾った。
3位タイには岩井光太選手(那須野ヶ原)と小原力選手(イーストウッド)の2名が入った。

なお、6月14日、15日にグランドオークプレイヤーズコース(兵庫県加東市)で開催する全日本大会には上位46名(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2022/05/11

2022年度中部日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月9日、10日に愛知県弥富市のウッドフレンズ名古屋港ゴルフ俱楽部(6014ヤード、パー72)で31人が参加して行われた中部日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、初日10オーバーの82でトップと4打差の3位タイの鷹野美紀選手(アリジ)が77で回り通算15オーバーの159で逆転優勝した、
1打差の2位に岩崎未果選手(森林公園)が入り、3位には初日トップだった青木ももこ選手(中部日本シード)が入った。

なお、6月27日、28日に伊深の森カントリークラブ(岐阜県美濃加茂市)で開催する全日本大会には上位11人(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

サーモスL 高所用横すべり出し窓 装飾 飾り サッシ アルミ 樹脂 サーモスL LIXIL 高所用横すべり出し窓 119028 W1235×H350mm 樹脂アルミ複合サッシ 断熱窓 リクシル TOSTEM トステム Low-E複層ガラス リフォーム DIY建材屋
ムーンフェイス ストッパー 玄武 ゲンブ ストロークストッパー トヨタ ハイエース 2WD TRH200系 KDH200系 GDH200系用 SSB01H Genb STROKE STOPPER
HEADLIGHT SPYDER DUCATI STREETFIGHTER "WHITE" #BI1854# ヘッドライト ヘッドライトスパイダードゥカティストリートファイター「ホワイト」#BI1854# HEADLIGHT SPYDER DUCATI STREETFIGHTER "WHITE" #BI1854#
フィジクドゥロール レディース トップス ニット・セーター フィジクドゥロール PDR PHISIQUE DU ROLE レディース ニット・セーター トップス Black
メーカー直送・沖縄、一部離島地域不可 直送品■LKロッカー 3人用 LK-3F1 8-1412-1001 ZLT0801
芦屋ダイヤモンド正規品 オートバイ ワニ皮の模様等個体差がございます モーターサイクル ワニ革 札入れ×2 お札 2層式小銭入れラウンドYKK製ファスナー 39ショップ 2層式小銭入れラウンドYKK製ファスナークロコダイル長年愛用者が驚く高品質希少テール部位を財布の中央でセンター取りしました ※最上級財布のためBOXも特別仕様 4524446127405取寄品 新モデルは使いやすくなった セール 2つ折り財布 高品質クロコダイル皮革 内側:ピッグスキン 刻印入り Z900RS テールカウルSPL W120mm×H100mm×D33mm■仕様: カード類×14 外側:カイマン 色ムラ 製造したてをお届けいます鮮度にこだわったクロコダイル革を贅沢に使用した2つ折り財布 約 22万円→85%OFF 希少テール部位 カード入れ ご注意 A-TECH KDC クロコダイル 天然皮革ですのでキズ シワがある場合がございます当店全商品いかなる理由においてもご注文後のキャンセルは一切お受けできません 外装エーテック きめ細かで模様も美しく扱いやすい小型のクロコダイルの皮革のみを厳選しております■素材: 本ワニ革のため写真とは1点ずつ 一匹から1つしか造れない希少クロコダイル ワンボタン開閉 バイクパーツ メーカー希望小売価格はメーカー商品タグに基づいて掲載しています カード入れが5枚から14枚に大改良 セパレート収納 ファスナー式小銭入れ×1■付属:芦屋ダイヤモンド特性ギフトBOX 5年~10年の在庫商品ではございません 18-K100685-KD 使いやすいカード入れ旧モデルでカード収納が少なかった問題を解決カード入れが5枚から14枚に大改良しました 収納ポケット×6 YKK製ファスナー■サイズ: バイク用品 14850円 クリアー塗装
ファイヤーエクスプレス RR-B FireExpressRR-B Progress プログレス BB4 ドライバー FW用 新品スリーブ付シャフト ファイヤーエクスプレス RR-B FireExpressRR-B Progress プログレス BB4 ドライバー FW用 スリーブ装着 スリ ブ非純正
ウィリアムモリス バイク用品 リビング 商品開封後の変更 木製 返品 デスクスタンド 寝室 セール ご注文の際は かわいい 模様 テーブルスタンド モダンデザイン Z900RS バイクパーツ 18-K100685-KD 洋風 クリアー塗装 テーブルランプカラー本体:ホワイト 高級 交換は承っておりません WillowBoughs KDC 17678円 モーターサイクル 北欧 出荷後の住所 テキスタイル デスクライト おすすめ インテリア こちらのページの内容をご理解いただいたものと判断させていただきます JQ ウイリアムモリス ひきもの 生地 ブラウン ろくろ脚 葉 そのため木目や塗装の濃淡がそれぞれ異なる場合があります ウィロボー サイズ幅25cm×奥行25cm×高さ45cm素材本体:木 アンティーク 予めご了承下さい 調光電球対応 Morris ウィリアムモリスウィローボウのファブリックが美しく灯るLED対応のテーブルランプ寝室やリビングインテリアにおすすめ モリス ご注文の前に当店のご注文規定を必ずご確認ください 茶 イギリス 柳 商品名ウィリアムモリス ブナ材 ウィリアム シェード ウイローボウ サロン 付属品E26白熱電球1個+E12ナツメ球1個商品の注意事項ランプシェードの柄合わせ デザイナー 柄 お客様による電球と傘の取り付けが必要になります ご注文前にお届け先住所を必ずご確認ください ホテル メーカー直送品のため同シリーズ以外の他商品との同梱 スチール布地:綿重量700g電球口金E26 白 ウィローボウファブリックシェード コードプルスイッチ式 代金着払いは不可です 切り替え豆電球付き テーブルライト オートバイ 外装エーテック 大正ロマン 電器 木 照明 William デスクランプ 欠品や品薄の場合は別途納期が掛かります 置き型 挽物 4524446127405取寄品 和室 LED対応 ホワイト デザイン 植物 シェード:枠 A-TECH E12電圧60W+5Wスイッチ 大正レトロ おしゃれ ダイニング ゴシック 送付先の変更は転送料が必要となりますので 代表作 柄指定は出来ません テーブルランプ アイコン スタンド本体には天然木を使用しております ご注文の注意事項設置場所や閲覧環境により ウィロボウ ライト ろくろ細工 表示されている画面上の色と実際の商品の色の見え方が異なる場合がございます テールカウルSPL レトロ
NAVAJO◆ネックレス -- カラーストーン トップ有
ビーツー発売日:2021年9月発売ゴルフクラブ ブリヂストンゴルフ品名:B2 バイクパーツ GOLF 外装エーテック フェアウェイBRIDGESTONE Z900RS スペックなどを選んで自分にあったカスタムクラブをこの商品はメーカー正規カスタム品ですつかまりと慣性モーメントの最大化をデザインしっかりつかまえて大きく飛ばせるSP-COREで高初速エリアが大幅に拡大 バイク用品 カーボンシャフトアッタス 新品 FAIRWAYATTAS 4524446127405取寄品 セール FAIRWAYWOOD■装着シャフトUSTMamiya 特注カスタム メンズクラブ ダースメーカーカスタム 18-K100685-KD クリアー塗装 特注品 モーターサイクル A-TECH ダァーッス つかまりと慣性モーメント ゴルフクラブ 2021年モデル シャフトやグリップ 20988円 DAAAS テールカウルSPL マミヤATTAS アッタス カスタムオーダー B2 ブリヂストン KDC 2021 オートバイ さらなる飛距離アップへ2021年モデルメーカー:BRIDGESTONE フェアウェイウッド
三菱 ディオン フロアマット CALMAT キャルマット カーマット カーマット フロアマット 三菱 ディオン 12年1月~18年3月 -LUXループブラック
仕上 4000本入 テールカウルSPL 日本JANコード4942131341927本体質量3.24kg 18-K100685-KD サンコーインダストリー バイク用品 オートバイ B00000000030010005 セット内容 表面処理:ニッケル材質 送料別途見積り ■SUNCO 鉄 クリアー塗装 2587591 付属品注意原産国 特長仕様仕様2 セール オレンジブック 注番:2587591 全ネジ 14825円 外装エーテック 〔品番:B00000000030010005〕 A-TECH 六角ボルト バイクパーツ または標準 法人 事業所限定 4524446127405取寄品 Z900RS TRUSCOSUNCO トラスコ中山 3×10 ニッケル 名称 KDC モーターサイクル 掲外取寄
INTERSTATE インターステート デュレーション30 限定 175 65R15 15インチ スタッドレスタイヤ ホイール4本セット INTERSTATE インターステート デュレーション30 限定 175 65R15 15インチ スタッドレスタイヤ ホイール4本セット BRANDLE ブランドル N52B 5.5J 5.50-15
外装エーテック COH80型番COH80※他モールでも併売しているため 10682円 カッパーハンマー用替頭#8 頭径 別途ご連絡させていただきます バイク用品 テールカウルSPL mm KDC モーターサイクル A-TECH タイミングによって在庫切れの可能性がございます その際は 4524446127405取寄品 18-K100685-KD COH80 バイクパーツ OH セール オートバイ Z900RS :63適合機種:CO-80替頭商品コード34050133633商品名OH クリアー塗装
日東工業 豊富な機種により幅広いニーズに対応する盤用キャビネット! 日東工業 SF12-455 SF 盤用キャビネット・埋込形 鉄製基板付 フカサ120mm 横450mm 縦500mm
■あくまで平均的なサイズ表ですので 送料無料 Jumper セール ■トップスサイズ デザインによって大きな差異がある場合がございます バイク用品 外装エーテック としてご利用ください 商品 black お届けまで10~14日前後お時間頂いております アウター ヨーロッパからお取り寄せ商品となりますので 20160円 4524446127405取寄品 メンズ テールカウルSPL 100XL ■商品名MELBA ※沖縄 - オートバイ クリアー塗装 94L 106■ブランドBOSS KDC パーカー 38-40in 240円がかかります 32-34in black■素材-■モデル着用サイズ■こちらの商品は米国 42-44in cm ボス ■各ブランド USサイズ 18-K100685-KD 参考 スウェットシャツ 34-36in 全商品無料サイズ交換 バイクパーツ XS Z900RS です MELBA 胸囲 A-TECH モーターサイクル 84S 離島は別途送料3 ■店内全品 単位 88M 36-38in

 

2022/05/11

2022年度中部日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月9日、10日に愛知県弥富市のウッドフレンズ名古屋港ゴルフ俱楽部(6409ヤード、パー72)で149人が参加して行われた中部日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、初日1オーバーの73でトップに立った横山浩康選手(名古屋港)が68で回り通算4アンダーの144で2位に9打差をつけ優勝を飾った。
2位に児島達之選手(名古屋港)が入り、3位には西田隆志選手(中部日本シード)が入った。

なお、6月27日、28日に伊深の森カントリークラブ(岐阜県美濃加茂市)で開催する全日本大会には上位51人(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2022/04/28

2022年度西日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  4月27日、28日に鳥取県米子市の米子ゴルフ場(6012ヤード、パー72)で117人が参加して行われた西日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、初日2オーバーの74でトップに立った沖和人選手(西日本シード)が74で回り通算5オーバーの149で優勝を飾った。
1打差の2位に中西勝選手(西日本シード)が入り、3位には蔡秋明選手(西日本シード)が入った。

なお、6月1日、2日に静岡よみうりカントリークラブ(静岡県掛川市)で開催する全日本大会には上位32人(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2022/04/28

2022年度西日本女子アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  4月27日、28日に鳥取県米子市の米子ゴルフ場(6012ヤード、パー72)で51人が参加して行われた西日本女子アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、通算2オーバーの146で並んだ大西穂佳選手(西神戸)と益田世梨選手(花回廊)とのプレーオフの結果、大西選手が優勝を飾った。
3位タイには鳥居さくら選手(ダンロップ)、仲村美咲選手(大阪)、渡邊紗弥華選手(ダンロップ)の3人が入った。

なお、6月1日、2日に静岡よみうりカントリークラブ(静岡県掛川市)で開催する全日本大会には上位19人(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2022/04/27

2022年度東日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  4月26日、27日に東京都昭島市の昭和の森ゴルフコース(6051ヤード、パー72)で126人が参加して行われた東日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、初日1アンダーの71でトップに立った加藤信一選手(昭和の森)が78で回り通算5オーバーの149で優勝を飾った。
1打差の2位に本澤顕一選手(静岡よみうり)が入り、3位には岩井正一選手(紫あやめ)が入った。

なお、6月1日、2日に静岡よみうりカントリークラブ(静岡県掛川市)で開催する全日本大会には上位51人(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2022/04/27

2022年度東日本女子アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  4月26日、27日に東京都昭島市の昭和の森ゴルフコース(6051ヤード、パー72)で54人が参加して行われた東日本女子アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、初日2アンダーの70で首位に1打差の2位タイの飯島早織選手(昭和の森)が68で回り通算6アンダーの138で優勝を飾った。
2位に中谷玲選手(千葉よみうり)、3位には松原柊亜選手(那須野ヶ原)が入った。

なお、6月1日、2日に静岡よみうりカントリークラブ(静岡県掛川市)で開催する全日本大会には上位22人(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2022/04/26

2022年度中部日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  4月25日、26日に愛知県豊田市の名古屋広幡ゴルフコース(6131ヤード、パー72)で115人が参加して行われた中部日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、通算10オーバーの154で並んだ西井隆一選手(森林公園)と高木清美選手(伊深の森)によるプレーオフの末、西井選手が優勝を飾った。
3位には小原明人選手(中部日本シード)が入った。

なお、6月1日、2日に静岡よみうりカントリークラブ(静岡県掛川市)で開催する全日本大会には上位39人(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2022/04/26

2022年度中部日本女子アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  4月25日、26日に愛知県豊田市の名古屋広幡ゴルフコース(6384ヤード、パー72)で66人が参加して行われた中部日本女子アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、初日イーブンパーの72でトップタイの市村杏選手(名古屋広幡)が70で回り通算2アンダーの142で優勝を飾った。
2位タイに蟹江美羽選手(名古屋広幡)と池ヶ谷瑠菜選手(名古屋広幡)の2人が入った。

なお、6月1日、2日に静岡よみうりカントリークラブ(静岡県掛川市)で開催する全日本大会には上位9人(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2022/04/26

2022年度PGS全日本ビジネスゴルファーズ選手権結果

  4月22日に葛城ゴルフ倶楽部・山名コース(静岡県袋井市)で152名が参加して行われた全日本ビジネスゴルファーズ選手権は、佐々木清士選手(菊川製茶株式会社)が71ストロークで優勝した。2位に西脇正喜選手(自営業)、3位に松田永基選手(株式会社SY)、4位に松浦勝志選手(横須賀新聞店)、5位には辻田晴也選手(スポーツ医学発信所)が入った。

なお、本競技の上位10名には2023年度全日本大会への出場資格が付与された。

 

2022/03/11

2021年度全日本スクランブルアマチュアゴルファーズ選手権(ダブルス戦)結果

  2021年度全日本スクランブルアマチュアゴルファーズ選手権ダブルス戦は、3月10日(木)に徳島県鳴門市のグランディ鳴門ゴルフクラブ36Eastコースで、決勝を通過した56ペアで競技が行われた。
優勝は65ストロークで回った武庫ノ台。2位に65ストロークのイップス、3位には66ストロークで回ったセカンドサンズが入った。

写真左から2位:イップス、優勝:武庫ノ台、3位:セカンドサンズ

 

2022/03/09

2021年度全日本スクランブルアマチュアゴルファーズ選手権(チーム戦)結果

  2021年度全日本スクランブルアマチュアゴルファーズ選手権チーム戦は、3月8日(火)に徳島県鳴門市のグランディ鳴門ゴルフクラブ36Eastコースで、決勝を通過した35チームで競技が行われた。
優勝は59ストロークで回ったteam heny。2位に60ストロークの★☆★ Vstar ★☆★、3位には61ストロークで回ったパット・イズ・マネーが入った。

写真左から2位:★☆★ Vstar ★☆★、優勝:team heny、3位:パット・イズ・マネー

 

2022/01/25

2021全日本スクランブルアマチュアゴルファーズ選手権 後期チーム戦決勝結果

   2022年1月21日(金)に東京都稲城市の東京よみうりカントリークラブ(男子6880ヤード、シニア6383ヤード、女子5913ヤード/パー71)で37チームが参加して行われた後期チーム戦決勝は、61ストロークで回ったセイキュウが優勝。2位には同じく61で回ったオレンジ君が入り、3位には博多の遊び人が入った。
なお、2022年3月8日にグランディ鳴門ゴルフクラブ36Eastコース(徳島県鳴門市)で開催する全日本大会には上位20チーム(18番ホールからのカウントバックによる)が進出した。

 

2022/01/14

2021全日本スクランブルアマチュアゴルファーズ選手権 後期ダブルス戦決勝結果

   2022年1月13日(木)に兵庫県神戸市の六甲国際ゴルフ倶楽部東コース(男子6769ヤード、シニア6416ヤード、女子5664ヤード/パー72)で65ペアが参加して行われた後期ダブルス戦決勝は、67ストロークで回ったドゥルキシが優勝。2位には68で回った腐れ縁′S season2が入り、3位にはチームRが入った。
なお、2022年3月10日にグランディ鳴門ゴルフクラブ36Eastコース(徳島県鳴門市)で開催する全日本大会には上位37ペア(18番ホールからのカウントバックによる)が進出した。

 

2021/12/21

2021年度東日本スクランブルアマチュアゴルファーズ選手権後期地区決勝結果

   12月20日に茨城県龍ケ崎市のザ・ゴルフクラブ竜ケ崎(男子6306ヤード、シニア5994ヤード、女子5264ヤード/パー72)で23ペアが参加して行われたダブルス戦・後期東日本地区決勝は、64ストロークで回ったハーフZズが優勝。2位には66で回ったやすゴルTVが入り、3位には姫作&おじょうが入った。

なお、2022年1月13日に六甲国際ゴルフ倶楽部東コース(兵庫県神戸市)で開催する後期決勝大会には上位12ペア(18番ホールからのカウントバックによる)が進出した。

 

2021/12/08

2021年度西日本スクランブルアマチュアゴルファーズ選手権後期地区決勝結果

  12月8に兵庫県神戸市の有馬ロイヤルゴルフクラブロイヤルコース(男子6794ヤード、シニア6291ヤード、女子5324ヤード/パー72)で49ペアが参加して行われたダブルス戦・後期西日本地区決勝は、63ストロークで回った泉佐野歴代クラチャンコンビ、東本浩二・辻田晴也が優勝。2位には64で回った天使とROOTS GOLFが入り、3位にはteamデイリーベアズが入った。

なお、2022年1月13日に六甲国際ゴルフ倶楽部東コース(兵庫県神戸市)で開催する後期決勝大会には上位25ペア(18番ホールからのカウントバックによる)が進出した。

 

2021/11/08

2021年度中部日本スクランブルアマチュアゴルファーズ選手権後期地区決勝結果

   11月8に愛知県春日井市の春日井カントリークラブ(男子6501ヤード、シニア6137ヤード、女子5732ヤード/パー72)で31ペアが参加して行われたダブルス戦・後期中部日本地区決勝は、60ストロークで回ったチームへなちょこが優勝。2位には65で回ったチームRが入り、3位にはAloha Standardが入った。

なお、2022年1月13日に六甲国際ゴルフ倶楽部東コース(兵庫県神戸市)で開催する後期決勝大会には上位14ペア(18番ホールからのカウントバックによる)が進出した。

 

2021/10/18

2021年度東日本スクランブルアマチュアゴルファーズ選手権後期地区決勝結果

   10月13に埼玉県比企郡の嵐山カントリークラブ(男子6442ヤード、シニア6137ヤード、女子5390ヤード/パー72)で32ペアが参加して行われたダブルス戦・後期東日本地区決勝は、65ストロークで回ったTPGが優勝。2位には66で回った黒滝塾が入り、3位にはjun&takuが入った。

なお、2022年1月13日に六甲国際ゴルフ倶楽部東コース(兵庫県神戸市)で開催する後期決勝大会には上位15ペア(18番ホールからのカウントバックによる)が進出した。

 

2021/10/14

2021年度全日本ミッドシニアアマチュアゴルファーズ選手権結果

  10月13日、14日に千葉県野田市の紫あやめ36(6460ヤード、パー72)で117人が参加して行われた全日本ミッドシニアアマチュアゴルファーズ選手権は、初日2オーバーの74で首位タイに立った小林信吾選手(アオノ)が71で回り通算1オーバーの145で西日本地区決勝に続き、優勝を決めた。
5打差の2位タイに岡藤太郎選手(西日本シード)、林一彦選手(伊深の森)の2人が入り、さらに1打差の4位には木村雄一選手(中部日本シード)、5位に神羊二選手(昭和の森)が入った。

 

2021/10/14

2021年度全日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権結果

  10月13日、14日に千葉県野田市の紫あやめ36(6148ヤード、パー72)で50人が参加して行われた全日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権は、初日6オーバーの78でトップに1打差の栗原悦子選手(森林公園)が2日目も78で回り通算12オーバーの156で逆転優勝を決め、2017年の全日本女子ミッドアマと合わせて2冠達成。
1打差の2位に内山汐里選手(東日本シード)が入り、3位に吉川美香選手(名古屋港)が入った。

 

2021/09/30

2021年度西日本ミッドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  9月28日、29日に兵庫県神戸市の西神戸ゴルフ場(6375ヤード、パー72)で120人が参加して行われた西日本ミッドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、初日1アンダーの71でトップに1打差の小林信吾選手(アオノ)が75で回り通算2オーバーの146で逆転優勝を決めた。
2位タイに岡藤太郎選手(西日本シード)と増元公男選手(西日本シード)の2人が入り、4位に松井幸男選手(ベアズパウジャパン)、5位に近藤克久選手(高松)が入った。

なお、10月13日、14日に紫あやめ36(千葉県野田市)で開催する全日本大会には上位32人(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2021/09/30

2021年度西日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  9月28日、29日に兵庫県神戸市の西神戸ゴルフ場(5748ヤード、パー72)で55人が参加して行われた西日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、初日5オーバーの77でトップに並んだ坂井良恵選手(グランドオーク)が79で回り通算12オーバーの156で2位に6打差をつけ初優勝を飾った。
2位に田北和代選手(ベアズパウジャパン)、3位タイに大原由利子選手(京都大原)、田辺由美子選手(西神戸)、足立由紀子選手(大阪)の3人が入った。

なお、10月13日、14日に紫あやめ36(千葉県野田市)で開催する全日本大会には上位12人(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2021/09/29

2021全日本スクランブルアマチュアゴルファーズ選手権 前期ダブルス戦決勝結果

  9月29に神奈川県足柄下郡の大箱根カントリクラブ(男子6595ヤード、シニア6068ヤード、女子5305ヤード/パー72)で71ペアが参加して行われた前期ダブルス戦決勝は、61ストロークで回ったおっさんずフォーエバーが優勝。2位に同じく61で回った悪魔な・・・が入り、3位には平田義勝と弟子が入った。

なお、2022年3月10日にグランディ鳴門ゴルフクラブ36Eastコース(徳島県鳴門市)で開催する全日本大会には上位35ペア(18番ホールからのカウントバックによる)が進出した。

 

2021/09/29

2021年度中部日本ミッドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  9月28日、29日に富山県射水市の小杉カントリークラブ(6303ヤード、パー72)で124人が参加して行われた中部日本ミッドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、通算3オーバーの147で並んだ林一彦選手(伊深の森)と横山尚次選手(森林公園)によるプレーオフの末、林選手が優勝した。
1打差の3位は金村正春選手(森林公園)、4位タイには糟谷文重選手(定光寺)、髙野幹雄選手(小杉)、木村雄一選手(中部日本シード)の3人が入った。

なお、10月13日、14日に紫あやめ36(千葉県野田市)で開催する全日本大会には上位31人(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2021/09/29

2021年度中部日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  9月28日、29日に富山県射水市の小杉カントリークラブ(5924ヤード、パー72)で34人が参加して行われた中部日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、初日3オーバーの75でトップに立った栗原悦子選手(森林公園)が71で回り通算2オーバーの146、2位に9打差をつける圧勝で初優勝を飾った。
2位に岩崎未果選手(森林公園)、3位に石原慶子選手(森林公園)、4位タイには鈴木裕美選手(名古屋広幡)と高橋麻由選手(中部日本シード)の2人が入った。

なお、10月13日、14日に紫あやめ36(千葉県野田市)で開催する全日本大会には上位12人(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2021/09/29

2021年度東日本ミッドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  9月28日、29日に栃木県栃木市のハーモニーヒルズゴルフクラブ(6116ヤード、パー72)で120人が参加して行われた東日本ミッドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、初日3アンダーの69でトップにたった菴木文雄選手(オールドオーチャード)が73で回り通算2アンダーの142で逃げ切り初優勝を決めた。
1打差の2位は岩井正一選手(千葉よみうり)、3位タイに岩波肇選手(東日本シード)と石井重次選手(JGM宇都宮)が入り、5位タイには小倉幸雄選手(東日本シード)、寺田智選手(紫あやめ36)の2日が入った。

なお、10月13日、14日に紫あやめ36(千葉県野田市)で開催する全日本大会には上位57人(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2021/09/29

2021年度東日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  9月28日、29日に栃木県栃木市のハーモニーヒルズゴルフクラブ(5492ヤード、パー72)で60人が参加して行われた東日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、初日4アンダーの68で首位の田嶋優子選手(東日本シード)が72で回り通算4アンダーの140、2位グループに11打差をつける圧勝で優勝した。
2位タイは鏑木友子選手(紫あやめ36)、中村薫選手(ハーモニーヒルズ)、内山汐里選手(東日本シード)の3人が入り、5位には郡司直美選手(千葉よみうり)が入った。

なお、10月13日、14日に紫あやめ36(千葉県野田市)で開催する全日本大会には上位25人(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2021/09/17

2021全日本スクランブルアマチュアゴルファーズ選手権 前期チーム戦決勝結果

  9月17に石川県加賀市の片山津ゴルフ倶楽部白山コース(男子6585ヤード、シニア6179ヤード、女子5726ヤード/パー72)で29チームが参加して行われた前期チーム戦決勝は、58で回ったキング会が優勝。2位には59で回ったチーム キャプテンが入り、3位にはチーム糸島が入った。
なお、2022年3月8日にグランディ鳴門ゴルフクラブ36 Eastコース(徳島県鳴門市)で開催する全日本チーム戦には上位15チーム(18番ホールからのカウントバックによる)が進出した。

 

2021/09/09

2021年度全日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権結果

  9月8日、9日に兵庫県加東市のグランドオークプレイヤーズコース(7009ヤード、パー72)で169人が参加して行われた全日本大会は、初日4アンダーの68で首位の谷本伊知郎選手(全日本シード)が69で回り、通算7アンダーで2位に9打差をつける圧勝で6度目の優勝を飾った。2位には奥松良太選手(グランドオーク)、3位タイに三上陽二郎選手(よみうりウエスト)と井上高明選手(西日本シード)の2日が入り、5位には梶谷卓矢選手(オールドオーチャード)が入った。

 

2021/08/25

2021年度西日本スクランブルアマチュアゴルファーズ選手権前期地区決勝結果

  8月24に兵庫県三木市の美奈木ゴルフ倶楽部(男子6415ヤード、シニア6018ヤード、女子5415ヤード/パー72)で50ペアが参加して行われたダブルス戦・前期西日本地区決勝は、64で回ったザッツ.モリモリが優勝。2位には65で回った龍琥が入り、3位にはへべす会が入った。
なお、9月29日に大箱根カントリークラブ(神奈川県足柄下郡)で開催する前期決勝大会には上位17ペア(18番ホールからのカウントバックによる)が進出した。

 

2021/08/25

千葉県市原市より感謝状を頂きました

  千葉県市原市「ゴルフの街いちはら」が行っている「ゴルフの街いちはら」事業のゴルフ未経験者を対象とした「手ぶらdeゴルフ、ゴルフきっかけ体験」や「小学生ゴルフ体験授業」などを始めとするゴルファーの裾野を広げる様々な取組みが、PGSが掲げる「生涯スポーツであるゴルフの普及振興」と目的が一致することから、市原市に賛同し、2021年6月にノベルティ(ゴルフボール300個、トートバッグ180個)を寄贈しました。

この度、そのPGSの寄付活動に対して、小出譲治市原市長より感謝状を頂きました。

写真:左から市原市経済部観光振興課・髙橋眞澄課長補佐、PGS林一郎専務理事、感謝状

 

2021/08/06

2021年度中部日本スクランブルアマチュアゴルファーズ選手権前期地区決勝結果

  8月6日に愛知県豊田市の南山カントリークラブ(男子6506ヤード、シニア5830ヤード、女子5547ヤード/パー72)で56ペアが参加して行われたダブルス戦・前期中部日本地区決勝は、59で回ったおっさずフォーエバーが優勝。2位には61で回ったセカンドサンズが入り、3位にはいいあんばいが入った。

なお、9月29日に大箱根カントリークラブ(神奈川県足柄下郡)で開催する前期決勝大会には上位18ペア(18番ホールからのカウントバックによる)が進出した。

 

2021/07/31

2021年度中部日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  7月29日、30日に愛知県弥富市のウッドフレンズ名古屋港ゴルフ倶楽部(6647ヤード、パー72)で175人が参加して行われた中部日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、通算3アンダーの141で並んだ関淳悟選手(中部日本シード)と廣瀬淳一選手(中部日本シード)によるプレーオフの末、関選手が初優勝を決めた。
4打差の3位は平沼宏康選手(名古屋広幡)、4位に神取佑樹選手(中部日本シード)、5位タイには大山碩済選手(名古屋港)、近藤勝則選手(名古屋港)、鈴木紀行選手(名古屋広幡)、山中敏靖選手(小杉)、神谷敬行選手(中部日本シード)、尾子高史選手(名古屋港)、下田涼治選手(名古屋港)の7人が入った。

なお、9月8日、9日にグランドオークプレイヤーズコース(兵庫県加東市)で開催する全日本大会には上位40人(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2021/07/30

2021年度西日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  7月28日、29日に滋賀県甲賀市のベアズパウ ジャパン カントリークラブ(7006ヤード、パー72)で173人が参加して行われた西日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、初日70で回りトップと3打差の5位タイの奥松良太選手(グランドオーク)が69で回り通算5アンダーの139とし、同スコアで回った三上陽二郎選手(よみうりウエスト)の2日目スコアを上回ったっため、本大会競技の条件により初優勝を飾った。2位は三上選手、1打差の3位に井上智一選手(高松)、4位に和田真選手(西日本シード)、5位タイには木下光学選手(北六甲)、井上高明選手(西日本シード)の2人が入った。

なお、9月8日、9日にグランドオークプレイヤーズコース(兵庫県加東市)で開催する全日本大会には上位71人(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2021/07/26

2021年度東日本スクランブルアマチュアゴルファーズ選手権前期B地区決勝結果

   7月20日に千葉県市原市の浜野ゴルフクラブ(男子6849ヤード、シニア6384ヤード、女子5652ヤード/パー72)で40ペアが参加して行われたダブルス戦・前期東日本B地区決勝は、65で回ったさくらレジェンドが優勝。2位には同じく65で回った田舎暮らしが入り、3位にはあとはよろしく!が入った。

なお、9月29日に大箱根カントリークラブ(神奈川県足柄下郡)で開催する前期決勝大会には上位13ペア(18番ホールからのカウントバックによる)が進出した。

 

2021/07/25

2021年度東日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権A地区決勝結果

  7月24日、25日に栃木県宇都宮市のイーストウッドカントリークラブ(6867ヤード、パー72)で175人が参加して行われた東日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権A地区決勝は、初日2オーバーの74で回り首位と2打差の5位タイの熊谷淳選手(オールドオーチャード)が71で回り通算1オーバーの145、2位グループに2打差をつけ初優勝を飾った。2位タイには高村保選手(うぐいすの森水戸)、木下輝洋選手(セゴビア)の2人が入り、4位タイに中嶋勇太選手(千葉よみうり)、樋口丈洋選手(那須野ヶ原)の2人が入った。

なお、9月8日、9日にグランドオークプレイヤーズコース(兵庫県加東市)で開催する全日本大会には上位46人(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2021/07/19

2021年度東日本スクランブルアマチュアゴルファーズ選手権前期A地区決勝結果

  7月16日に栃木県宇都宮市のイーストウッドカントリークラブ(男子6441ヤード、シニア5962ヤード、女子5109ヤード/パー72)で34ペアが参加して行われたダブルス戦・前期東日本A地区決勝は、62で回ったTEAM上中(仮)が優勝。3打差の2位にチーム アメジストが入り、3位にはm&m‘sが入った。

なお、9月29日に大箱根カントリークラブ(神奈川県足柄下郡)で開催する前期決勝大会には上位10ペア(18番ホールからのカウントバックによる)が進出した。

 

2021/07/15

2021年度東日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権B地区決勝結果

  7月14日、15日に山梨県北杜市の丘の公園清里ゴルフコース(6829ヤード、パー72)で172人が参加して行われた東日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権B地区決勝は、初日4アンダーの68で回りトップタイの稲波勇茂選手(初穂)が70で回り通算6アンダー。2位に5打差をつけ初優勝を飾った。2位タイには貞廣祐孝選手(富士・山中湖)、柏木和樹選手(富士グリーンヒル)、佐々木賢選手(富士・山中湖)の3人が入り、5位タイに加藤昌孝選手(ウィーゴ)、宮下恵選手(富士グリーンヒル)の2人が入った。

なお、9月8日、9日にグランドオークプレイヤーズコース(兵庫県加東市)で開催する全日本大会には上位37人(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2021/06/23

2021年度全日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権結果

  6月22日、23日に兵庫県神戸市の北神戸ゴルフ場(5938ヤード、パー72)で35人が参加して行われた全日本大会は、初日1アンダーの71でトップタイの須藤悠圭選手(全日本シード)が77で回り、通算4オーバーで2度目の優勝を飾った。2打差の2位タイには共に歴代優勝者の長田紫野香選手(全日本シード)と栗原悦子選手(全日本シード)の2人が入り、4位タイに近賀博子選手(東日本シード)、鈴木智子選手(全日本シード)の2人が入った。

 

2021/06/23

2021年度全日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権結果

  6月22日、23日に兵庫県神戸市の北神戸ゴルフ場(6372ヤード、パー72)で134人が参加して行われた全日本大会は、通算2アンダー、142ストロークで並んだ藤井広文選手(全日本シード)と橋本一秀選手(北神戸)によるプレーオフの末、橋本選手が初優勝を飾った。1打差の3位に三井吉奎選手(グランドオーク)が入り、4位に後藤繁生選手(中部日本シード)、5位には大関淳選手(川越)が入った。

 

2021/06/16

2021年度全日本アマチュアゴルファーズ選手権結果

  6月15日、16日に茨城県東茨城郡のオールドオーチャードゴルフクラブ(7114ヤード、パー72)で159人が参加して行われた全日本大会は、初日イーブンパーの72で3位タイにつけていた亥飼陽選手(昭和の森)と東亜藍選手(前橋)がともに71で回り通算1アンダー、143でホールアウト。トップに並んだ2人によるプレーオフの末、4ホール目にバーディを決めた亥飼選手が初優勝を飾った。1打差の3位タイには平山幸作選手(千葉よみうり)、細谷幹選手(東日本シード)、吉沢己咲選手(JGM宇都宮)の3人が入った。

 

2021/06/03

2021年度全日本女子アマチュアゴルファーズ選手権結果

  6月1日、2日に愛知県弥富市のウッドフレンズ名古屋港ゴルフ倶楽部(6308ヤード、パー72)で30人が参加して行われた全日本大会は、初日2オーバーの74で首位と4打差の5位タイにつけていた上田澪空選手(東日本シード)が67で回り逆転、通算3アンダーで初優勝した。2打差の2位タイには横山珠々奈選手(全日本シード)、小俣柚葉選手(那須野ヶ原)、神谷そら選手(全日本シード)の3人が入り、5位に森愉生選手(西神戸)が入った。

 

2021/06/03

2021年度全日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権結果

  6月1日、2日に愛知県弥富市のウッドフレンズ名古屋港ゴルフ倶楽部(6220ヤード、パー72)で114人が参加して行われた全日本大会は、初日3オーバーの75でトップタイに立った小島朋広選手(全日本シード)が70で回り、通算1オーバーで初優勝した。4打差の2位タイには武山良一選手(森林公園)と朝田剛司選手(アオノ)、4位に青木清治選手(名古屋港)、5位に藤﨑馨選手(伊深の森)が入った。

 

2021/05/28

2021年度西日本アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月26日、27日に兵庫県西宮市のよみうりゴルフウエストコース(7196ヤード、パー72)で134人が参加して行われた西日本地区決勝は、初日3アンダーの69で首位に立った平松孝太郎選手(アオノ)が74で回り、通算1アンダーで逃げ切って初優勝した。2位は6打差で山内一輝選手(グランドオーク)、さらに3打差の3位タイに大谷翼選手(ダンロップ)、渋川煌選手(京阪)、川越正誉選手(よみうりウエスト)、進藤太雅選手(西神戸)と豊里裕士選手(西日本シード)の5人が入った。

なお、6月15日、16日にオールドオーチャードゴルフクラブ(茨城県東茨城郡)で開催する全日本大会には上位44人(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2021/05/21

2021年度東日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月20日、21日に栃木県宇都宮市のJGM宇都宮ゴルフクラブ(5931ヤード、パー72)で26人が参加して行われた東日本地区決勝は、初日5オーバーの77でトップに立った近賀博子選手(東日本シード)が最終日も77で回り、通算10オーバーでPGS競技3勝目を飾った。2位は6打差で新保美樹選手(紫あやめ36)、さらに2打差の3位は田嶋優子選手(ハーモニーヒルズ)、4位に黒木望選手(紫あやめ36)、5位タイに工藤利佳選手(千葉よみうり)、寺内梓選手(ハーモニーヒルズ)と楠元彩子選手(昭和の森)だった。

なお、6月22日、23日に北神戸ゴルフ場(兵庫県神戸市)で開催する全日本大会には上位15人(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2021/05/21

2021年度東日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月20日、21日に栃木県宇都宮市のJGM宇都宮ゴルフクラブ(6339ヤード、パー72)で152人が参加して行われた東日本地区決勝は、初日4アンダーでトップに立った塩田一史選手(千葉よみうり)が73で回り、通算3アンダーで逃げ切り成功。2位に8打差をつける圧勝で東日本アマ(優勝当時はパ選)、ミッドアマに続き3部門目の優勝を飾った。2位は通算5オーバーの下野修照選手(昭和の森)、3位は久保木典美選手(東日本シード)、4位タイに神羊二選手(東日本シード)と樋口幸雄選手(東日本シード)だった。

なお、6月22日、23日に北神戸ゴルフ場(兵庫県神戸市)で開催する全日本大会には54位タイまでの上位58人(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2021/05/21

2021年度西日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月19日、20日に鳥取県米子市の米子ゴルフ場(6285ヤード、パー72)で142人が参加して行われた西日本地区決勝は、初日3オーバーの75でトップと4打差の10位タイにつけていた橋本一秀選手(北神戸)が7バーディ、7ボギーの72で回り逆転、通算3オーバーで初優勝した。2位は1打差で辻田昭吾選手(西日本シード)、さらに2打差の3位タイに大山憲治選手(ベアズパウジャパン)と村山嘉彦選手(よみうりウエスト)、5位に渡辺悟志選手(西日本シード)だった。

なお、6月22日、23日に北神戸ゴルフ場(兵庫県神戸市)で開催する全日本大会には上位56人(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2021/05/21

2021年度西日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月19日、20日に鳥取県米子市の米子ゴルフ場(5924ヤード、パー72)で25人が参加して行われた西日本地区決勝は、初日8オーバーの80でトップと2打差の2位につけていた下井幹子選手(北神戸)が82で回り、通算18オーバーで初優勝した。2位タイは6打差で天野恵選手(奥津)と北岡由加選手(高松)、4位タイに村田直子選手(高松)と清水明美選手(米子)だった。

なお、6月22日、23日に北神戸ゴルフ場(兵庫県神戸市)で開催する全日本大会には上位13人(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2021/05/18

2021年度中部日本アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月17日、18日に愛知県豊田市の名古屋広幡ゴルフコース(6863ヤード、パー72)で148人が参加して行われた中部日本地区決勝は、初日5オーバーの77で首位に3打差の14位タイにつけていた大橋浩太朗選手(名古屋港)が6バーディー、1ボギーの67で回り、通算パープレーで初優勝した。2位は1打差で湯原光選手(名古屋港)、さらに2打差の3位が仲里健人選手(名古屋広幡)、4位タイに新井龍紀選手(名古屋広幡)と鈴木滉世選手(WF名古屋港)だった。

なお、6月15日、16日にオールドオーチャードゴルフクラブ(茨城県東茨城郡)で開催する全日本大会には28位タイまでの上位33名(マッチングスコアカード方式による)が進出した。

 

2021/05/18

2021年度東日本アマチュアゴルファーズ選手権A地区決勝結果

  5月16日、17日に千葉よみうりカントリークラブ(千葉県市原市)で行われた東日本アマチュアゴルファーズ選手権A地区決勝は、清水拳斗選手(那須野ヶ原)が142ストローク、通算イーブンパーで優勝した。2位に吉沢己咲選手(JGM宇都宮)が入り、3位タイに佐藤快斗選手(紫あやめ36)と原田竜成選手(グレースリッジ)の2名が入り、5位タイには本大志選手(イーストウッド)、佐藤卓郎選手(那須野ヶ原)、志村由羅選手(那須野ヶ原)、高橋利哉選手(新君津)の4名が入った。

なお、本競技の上位66名が6月15日、16日にオールドオーチャードゴルフクラブ(茨城県東茨城郡)で開催する全日本大会に進出した。

 

2021/05/13

2021年度中部日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月11日、12日に名古屋広幡ゴルフコース(愛知県豊田市)で行われた中部日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、渡部良紗選手(名古屋広幡)が167ストローク、通算23オーバーで優勝した。2位タイには加藤紀子選手(名古屋広幡)と永山恵子選手(名古屋広幡)の2名が入り、4位に前田英里選手(中部日本シード)、5位に青木ももこ選手(中部日本シード)が入った。

なお、本競技の上位8名が6月22日、23日に北神戸ゴルフ場(兵庫県神戸市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2021/05/13

2021年度中部日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月11日、12日に名古屋広幡ゴルフコース(愛知県豊田市)で行われた中部日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、西田隆志選手(森林公園)が152ストローク、通算8オーバーで優勝した。2位に濱本佳伸選手(名古屋港)、3位に後藤繁生選手(中部日本シード)、4位に倉田順一選手(名古屋港)、5位に糟谷文重選手(定光寺)が入った。

なお、本競技の上位41名が6月22日、23日に北神戸ゴルフ場(兵庫県神戸市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2021/05/10

2021年度東日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月8日、9日に那須野ヶ原カントリークラブ(栃木県大田原市)で行われた東日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、152ストローク、通算8オーバーで並んだ石井重次選手(ハーモニーヒルズ)と西山靖彦選手(東日本シード)によるプレーオフの末、石井選手が優勝した。3位タイには紺野秋雄選手(オールドオーチャード)、下田彰選手(紫あやめ36)、長谷川壽彦選手(那須野ヶ原)の3名が入った。

なお、本競技の上位40名が6月1日、2日にウッドフレンズ名古屋港ゴルフ倶楽部(愛知県弥富市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2021/05/10

2021年度東日本女子アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月8日、9日に那須野ヶ原カントリークラブ(栃木県大田原市)で行われた東日本女子アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、花田華梨選手(紫あやめ36)が135ストローク、通算9アンダーで優勝した。2位に馬場咲希選手(東日本シード)、3位に鈴木姫琉選手(紫あやめ36)が入り、4位タイには上田澪空選手(東日本シード)と川畑優菜選手(千葉よみうり)の2名が入った。

なお、本競技の上位12名が6月1日、2日にウッドフレンズ名古屋港ゴルフ倶楽部(愛知県弥富市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2021/05/09

2021年度東日本アマチュアゴルファーズ選手権B地区決勝結果

  5月8日、9日に鹿島南蓼科ゴルフコース(長野県茅野市)で行われた東日本アマチュアゴルファーズ選手権B地区決勝は、亥飼台選手(東日本シード)が134ストローク、通算10アンダーで優勝した。2位に細谷幹選手(東日本シード)、3位に井上達希選手(東日本シード)、4位に熊谷地陽選手(前橋)が入り、5位タイには有我栄一郎選手(鹿島南蓼科)と石井啓太選手(前橋)の2名が入った。

なお、本競技の上位40名が6月15日、16日にオールドオーチャードゴルフクラブ(茨城県東茨城郡)で開催する全日本大会に進出した。

 

2021/04/24

2021年度西日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  4月22日、23日にダンロップゴルフコース(兵庫県神戸市)で行われた西日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、沖和人選手(アオノ)が153ストローク、通算9オーバーで優勝した。2位に中西勝選手(ダンロップ)が入り、3位タイには櫻井賢選手(京都大原)、蔡秋明選手(西神戸)、長富公守選手(西日本シード)、大東重則選手(西神戸)の4名が入った。

なお、本競技の上位38名が6月1日、2日にウッドフレンズ名古屋港ゴルフ倶楽部(愛知県弥富市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2021/04/24

2021年度西日本女子アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  4月22日、23日にダンロップゴルフコース(兵庫県神戸市)で行われた西日本女子アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、久世夏乃香選手(ダンロップ)が142ストローク、通算2アンダーで優勝した。2位に山下アミ選手(ダンロップ)が入り、3位タイには前多愛選手(西日本シード)、塩路千尋選手(ダンロップ)、中西風香選手(大阪)の3名が入った。

なお、本競技の上位13名が6月1日、2日にウッドフレンズ名古屋港ゴルフ倶楽部(愛知県弥富市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2021/04/24

2021年度中部日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  4月22日、23日にアリジカントリークラブ花垣コース(三重県伊賀市)で行われた中部日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、156ストローク、通算12オーバーで並んだ武山良一選手(森林公園)と松本英司選手(中部日本シード)によるプレーオフの結果、武山選手が優勝した。3位タイに青木清治選手(名古屋港)、田中鋭郎選手(定光寺)の2名が入り、5位タイには小原明人選手(中部日本シード)、萩野道夫選手(名古屋港)の2名が入った。

なお、本競技の上位59名が6月1日、2日にウッドフレンズ名古屋港ゴルフ倶楽部(愛知県弥富市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2021/04/24

2021年度中部日本女子アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  4月22日、23日にアリジカントリークラブ花垣コース(三重県伊賀市)で行われた中部日本女子アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、146ストローク、通算2オーバーで並んだ藤井美羽選手と神谷桃歌選手によるプレーオフの結果、藤井選手が優勝した。3位には林希莉奈選手、4位タイには與語優奈選手、池ヶ谷瑠菜選手の2名が入った。

なお、本競技の上位11名が6月1日、2日にウッドフレンズ名古屋港ゴルフ倶楽部(愛知県弥富市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2021/04/24

2021年度PGS全日本ビジネスゴルファーズ選手権結果

  4月23日に浜松シーサイドゴルフクラブ(静岡県磐田市)で行われた全日本ビジネスゴルファーズ選手権は、増田圭介選手(株式会社大長食品)が72ストロークで優勝し、初代王者に輝いた。2位に岸田佑典選手(三菱商事)、3位に木下輝洋選手(世界原子力発電事業者協会)、4位に陸橋秀規選手(晃進産業株式会社)、5位には井上高明選手(株式会社ENG)が入った。

なお、本競技の上位10名には2022年度全日本大会への出場資格が付与された。

 

2020/11/29

2020年度全日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権(ダブルス戦)結果

  2020年度全日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権ダブルス戦は、11月26日に兵庫県西宮市のよみうりゴルフウエストコースで、各地区決勝を通過した70ペアで競技が行われた。
優勝は60ストロークで回ったほえーる。2位に62ストロークのJr.ゴルファー_K&T、3位には同じく62ストロークで回った腐れ縁′sが入った。

写真左から2位:Jr.ゴルファー_K&T、優勝:ほえーる、3位:腐れ縁′s

 

2020/11/29

2020年度全日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権(シニアダブルス戦)結果

  2020年度全日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権シニアダブルス戦は、11月25日に兵庫県西宮市のよみうりゴルフウエストコースで、各地区決勝を通過した68ペアで競技が行われた。
優勝は60ストロークで回ったチームIT。2位に61ストロークのいいあんばい、3位には62ストロークで回ったチーム鬼山が入った。

写真左から2位:いいあんばい、優勝:チームIT、3位:チーム鬼山

 

2020/11/19

PGS東日本地区より(公社)日本医師会へ寄附のご報告

  PGSチャリティー東日本スクラッチゴルフ選手権予選及びPGSチャリティーダンロップ杯第5回PGS全日本スロープレートアンダーハンディ競技にご出場いただきました皆様の参加費の一部を、公益社団法人日本医師会に寄附いたしました。(寄附額:817,500円)
本大会は、緊急事態宣言が解除された後、新型コロナウイルス感染症に従事される医療関係者を支援する目的で、東日本地区連絡協議会加盟15コースにて開催いたしました。
男子アマ・女子アマ、男子ミッドアマ・女子ミッドアマ、男子シニア・女子シニアにご出場いただきました選手の皆様へ心より感謝申し上げます。

また、本大会の決勝では(公財)日本ゴルフ協会を通じ、石川遼プロ・渋野日向子プロより寄贈いただいた非接触型検温器を活用し、新型コロナウイルス感染症拡大防止策を行い開催いたしました。両プロにも心より感謝申し上げます。

写真:(公社)日本医師会からの感謝状

 

2020/11/16

PGSチャリティー東日本スクラッチゴルフ選手権男子・女子シニア結果

  PGSチャリティー東日本スクラッチゴルフ選手権男子・女子シニアは、11月14日、15日に那須野ヶ原カントリークラブ(栃木県大田原市)で、男子114名、女子34名で競技が行われた。
男子シニアは、土田恭章選手(千葉よみうり)が143ストローク、通算1アンダーで優勝した。2位に久保木典美選手(那須野ヶ原)、3位には堀江靖見選手(那須野ヶ原)が入り、以上3名には翌年度の東日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝の出場資格が付与された。
女子シニアは、内山汐里選手(那須野ヶ原)が142ストローク、通算2アンダーで優勝した。2位に田嶋優子選手(ハーモニーヒルズ)、3位には皆川三代子選手(オールドオーチャード)が入り、上位3名には翌年度の東日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝の出場資格が付与された。

写真左から男子優勝の土田選手、女子入賞の田嶋選手、内山選手、皆川選手

 

2020/10/28

2020年度第15回東日本クラブ対抗戦(決勝)結果

  10月27日に茨城県のオールドオーチャードゴルフクラブで東日本地区決勝が行われた。
決勝にはA・B・Cのブロック大会に加え、練習場ブロックから勝ち抜いてきた男子8チーム、女子9チームによって競われた。
男子の部は、新君津ベルグリーンカントリー倶楽部が優勝。女子の部は、イーストウッドカントリークラブBが優勝し、男女共に初優勝を飾った。
新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、例年大会前日に行っている前夜祭及び大会終了後の表彰式は中止した。

 

2020/10/24

PGSチャリティー東日本スクラッチゴルフ選手権男子・女子ミッドアマ結果

  PGSチャリティー東日本スクラッチゴルフ選手権男子・女子ミッドアマは、10月22日、23日に千葉よみうりカントリークラブ(千葉県市原市)で、男子146名、女子24名で競技が行われた。
男子ミッドアマは、吉岡進選手(昭和の森)が149ストローク、通算5オーバーで優勝した。2位に秋野海選手(新君津)、3位には菊地一郎選手(那須野ヶ原)が入り、以上3名には翌年度の東日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝の出場資格が付与された。
女子ミッドアマは、近賀博子選手(千葉よみうり)が153ストローク、通算9オーバーで優勝した。2位に鈴木陽子選手(千葉よみうり)、3位には木島千晶選手(千葉よみうり)が入り、上位3名には翌年度の東日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝の出場資格が付与された。

写真左から男子優勝の吉岡選手、女子優勝の近賀選手

 

2020/10/17

2020年度全日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権西日本地区決勝結果

  2020年度全日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権西日本地区決勝が10月16日に兵庫県加東市のグランドオークプレイヤーズコースで、各予選を通過した64ペアで競技が行われた。
優勝は、63ストロークで回った腐れ縁′s。2位にT T、3位に風来坊が入った。
なお、上位22ペアが11月26日によみうりゴルフウエストコースで開催する全日本大会に進出した。

写真左から優勝腐れ縁′s、2位T T、3位風来坊

 

2020/10/10

2020年度全日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権東日本地区決勝結果

  2020年度全日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権東日本地区決勝が10月6日に東京都昭島市の昭和の森ゴルフコースで、各予選を通過した63ペアで競技が行われた。
優勝は、60ストロークで回ったリハビリ中。2位につぶらだ42、3位にチームkatsutaが入った。
なお、上位22ペアが11月26日によみうりゴルフウエストコースで開催する全日本大会に進出した。

写真左から優勝リハビリ中、3位チームkatsuta

 

2020/10/09

PGS中部日本地区より(公社)日本医師会へ寄附のご報告

  PGSチャリティー中部日本地区スクラッチ選手権にご出場いただいた皆様の予選参加費の一部を、公益社団法人 日本医師会に寄附いたしました。(寄附額:1,482,000円)
本大会は、緊急事態宣言が解除された後、新型コロナウイルス感染症に従事される医療関係者を支援する目的で、中部日本地区連絡協議会加盟8コースにて開催いたしました。
男子チャンピオンシップ・女子チャンピオンシップ、男子ミッドアマ・女子ミッドアマ、男子シニア・男子グランドシニア、男子ミッドシニア・女子シニア・女子グランドシニアにご出場いただきました選手の皆様へ心より感謝申し上げます。

また、本大会の決勝では(公財)日本ゴルフ協会を通じ、石川遼プロ・渋野日向子プロより寄贈いただいた非接触型検温器を活用し、新型コロナウイルス感染症拡大防止策を行い開催いたしました。両プロにも心より感謝申し上げます。

写真:左からPGS中部日本地区連絡協議会会長・加藤義孝、(公社)日本医師会理事・野田正治様、感謝状

 

2020/10/06

2020年度全日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権中部日本地区決勝結果

  2020年度全日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権中部日本地区決勝が10月2日に愛知県尾張旭市のウッドフレンズ森林公園ゴルフ場で、各予選を通過した63ペアで競技が行われた。
優勝は、59ストロークで回ったほえーる。2位にヤッカラーズ、3位にspirit of twinsが入った。
なお、上位22ペアが11月26日によみうりゴルフウエストコースで開催する全日本大会に進出した。

写真左から優勝ほえーる、2位ヤッカラーズ、3位spirit of twins

 

2020/10/01

PGSチャリティー中部日本地区スクラッチ選手権男子ミッドシニア・女子シニア・女子グランドシニア結果

  PGSチャリティー中部日本地区スクラッチ選手権男子ミッドシニア・女子シニア・女子グランドシニアは、9月29日、30日に名古屋広幡ゴルフコース(愛知県豊田市)で、男子ミッドシニア86名、女子シニア36名、女子グランドシニア9名で競技が行われた。
男子ミッドシニアは、木村雄一選手(名古屋港)が147ストローク、通算3オーバーで優勝した。2位タイには松本英司選手(名古屋広幡)と架谷八郎選手(小杉)の2名が入った。以上3名には翌年度の中部日本ミッドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝の出場資格が付与された。
女子シニアは、157ストローク、通算13オーバーで並んだ大川淳子選手(名古屋広幡)と菊川由美子選手(名古屋港)によるプレーオフの末、大川選手が優勝した。3位には北川京子(アリジ)が入り、以上3名には翌年度の中部日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝の出場資格が付与された。
女子グランドシニアは、菊川由美子選手(名古屋港)が157ストローク、通算13オーバーで優勝した。2位に岩佐洋子選手(名古屋広幡)が入り、3位には宮原まさ子選手(正眼寺)が入った。以上3名には翌年度の中部日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝の出場資格が付与された。

写真左から男子ミッドシニア優勝・木村選手、女子シニア優勝・大川選手、女子グランドシニア優勝・菊川選手

 

2020/10/01

2020年度全日本ダブルススクランブルアマチュアゴルファーズ選手権(ミックスクラス)結果

  2020年度全日本ダブルススクランブルアマチュアゴルファーズ選手権オープンクラスは、9月30日に静岡県袋井市の葛城ゴルフ倶楽部山名コースで、各予選・地区決勝を通過した42ペアで競技が行われた。
2ペアが63ストロークで回り、マッチングスコアカード方式によって興味の無い嫁が優勝。2位にTeam sonrisa、3位に64ストロークで回ったしじみ習慣が入った。

写真左から優勝:興味の無い嫁、2位:Team sonrisa、3位:しじみ習慣

 

2020/09/30

2020年度全日本ダブルススクランブルアマチュアゴルファーズ選手権(オープンクラス)結果

  2020年度全日本ダブルススクランブルアマチュアゴルファーズ選手権オープンクラスは、9月29日に静岡県袋井市の葛城ゴルフ倶楽部山名コースで、各予選・地区決勝を通過した58ペアで競技が行われた。
優勝は61ストロークで回った泉佐野歴代クラチャンコンビ。2位に62ストロークの武庫の台チーム特A、3位には同じく62ストロークで回ったCKが入った。

写真左から優勝:泉佐野歴代クラチャンコンビ、2位:武庫の台チーム特A、3位:CK

 

2020/09/23

PGSチャリティー東日本スクラッチゴルフ選手権男子・女子アマチュア結果

  PGSチャリティー東日本スクラッチゴルフ選手権男子・女子アマチュアは、9月19日、20日にイーストウッドカントリークラブ(栃木県宇都宮市)で、男子145名、女子30名で競技が行われた。
男子アマチュアは、井上達希選手(オールドオーチャード)が141ストローク、通算3アンダーで優勝した。2位は泊隆太選手(新玉村)、3位には小原力選手(昭和の森)が入り、以上3名には翌年度の東日本アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝の出場資格が付与された。なお、1位にタイが生じた場合は、2日目の成績、マッチングスコアカード方式により該当選手を決定。
女子アマチュアは、馬場咲希選手(昭和の森)が137ストローク、通算7アンダーで優勝した。2位タイには岩﨑美紀選手(イーストウッド)、上田澪空選手(那須野ヶ原)、星野瑠菜選手(千葉よみうり)の3名が入り、馬場選手、岩﨑選手、上田選手の上位3名には翌年度の東日本女子アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝の出場資格が付与された。なお、表彰にタイが生じた場合は、2日目の成績、マッチングスコアカード方式により該当選手を決定。

写真左から男子優勝の井上選手、女子優勝の馬場選手

 

2020/09/19

PGSチャリティー中部日本地区スクラッチ選手権男子シニア・グランドシニア結果

  PGSチャリティー中部日本地区スクラッチ選手権男子シニア・グランドシニアは、9月17日、18日に東名古屋カントリークラブ東コース(愛知県豊田市)で、男子シニア79名、グランドシニア65名で競技が行われた。
男子シニアは、145ストローク、通算1オーバーで並んだ後藤繁生選手(アリジ)と中村寛選手(森林公園)によるプレーオフの末、後藤選手が優勝した。3位には水野徳之選手(名古屋広幡)が入り、以上3名には翌年度の中部日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝の出場資格が付与された。
グランドシニアは、小原明人選手(正眼寺)が152ストローク、通算8オーバーで優勝した。2位タイには松本英司選手(名古屋広幡)と水野憲治選手(正眼寺)の2名が入った。以上3名には翌年度の中部日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝の出場資格が付与された。

写真左から男子シニア上位3名(中村選手、後藤選手、水野選手)、グランドシニア上位3名(松本選手、小原選手、水野選手)

 

2020/09/12

PGSチャリティー中部日本地区スクラッチ選手権男子・女子ミッドアマ結果

  PGSチャリティー中部日本地区スクラッチ選手権男子・女子ミッドアマは、9月10日、11日に名古屋広幡ゴルフコース(愛知県豊田市)で、男子124名、女子13名で競技が行われた。
男子ミッドアマは、小原景選手(名古屋広幡)が145ストローク、通算1オーバーで優勝した。2位は廣瀬淳一選手(森林公園)、3位には太田聡選手(森林公園)が入り、以上3名が翌年度の中部日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝の出場資格を得た。
女子ミッドアマは、栗原悦子選手(アリジ)が151ストローク、通算7オーバーで優勝した。2位は宮城綾香選手(森林公園)、3位には名和里依選手(アリジ)が入り、以上3名が翌年度の中部日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝の出場資格を得た。

写真左から男子入賞の廣瀬選手、小原選手、太田選手。女子入賞の宮城選手、栗原選手、名和選手。

 

2020/08/28

PGSチャリティー中部日本地区スクラッチ選手権男子・女子チャンピオンシップ結果

  PGSチャリティー中部日本地区スクラッチ選手権男子・女子チャンピオンシップは、8月26日、27日にウッドフレンズ名古屋港ゴルフ倶楽部(愛知県弥富市)で、男子94名、女子27名で競技が行われた。
男子チャンピオンシップは、榊原吉規選手(名古屋港)が141ストローク、通算3アンダーで優勝した。2位は関本琉志選手(名古屋広幡)、3位には神農竣以知選手(名古屋港)が入り、以上3名が翌年度の中部日本アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝の出場資格を得た。
女子チャンピオンシップは、142ストローク、通算2アンダーで回った林希莉奈選手(森林公園)と山本瑠奈選手(森林公園)のプレーオフの末、林選手が優勝した。3位には稲葉千乃選手(森林公園)が入った。

写真左から男子優勝の榊原選手、女子優勝の林選手

 

2020/08/06

2020全日本ダブルススクランブルアマチュアゴルファーズ選手権西日本地区決勝結果

  2020年度全日本ダブルススクランブルアマチュアゴルファーズ選手権西日本地区決勝が8月5日に兵庫県三木市の美奈木ゴルフ倶楽部で、各予選を通過したオープンクラス27ペア、ミックスクラス16ペアで競技が行われた。
オープンクラスは、60ストロークで回った武庫の台チーム特Aが優勝。2位にチーム なごみ矢、3位にdeer jetが入った。
ミックスクラスは、63ストロークで回った自称カリスマが優勝。2位にH&H、3位にゴリノリが入った。
なお、オープンクラス上位14ペア、ミックスクラス上位8ペアが葛城ゴルフ倶楽部山名コースで開催する全日本大会に進出した。

写真左からオープンクラス優勝武庫の台チーム特A、2位チーム なごみ矢、3位deer jet。ミックスクラス優勝自称カリスマ、2位H&H、3位ゴリノリ。

 

2020/07/14

2020全日本ダブルススクランブルアマチュアゴルファーズ選手権東日本C地区決勝結果

  2020年度全日本ダブルススクランブルアマチュアゴルファーズ選手権東日本C地区決勝が7月13日に千葉県市原市の浜野ゴルフクラブで、各予選を通過したオープンクラス14ペア、ミックスクラス14ペアで競技が行われた。
オープンクラスは、64ストロークで回ったポポロンが優勝。2位にチームKHS、3位にチーム ポンコツが入った。
ミックスクラスは、66ストロークで回ったチーム アリスが優勝。2位に最初の一歩、3位にTK-67が入った。
なお、オープンクラス上位7ペア、ミックスクラス上位7ペアが葛城ゴルフ倶楽部山名コースで開催する全日本大会に進出した。

写真左からオープンクラス2位チームKHS。ミックスクラス優勝チームアリス、2位最初の一歩、3位TK-67。

 

2020/07/10

2020全日本ダブルススクランブルアマチュアゴルファーズ選手権東日本B地区決勝結果

  2020年度全日本ダブルススクランブルアマチュアゴルファーズ選手権東日本B地区決勝は、7月10日に茨城県稲敷郡の美浦ゴルフ倶楽部で、各予選を通過したオープンクラス27ペア、ミックスクラス8ペアで競技が行われた。
オープンクラスは、66ストロークで回ったチームMBが優勝。2位にSix and The Eight、3位にGが入った。
ミックスクラスは、70トロークで回ったA&Iが優勝。2位にTEAM Y、3位にOlympicが入った。
なお、オープンクラス上位14ペア、ミックスクラス上位4ペアが葛城ゴルフ倶楽部山名コースで開催する全日本大会に進出した。

写真左からオープンクラス優勝チームMB、2位Six and The Eight、3位G。ミックスクラス優勝A&I、2位チーム TEAM Y、3位Olympic。

 

2020/07/08

2020全日本ダブルススクランブルアマチュアゴルファーズ選手権中部日本地区決勝結果

  2020年度全日本ダブルススクランブルアマチュアゴルファーズ選手権中部日本地区決勝は、7月8日に愛知県春日井市の春日井カントリークラブで、各予選を通過したオープンクラス22ペア、ミックスクラス12ペアで競技が行われた。
オープンクラスは、63ストロークで回ったプラチナボーイズが優勝。2位にエルメスグッチ、3位にTeam Youが入った。
ミックスクラスは、71ストロークで回ったダブルAが優勝。2位にチーム あっこ、3位にTeam revolutionが入った。
なお、オープンクラス上位11ペア、ミックスクラス上位6ペアが葛城ゴルフ倶楽部山名コースで開催する全日本大会に進出した。

写真左からオープンクラス優勝プラチナボーイズ、2位エルメスグッチ、3位Team You。ミックスクラス優勝ダブルA、2位チーム あっこ、3位Team revolution。

 

2020/07/06

2020全日本ダブルススクランブルアマチュアゴルファーズ選手権東日本A地区決勝結果

  2020年度全日本ダブルススクランブルアマチュアゴルファーズ選手権東日本A地区決勝は、7月6日に東京都昭島市の昭和の森ゴルフコースで、各予選を通過したオープンクラス12ペア、ミックスクラス8ペアで競技が行われた。
オープンクラスは、65ストロークで回ったteam vicesが優勝。2位にチーム ひつじさん、3位にマゴジーが入った。
ミックスクラスは、65ストロークで回ったY-Yが優勝。2位にチーム はとやま、3位にマリンタワーが入った
なお、オープンクラス上位6ペア、ミックスクラス上位4ペアが葛城ゴルフ倶楽部山名コースで開催する全日本大会に進出した。

写真左からオープンクラス優勝team vices、2位チーム ひつじさん、3位マゴジー。ミックスクラス優勝Y-Y、2位チーム はとやま、3位マリンタワー。

 

2019/11/29

2019全日本パブリックダブルスゴルフ選手権(ベストスコアの部)決勝結果

  2019年度全日本パブリックダブルスゴルフ選手権ベストスコアの部は、11月29日に三重県亀山市の亀山ゴルフクラブで、各予選・地区決勝を通過した33ペアで競技が行われた。
優勝は69ストロークで回ったDR&FP(三村嘉寿男選手・高岸昌宏選手)。2位に70ストロークのKNZWチーム(坂口尚詩選手・堀信義選手)、3位には同じく70ストロークで回ったザ・ヒカル(平野誠一選手・東亜藍選手)が入った。

写真左から優勝:DR&FP、2位:KNZWチーム、3位:ザ・ヒカル

 

2019/11/28

2019全日本パブリックダブルスゴルフ選手権(スクランブルの部)決勝結果

  2019年度全日本パブリックダブルスゴルフ選手権スクランブルの部は、11月28日に三重県亀山市の亀山ゴルフクラブで、各予選・地区決勝を通過した75ペアで競技が行われた。
優勝は63ストロークで回ったDream sister's(日比野邑香選手・中島七海選手)。2位に64ストロークのおじょう&姫作(尾上博一選手・宮野嗣英選手)、3位には同じく64ストロークで回ったグロス121(井上薫選手・福永八千代選手)が入った。

写真左から優勝:Dream sister's、2位:おじょう&姫作、3位:グロス121

 

2019/11/01

2019全日本パブリックダブルスゴルフ選手権東日本C地区決勝結果

  2019年度全日本パブリックダブルスゴルフ選手権東日本C地区決勝は、10月31日に千葉県長生郡のデイスターゴルフクラブで、各予選を通過したスクランブルの部42ペア、ベストスコアの部11ペアで競技が行われた。
スクランブルの部(中コーススタート)は、65ストロークで回った國士魂が優勝。2位に凸凹コンビ、3位にヨッシーズが入った。同じくスクランブルの部(西コーススタート)は、67ストロークで回った淳一モリッドソンが優勝。2位にチームコスモ、3位に秘密結社が入った。
ベストスコアの部は、67ストロークで回ったいいあんばいが優勝。2位にS.F、3位にPOJが入った
なお、スクランブルの部(中コーススタート)上位6ペア、スクランブルの部(西コーススタート)上位7ペア、ベストスコアの部上位7ペアが亀山ゴルフクラブで開催する全日本大会に進出した。

写真左からスクランブルの部(中コーススタート)優勝國士魂、2位凸凹コンビ、3位ヨッシーズ。スクランブルの部(西コーススタート)2位チームコスモ、3位秘密結社。ベストスコアの部優勝いいあんばい、2位S.F、3位POJ。

 

2019/10/30

2019年度第14回東日本クラブ対抗戦(決勝)結果

  10月24日に千葉県の八千代ゴルフクラブで東日本地区決勝が行われた。
男子の部は、市原ゴルフクラブが優勝した。女子の部は、開催コースの八千代ゴルフクラブが優勝した。大会前日には、各クラブの代表選手ら130名が一堂に会し、盛大に前夜祭が行われた。

 

2019/10/11

2019全日本ミッドシニアアマチュアゴルファーズ選手権結果

  10月9日、10日に那須野ヶ原カントリークラブ(栃木県大田原市)で行われた全日本ミッドシニアアマチュアゴルファーズ選手権は、善方幸次選手(昭和の森)が147ストローク、通算3オーバーで優勝した。2位に紺野秋雄選手(ウィンザーパーク)、3位に佐藤勝美選手(全日本シード)、4位に岡田英明選手(名古屋港)、5位には武田幸雄選手(那須野ヶ原)が入った。

 

2019/10/11

2019全日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権結果

  10月9日、10日に那須野ヶ原カントリークラブ(栃木県大田原市)で行われた全日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権は、永山恵子選手(名古屋港)が161ストローク、通算17オーバーで優勝した。2位に林純花選手(紫あやめ36)が入り、3位タイには黒木蘭選手(東日本シード)、平田優子選手(全日本シード)、仁科理恵選手(全日本シード)の3名が入った。

 

2019/10/05

2019全日本パブリックダブルスゴルフ選手権西日本地区決勝結果

  2019年度全日本パブリックダブルスゴルフ選手権西日本地区決勝は、10月4日に滋賀県甲賀市のベアズパウジャパンカントリークラブで、各予選を通過したスクランブルの部81ペア、ベストスコアの部19ペアで競技が行われた。
スクランブルの部は、60ストロークで回ったチーム師匠玉川弟子前田が優勝。2位にドライバーイップス、3位にN-MAGICが入った。
ベストスコアの部は、69ストロークで回ったKNZWチームが優勝。2位にチーム のんべえ~、3位にK&Kが入った
なお、スクランブルの部上位22ペア、ベストスコアの部上位12ペアが亀山ゴルフクラブで開催する全日本大会に進出した。

写真左からスクランブルの部優勝チーム師匠玉川弟子前田、2位ドライバーイップス、3位N-MAGIC。ベストスコアの部優勝KNZWチーム、3位K&K。

 

2019/10/02

2019全日本パブリックダブルスゴルフ選手権中部日本地区決勝結果

  2019年度全日本パブリックダブルスゴルフ選手権中部日本地区決勝は、10月1日に愛知県尾張旭市のウッドフレンズ森林公園ゴルフ場で、各予選を通過したスクランブルの部69ペア、ベストスコアの部6ペアで競技が行われた。
スクランブルの部は、63ストロークで回ったオッチャンが優勝。2位に古沢ゴルフD、3位にTW221が入った。
ベストスコアの部は、69で回ったTGOが優勝。2位に豊力、3位にF&Sが入った
なお、スクランブルの部上位18ペア、ベストスコアの部上位4ペアが亀山ゴルフクラブで開催する全日本大会に進出した。

写真左からスクランブルの部優勝オッチャン、2位古沢ゴルフD、3位TW221。ベストスコアの部優勝TGO、2位豊力、3位F&S。

 

2019/10/02

2019全日本パブリックダブルスゴルフ選手権東日本B地区決勝結果

  2019年度全日本パブリックダブルスゴルフ選手権東日本B地区決勝は、10月1日に千葉県君津市の新君津ベルグリーンカントリー倶楽部で、各予選を通過したスクランブルの部18ペア、ベストスコアの部6ペアで競技が行われた。
スクランブルの部は、65ストロークで回ったチーム桜が優勝。2位に昭和枯れすすき、3位にいつも9-9が入った。
ベストスコアの部は、68で回ったザ・ヒカルが優勝。2位にえだ豆、3位にチーム アキヤマが入った
なお、スクランブルの部上位5ペア、ベストスコアの部上位4ペアが亀山ゴルフクラブで開催する全日本大会に進出した。

写真左からスクランブルの部優勝チーム桜、2位昭和枯れすすき、3位いつも9-9。ベストスコアの部優勝ザ・ヒカル、2位えだ豆、3位チーム アキヤマ。

 

2019/09/28

2019年度西日本ミッドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  9月26日、27日に京都大原パブリックコース(京都府京都市)で行われた西日本ミッドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、増元公男選手(西日本シード)が146ストローク、通算2オーバーで優勝した。2位は岡藤太郎選手(ベアズパウジャパン)、3位は森元正二選手(よみうりウエスト)、4位は武甕眞司選手(京都大原)、5位には髙瀬和弘選手(西日本シード)が入った。

なお、本競技の上位32名が10月9日、10日に那須野ヶ原カントリークラブ(栃木県大田原市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2019/09/28

2019年度西日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  9月26日、27日に京都大原パブリックコース(京都府京都市)で行われた西日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、154ストローク、通算10アンダーで回った伊藤清美選手(岡山空港)と梅田紗ゆり選手(京都大原)のプレーオフの末、伊藤選手が優勝した。3位には川村三夏子選手(よみうりウエスト)が入った。

なお、本競技の上位9名が10月9日、10日に那須野ヶ原カントリークラブ(栃木県大田原市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2019/09/27

2019年度東日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  9月25日、26日に紫あやめ36(千葉県野田市)で行われた東日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、林純花選手(紫あやめ36)が155ストローク、通算11オーバーで優勝した。2位タイには和泉友子選手(千葉よみうり)、藤伊津子選手(紫あやめ36)の2名が入った。

なお、本競技の上位19名が10月9日、10日に那須野ヶ原カントリークラブ(栃木県大田原市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2019/09/27

2019年度東日本ミッドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  9月25日、26日に紫あやめ36(千葉県野田市)で行われた東日本ミッドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、紺野秋雄選手(ウィンザーパーク)が149ストローク、通算5オーバーで優勝した。2位タイに宇田川光男選手(紫あやめ36)、善方幸次選手(昭和の森)の2名が入り、4位タイには関口正喜選手(朝霞)、小倉幸雄選手(市原)の2名が入った。

なお、本競技の上位62名が10月9日、10日に那須野ヶ原カントリークラブ(栃木県大田原市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2019/09/27

2019年度中部日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  9月24日、25日にウッドフレンズ名古屋港ゴルフ倶楽部(愛知県弥富市)で行われた中部日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、155ストローク、通算11オーバーで並んだ菊川由美子選手(中部日本シード)と高橋麻由選手(森林公園)のプレーオフの末、菊川選手が優勝した。3位には大川淳子選手(名古屋港)が入った。

なお、本競技の上位8名が10月9日、10日に那須野ヶ原カントリークラブ(栃木県大田原市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2019/09/27

2019年度中部日本ミッドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  9月24日、25日にウッドフレンズ名古屋港ゴルフ倶楽部(愛知県弥富市)で行われた中部日本ミッドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、小島朋広選手(名古屋広幡)が143ストローク、通算1アンダーで優勝した。2位タイに岡田英明選手(名古屋港)、松本英司選手(名古屋広幡)の2名が入り、4位タイには笠井浩一選手(アリジ)、城伸起選手(正眼寺)、野田正伸選手(森林公園)の3名が入った。

なお、本競技の上位38名が10月9日、10日に那須野ヶ原カントリークラブ(栃木県大田原市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2019/09/26

2019全日本パブリックダブルスゴルフ選手権東日本A地区決勝結果

  2019年度全日本パブリックダブルスゴルフ選手権東日本A地区決勝は、9月25日に東京都昭島市の昭和の森ゴルフコースで、各予選を通過したスクランブルの部65ペア、ベストスコアの部9ペアで競技が行われた。
スクランブルの部は、60ストロークで回ったIronmanが優勝。2位にYAZAWA、3位にイーリード(2軍)が入った。
ベストスコアの部は、70で回ったヤーマダマーヤが優勝。2位にチームボギー、3位にお~しゃんずが入った
なお、スクランブルの部上位17ペア、ベストスコアの部上位6ペアが亀山ゴルフクラブで開催する全日本大会に進出した。

写真左からスクランブルの部優勝Ironman、2位YAZAWA、3位イーリード(2軍)。ベストスコアの部優勝ヤーマダマーヤ、2位チームボギー、3位お~しゃんず。

 

2019/09/13

2019全日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権結果

  9月11日、12日にアリジカントリークラブ花垣コース(三重県伊賀市)で行われた全日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権は、谷本伊知郎選手(シード・高松)が142ストローク、通算2アンダーで5度目の優勝を飾った。2位に山村憲人選手(シード・名古屋港)、3位に長谷川正宏選手(シード・正眼寺)が入り、4位タイには鈴木貴士選手(ウィンザーパーク)、廣瀬恵一選手(ROSE)、廣田剛士選手(新君津)、磯部伊知郎選手(名古屋港)、柳田秀樹選手(ダンロップ)の5名が入った。

 

2019/07/26

2019年度西日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  7月24日、25日によみうりゴルフウエストコース(兵庫県西宮市)で行われた西日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、井上高明選手(よみうりウエスト)が144ストローク、通算イーブンパーで優勝した。2位タイに西海元彦選手(よみうりウエスト)、芝田康司選手(よみうりウエスト)の2名が入り、4位タイには世良田絋平選手(シード・アオノ)、中井克佳選手(シード・高松)の2名が入った。

なお、本競技の上位44名が9月11日、12日にアリジカントリークラブ花垣コース(三重県伊賀市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2019/07/26

2019年度東日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権A地区決勝結果

  7月24日、25日に浜野ゴルフクラブ(千葉県市原市)で行われた東日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権A地区決勝は、黒滝公彦選手(昭和の森)が143ストローク、通算1アンダーで優勝した。2位タイに田中雄三選手(館山)、田中良博選手(昭和の森)、山本竜佑選手(富士見高原)の3名が入り、5位には山口祐介選手(八千代)が入った。

なお、本競技の上位50名が9月11日、12日にアリジカントリークラブ花垣コース(三重県伊賀市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2019/07/24

2019年度中部日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  7月23日、24日に名古屋広幡ゴルフコース(愛知県豊田市)で行われた中部日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、光山尚宏選手(シード・名古屋港)が147ストローク、通算1オーバーで優勝した。2位タイに神取佑樹選手(名古屋広幡)と山村憲人選手(シード・名古屋港)の2名が入り、4位タイには神農竣以知選手(名古屋港)と関淳悟選手(シード・亀山)の2名が入った。

なお、本競技の上位59名が9月11日、12日にアリジカントリークラブ花垣コース(三重県伊賀市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2019/07/22

2019年度東日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権B地区決勝結果

  7月20日、21日に下館ゴルフ倶楽部(茨城県筑西市)で行われた東日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権B地区決勝は、144ストローク、通算イーブンパーで並んだ土門英司選手(サンクチュアリ霞南)と鈴木貴士選手(ウィンザーパーク)のプレーオフの結果、土門選手が優勝した。3位に金井俊輔選手(三井の森軽井沢)、4位タイには渡邊哲也選手(オールドオーチャード)と百田桂一選手(妻沼)の2名が入った。

なお、本競技の上位34名が9月11日、12日にアリジカントリークラブ花垣コース(三重県伊賀市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2019/06/29

2019全日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権結果

  6月26日、27日にグランドオークプレイヤーズコース(兵庫県加東市)で行われた全日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権は、神谷茂選手(名古屋港)が146ストローク、通算2オーバーで優勝した。2位に小林信吾選手(アオノ)、3位タイに大野佳隆選手(正眼寺)と志村和彦選手(シード・武庫ノ台)2名が入り、5位には児島達之選手(シード・森林公園)が入った。

写真:左から志村選手、小林選手、神谷選手、大野選手、児島選手

 

2019/06/29

2019全日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権結果

  6月26日、27日にグランドオークプレイヤーズコース(兵庫県加東市)で行われた全日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権は、稲葉瞳選手(千葉よみうり)が152ストローク、通算8オーバーで優勝した。2位に長田紫野香選手(シード・名古屋港)、3位タイに福村香名選手(シード・グランドオーク)と鈴木智子選手(シード・名古屋広幡)の2名が入り、5位には栗原悦子選手(シード・グランシエロ)が入った。

写真:左から長田選手、稲葉選手、福村選手

 

2019/06/20

2019全日本アマチュアゴルファーズ選手権結果

  6月17日、18日にコート・ベール徳島ゴルフクラブ(徳島県阿南市)で行われた全日本アマチュアゴルファーズ選手権は、139ストローク、通算5アンダーで並んだ青山晃大選手(シード・名古屋港)と前田晃希選手(下館)によるプレーオフの結果、青山選手が優勝した。3位タイに久保田皓也選手(シード・アオノ)、園田昂生選手(シード・JGM宇都宮)の2名が入り、5位タイには鈴木隆太選手(シード・紫あやめ36)、上田敦士選手(シード・名古屋広幡)の2名が入った。

写真:左から園田選手、前田選手、青山選手、鈴木選手

 

2019/05/31

2019全日本女子アマチュアゴルファーズ選手権結果

  5月29日、30日に千葉よみうりカントリークラブ(千葉県市原市)で行われた全日本女子アマチュアゴルファーズ選手権は、岡田樹花選手(シード・ダンロップ)が139ストローク、通算5アンダーで優勝した。2位タイに稲垣那奈子選手(シード・ウィンザーパーク)、泉田琴菜選手(JGM宇都宮)、横山珠々奈選手(那須伊王野)の3名が入り、5位タイには佐久間朱莉選手(古河)、水木春花選手(シード・トム・ワトソン)、園田結莉亜選手(トム・ワトソン)の3名が入った。

写真:左から横山選手、稲垣選手、岡田選手、泉田選手、佐久間選手

 

2019/05/31

2019全日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権結果

  5月29日、30日に千葉よみうりカントリークラブ(千葉県市原市)で行われた全日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権は、鈴木久男選手(千葉よみうり)が144ストローク、通算イーブンパーで優勝した。2位タイに五十川康雄選手(シード・名古屋広幡)と小島朋広選手(名古屋港)の2名が入り、4位タイには江西博文選手(高松)と齋藤光男選手(市原)の2名が入った。

写真:左から五十川選手、鈴木選手、小島選手

 

2019/05/30

2019年度西日本アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月28日、29日に北神戸ゴルフ場(兵庫県神戸市)で行われた西日本アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、豊里裕士選手(守礼)が144ストローク、通算イーブンパーで優勝した。2位に中澤大樹選手(六甲国際)、3位に金岡奎吾選手(ダンロップ)が入り、4位タイには大嶋港選手(水島)、宇喜多飛翔選手(岡山空港)、高橋海理選手(奥津)の3名が入った。

なお、本競技の上位65名が6月17日、18日にコート・ベール徳島ゴルフクラブ(徳島県阿南市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2019/05/25

2019年度東日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月23日、24日にハーモニーヒルズゴルフクラブ(栃木県栃木市)で行われた東日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、鶴岡留勝選手(市原)が143ストローク、通算1アンダーで優勝した。2位タイに安藤英俊選手(ハーモニーヒルズ)、陸田郁夫選手(ハーモニーヒルズ)、樋口幸雄選手(サンクチュアリ霞南)の3名が入り、5位タイには髙井正行選手(富士グリーンヒル)、玉井雅俊選手(八千代)、神羊二選手(シード・昭和の森)、鶴町和久選手(八千代)の4名が入った。

なお、本競技の上位58名が6月26日、27日にグランドオークプレイヤーズコース(兵庫県加東市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2019/05/25

2019年度東日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月23日、24日にハーモニーヒルズゴルフクラブ(栃木県栃木市)で行われた東日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、近賀博子選手(昭和の森)が142ストローク、通算2アンダーで優勝した。2位に稲葉瞳選手(千葉よみうり)、3位に船越実幸選手(シード・ハーモニーヒルズ)、4位に林純花選手(シード・サンクチュアリ霞南)が入り、5位タイには山下ユナ選手(サンクチュアリ霞南)と佐藤彩香選手(シード・ウィンザーパーク)の2名が入った。

なお、本競技の上位13名が6月26日、27日にグランドオークプレイヤーズコース(兵庫県加東市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2019/05/24

2019年度中部日本アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月21日、22日にウッドフレンズ森林公園ゴルフ場(愛知県尾張旭市)で行われた中部日本アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、上田敦士選手(シード・名古屋広幡)が136ストローク、通算8アンダーで優勝した。2位に古川惣一朗選手(森林公園)、3位に青山晃大選手(シード・名古屋港)、4位に坂口諒馬選手(正眼寺)が入り、5位には芦田諒太選手(森林公園)が入った。

なお、本競技の上位31名が6月17日、18日にコート・ベール徳島ゴルフクラブ(徳島県阿南市)で開催する全日本大会に進出した。

また、今年度より付与される25歳以上の成績上位者3名に対する当年度中部日本ミッドアマ地区決勝のシード、55歳以上の成績上位者各3名に対する翌年度中部日本シニアのシード対象選手は、以下の通り。
【2019年度中部日本ミッドアマ地区決勝】
成房愼太郎選手(森林公園)、近藤稔選手(名古屋広幡)、光山尚宏選手(名古屋港)
【2020年度中部日本シニア地区決勝】
藤井広文選手(名古屋港)、近藤歳宗選手(名古屋港)、井上晴雅選手(名古屋港)

 

2019/05/20

2019年度西日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月16日、17日に岡山空港ゴルフコース(岡山県岡山市)で行われた西日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、江村博次選手(佐賀クラシック)が145ストローク、通算1オーバーで優勝した。2位に高磯佳安選手(奈良柳生)、3位タイに森判治選手(よみうりウエスト)と辻田昭吾選手(佐賀クラシック)の2名が入り、5位タイには渡辺悟志選手(よみうりウエスト)、山本秀樹選手(姫路シーサイド)、阿部義弘選手(コート・ベール徳島)の3名が入った。

なお、本競技の上位53名が6月26日、27日にグランドオークプレイヤーズコース(兵庫県加東市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2019/05/20

2019年度西日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月16日、17日に岡山空港ゴルフコース(岡山県岡山市)で行われた西日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、谷口志麻選手(岡山空港)が154ストローク、通算10オーバーで優勝した。2位に田尻智佳選手(シード・京阪)、3位に幸塚由紀選手(西神戸)が入り、4位タイには鷹野美紀選手(シード・滋賀甲南)と南里美佐子選手(大阪)の2名が入った。

なお、本競技の上位11名が6月26日、27日にグランドオークプレイヤーズコース(兵庫県加東市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2019/05/17

2019年度東日本アマチュアゴルファーズ選手権B地区決勝結果

  5月15日、16日にイーストウッドカントリークラブ(栃木県宇都宮市)で行われた東日本アマチュアゴルファーズ選手権B地区決勝は、原田大雅選手(清里)が133ストローク、通算11アンダーで優勝した。2位に亥飼台選手(JGM宇都宮)が入り、3位タイには加治屋龍之介選手(昭和の森)と宮下優輝選手(紫あやめ36)の2名が入り、5位に竹内秀選手(イーストウッド)が入った。

なお、本競技の上位34名が6月17日、18日にコート・ベール徳島ゴルフクラブ(徳島県阿南市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2019/05/14

2019年度中部日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月13日、14日にウッドフレンズ森林公園ゴルフ場(愛知県尾張旭市)で行われた中部日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、神谷茂選手(名古屋港)が146ストローク、通算2オーバーで優勝した。2位に髙田政治選手(名古屋広幡)、3位タイに小川竹男選手(亀山)と小嵐徹選手(名古屋広幡)が入り、5位タイには神谷悠朗選手(名古屋港)、小島朋広選手(名古屋広幡)、赤坂寿彦選手(明世)、濵本佳伸選手(森林公園)の4名が入った。

なお、本競技の上位43名が6月26日、27日にグランドオークプレイヤーズコース(兵庫県加東市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2019/05/14

2019年度中部日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月13日、14日にウッドフレンズ森林公園ゴルフ場(愛知県尾張旭市)で行われた中部日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、円角史歩選手(小杉)が157ストローク、通算13オーバーで優勝した。2位に青木ももこ選手(正眼寺)が入り、3位タイには宇田花州子選手(CRC白山ヴィレッジ)、前田英里選手(CRC白山ヴィレッジ)、宮下奈美選手(名古屋港)の3名が入った。

なお、本競技の上位7名が6月26日、27日にグランドオークプレイヤーズコース(兵庫県加東市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2019/05/07

2019年度東日本アマチュアゴルファーズ選手権C地区決勝結果

  5月5日、6日にデイスターゴルフクラブ(千葉県長生郡)で行われた東日本アマチュアゴルファーズ選手権C地区決勝は、武松将寛選手(デイスター)が142ストローク、通算2アンダーで優勝した。2位に千葉涼晴選手(デイスター)、3位に山本世那選手(デイスター)が入り、4位タイには前田高志選手(富士グリーンヒル)と武田正輝選手(デイスター)の2名が入った。

なお、本競技の上位34名が6月17日、18日にコート・ベール徳島ゴルフクラブ(徳島県阿南市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2019/05/07

2019年度東日本アマチュアゴルファーズ選手権A地区決勝結果

  5月5日、6日に那須野ヶ原カントリークラブ(栃木県大田原市)で行われた東日本アマチュアゴルファーズ選手権A地区決勝は、142ストローク、通算2アンダーで並んだ佐藤雄紀選手(三井の森軽井沢)、佐藤翔太選手(朝霞)、細谷幹選手(オールドオーチャード)、清水蔵之介選手(シード・紫あやめ36)の4名によるプレーオフの結果、佐藤雄紀選手が優勝した。5位タイには鈴木隆太選手(シード・紫あやめ36)と佐藤快斗選手(オールドオーチャード)の2名が入った。

なお、本競技の上位31名が6月17日、18日にコート・ベール徳島ゴルフクラブ(徳島県阿南市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2019/04/30

2019年度東日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  4月28日、29日にJGM宇都宮ゴルフクラブ(栃木県宇都宮市)で行われた東日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、若菜茂選手(市原)が153ストローク、通算9オーバーで優勝した。2位に西山靖彦選手(八千代)、3位に見山寛平選手(JGM宇都宮)、4位タイには俵聖徳選手(シード・富士箱根)と齋藤光男選手(市原)の2名が入った。

なお、本競技の上位45名が5月29日、30日に千葉よみうりカントリークラブ(千葉県市原市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2019/04/30

2019年度東日本女子アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  4月28日、29日にJGM宇都宮ゴルフクラブ(栃木県宇都宮市)で行われた東日本女子アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、岩井千怜選手(古河)が140ストローク、通算4アンダーで優勝した。2位に岩井明愛選手(古河)、3位に堀越心愛選手(ウィンザーパーク)が入り、4位タイには佐久間朱莉選手(古河)と六車日那乃選手(朝霞)の2名が入った。

なお、本競技の上位31名が5月29日、30日に千葉よみうりカントリークラブ(千葉県市原市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2019/04/26

2019年度中部日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  4月24日、25日に小杉カントリークラブ(富山県射水市)で行われた中部日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、小島朋広選手(名古屋港)が148ストローク、通算4オーバーで優勝した。2位タイには杉浦梅次(名古屋広幡)、和田誠治選手(小杉)、水野憲治選手(正源寺)、柴田正選手(森林公園)の4名が入った。

なお、本競技の上位36名が5月29日、30日に千葉よみうりカントリークラブ(千葉県市原市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2019/04/26

2019年度中部日本女子アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  4月24日、25日に小杉カントリークラブ(富山県射水市)で行われた中部日本女子アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、藤井美羽選手(小杉)が144ストローク、通算イーブンパーで優勝した。2位には興語優奈選手(小杉)が入り、3位に服部仁美選手、4位に横山栞子選手(小杉)、5位には古川莉月愛選手(小杉)が入った。

なお、本競技の上位9名が5月29日、30日に千葉よみうりカントリークラブ(千葉県市原市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2019/04/26

2019年度西日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  4月25日、26日に武庫ノ台ゴルフコース(兵庫県神戸市)で行われた西日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、147ストローク、通算3オーバーで並んだ山本照明選手(武庫ノ台)と青田光宏選手(シード・アオノ)によるプレーオフの末、山本選手が優勝した。3位には長富公守選手(よみうりウエスト)が入り、4位タイに杉山雅則選手(よみうりウエスト)、水口廣司選手(グランドオーク)、曽谷直功選手(アオノ)、大西慶藏選手(アオノ)の4名が入った。

なお、本競技の上位34名が5月29日、30日に千葉よみうりカントリークラブ(千葉県市原市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2019/04/26

2019年度西日本女子アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  4月25日、26日に武庫ノ台ゴルフコース(兵庫県神戸市)で行われた西日本女子アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、前多愛選手(ダンロップ)が135ストローク、通算9アンダーで優勝した。2位には竹ノ内南選手(京阪)が入り、3位タイに岡田樹花選手(シード・ダンロップ)、山脇愛璃選手(ダンロップ)、江河鈴選手(ダンロップ)の3名が入った。

なお、本競技の上位24名が5月29日、30日に千葉よみうりカントリークラブ(千葉県市原市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2018/11/28

H30全日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権(ダブルペリアの部)結果

  平成30年度全日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権ダブルペリアの部は、11月27日に愛知弥富市のウッドフレンズ名古屋港ゴルフ倶楽部で、各地区決勝を通過した36ペアで競技が行われた。
グロス79、ネット68.2で回った、Finger Moonが優勝。2位にブルーウォーター、3位には酔っ払いが入った。

写真左からFinger Moon、ブルーウォーター、酔っ払い

 

2018/11/27

H30全日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権(スクラッチの部)結果

  平成30年度全日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権スクラッチの部は、11月26日に愛知弥富市のウッドフレンズ名古屋港ゴルフ倶楽部で、各地区決勝を通過した78ペアで競技が行われた。
2ペアが62ストロークで回り、マッチングスコアカード方式により悪太郎が優勝。2位に八ッ橋とちんすこう、3位には神奈川大学体育会ゴルフ部が入った。

写真左から悪太郎、八ッ橋とちんすこう、神奈川大学体育会ゴルフ部

 

2018/10/19

H30全日本パブリックダブルススクランブル選手権関東C地区決勝結果

  平成30年度全日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権関東C地区決勝は、10月19日に千葉県八千代市の八千代ゴルフクラブで、各予選を通過したスクラッチの部67ペア、ダブルペリアの部8ペアで競技が行われた。
スクラッチの部は、2ペアが62ストロークで回り、18番ホールからのカウントバックにより鳩山特攻隊が優勝。2位に金正恩、3位にはGO&MUが入った。
ダブルペリアの部は、グロス78・ネット69.6で回ったノーシャンクが優勝。2位に酔拳、3位にダブル6が入った
なお、スクラッチの部上位18ペア、ダブルペリアの部上位5ペアがウッドフレンズ名古屋港ゴルフ倶楽部で開催する全日本大会に進出した。

写真左からスクラッチの部(鳩山特攻隊、GO&MU)、ダブルペリアの部(酔拳、ノーシャンク、ダブル6)

 

2018/10/19

H30全日本パブリックダブルススクランブル選手権西日本地区決勝結果

  平成30年度全日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権西日本地区決勝は、10月16日に兵庫県加東市のグランドオークプレイヤーズコースで、各予選を通過したスクラッチの部64ペア、ダブルペリアの部16ペアで競技が行われた。
スクラッチの部は、3ペアが65ストロークで回り、18番ホールからのカウントバックによりAK54が優勝。2位に八ツ橋とちんすこう、3位がTeam geekとなった。
ダブルペリアの部は、グロス69・ネット69.0で回った酔っ払いが優勝。2位にないすぺあ、3位に美女と野獣が入った
なお、スクラッチの部上位18ペア、ダブルペリアの部上位10ペアがウッドフレンズ名古屋港ゴルフ倶楽部で開催する全日本大会に進出した。

写真左からスクラッチの部(八ツ橋とちんすこう、AK54、Team geek)、ダブルペリアの部(ないすぺあ、酔っ払い、美女と野獣)

 

2018/10/12

H30全日本ミッドシニアアマチュアゴルファーズ選手権結果

  10月10日、11日にウッドフレンズ森林公園ゴルフ場(愛知県尾張旭市)で行われた全日本ミッドシニアアマチュアゴルファーズ選手権は、小川竹男選手(亀山)と茂泉勝夫選手(森林公園)が146ストローク、通算2オーバーで並びプレーオフの末、1ホール目にバーディを決めた小川選手が優勝した。3位に岩井正一選手(八千代)、4位タイには岩波肇選手(シード・富士見高原)、内藤良司選手(森林公園)、北川富重選手(アリジ)の3名が入った。

写真:左から内藤選手、茂泉選手、小川選手、岩井選手

 

2018/10/12

H30全日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権結果

  10月10日、11日にウッドフレンズ森林公園ゴルフ場(愛知県尾張旭市)で行われた全日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権は、小田倉富士子選手(シード・紫あやめ36)が2連覇・通算4度目の優勝を飾った。2位タイには田島和美選手(シード・名古屋港)と仁科理恵選手(昭和の森)の2名が入り、4位に河田圭子選手(岡山空港)、5位に平田優子選手(シード・森林公園)が入った。また、篠田富美子選手(名古屋港)に特別表彰(60歳以上の成績最上位者)が贈られた。

写真:左から田島選手、小田倉選手、仁科選手

 

2018/09/28

H30東日本ミッドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  9月26日、27日に鹿島南蓼科ゴルフコース(長野県茅野市)で行われた東日本ミッドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、那波芳比古選手(富士・山中湖)が146ストローク、通算2オーバーで優勝した。2位に岩井正一選手(八千代)が入り、3位タイには西山靖彦選手(八千代)と市川隆夫選手(朝霞)が入り、5位タイに岩波肇選手(シード・富士見高原)と下田彰選手(千葉よみうり)の2名が入った。

なお、本競技の上位43名が10月10日、11日にウッドフレンズ森林公園ゴルフ場(愛知県尾張旭市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2018/09/28

H30東日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  9月26日、27日に鹿島南蓼科ゴルフコース(長野県茅野市)で行われた東日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、畑中朝子選手(八千代)が158ストローク、通算14オーバーで優勝した。2位には本田かつら選手(ハーモニーヒルズ)が入り、3位に君塚桂子選手(市原)が入った。

なお、本競技の上位15名が10月10日、11日にウッドフレンズ森林公園ゴルフ場(愛知県尾張旭市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2018/09/28

H30西日本ミッドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  9月26日、27日に青野運動公苑アオノゴルフコース(兵庫県加西市)で行われた西日本ミッドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、小田桐正治選手(京都大原)が149ストローク、通算5オーバーで優勝した。2位に髙瀬和弘選手(グランドオーク)が入り、3位タイには安川寛昭(京都大原)と黒田進選手(よみうりウエスト)が入り、5位タイに増元公男選手(アオノ)と吉谷博之選手(シード・ダンロップ)の2名が入った。

なお、本競技の上位35名が10月10日、11日にウッドフレンズ森林公園ゴルフ場(愛知県尾張旭市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2018/09/28

H30西日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  9月26日、27日に青野運動公苑アオノゴルフコース(兵庫県加西市)で行われた西日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、渡部美弥子選手(よみうりウエスト)が162ストローク、通算18オーバーで優勝した。2位タイには生田美紀選手(グランドオーク)と橘川美紀選手(アオノ)の2名が入った。

なお、本競技の上位11名が10月10日、11日にウッドフレンズ森林公園ゴルフ場(愛知県尾張旭市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2018/09/27

H30中部日本ミッドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  9月25日、26日にアリジカントリークラブ花垣コース(三重県伊賀市)で行われた中部日本ミッドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、木村雄一選手(名古屋港)が145ストローク、通算1オーバーで優勝した。2位に神谷悠朗選手(名古屋港)、3位に高木清美選手(正眼寺)、4位に中村幸造選手(小杉)が入り、5位タイには井上真一選手(正眼寺)と稲垣昇選手(亀山)の2名が入った。

なお、本競技の上位54名が10月10日、11日にウッドフレンズ森林公園ゴルフ場(愛知県尾張旭市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2018/09/27

H30中部日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  9月25日、26日にアリジカントリークラブ花垣コース(三重県伊賀市)で行われた中部日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、北原治美選手(名古屋港)が155ストローク、通算11オーバーで優勝した。2位に田島和美選手(シード・名古屋港)、3位には菊川由美子選手(シード・アリジ)が入った。

なお、本競技の上位14名が10月10日、11日にウッドフレンズ森林公園ゴルフ場(愛知県尾張旭市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2018/09/20

H30全日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権結果

  9月18日、19日によみうりゴルフウエストコース(兵庫県西宮市)で行われた全日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権は、北谷孝幸選手(西神戸)が144ストローク、通算イーブンパーで優勝した。2位に黒川博之選手(高松)、3位に谷本伊知郎選手(シード・高松)、4位に宮谷佳宏選手(ベアズパウジャパン)、5位には長野智之選手(古河)が入った。

写真:左から宮谷選手、黒川選手、北谷選手、谷本選手、長野選手

 

2018/09/11

H30全日本パブリックダブルススクランブル選手権関東B地区決勝結果

  平成30年度全日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権関東B地区決勝は、9月10日に茨城県稲敷市のサンクチュアリ霞南ゴルフ倶楽部で、各予選を通過したスクラッチの部53ペア、ダブルペリアの部6ペアで競技が行われた。
スクラッチの部は、63ストロークで回ったTeam tittiesが優勝。2位にteam crazy、3位になる会が入った。
ダブルペリアの部は、グロス75・ネット69.0で回ったボギ猿が優勝。2位に池袋☆STARS、3位にW-KAORUが入った
なお、スクラッチの部上位12ペア、ダブルペリアの部上位3ペアがウッドフレンズ名古屋港ゴルフ倶楽部で開催する全日本大会に進出した。

写真左からスクラッチの部優勝Team titties、2位team crazy、3位なる会。ダブルペリアの部優勝ボギ猿、2位池袋☆STARS、3位W-KAORU。

 

2018/09/10

H30全日本パブリックダブルススクランブル選手権中部日本地区決勝結果

  平成30年度全日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権中部日本地区決勝は、9月7日に岐阜県美濃加茂市の正眼寺カントリークラブで、各予選を通過したスクラッチの部59ペア、ダブルペリアの部16ペアで競技が行われた。
スクラッチの部は、63ストロークで回ったS.Hが優勝。2位にグレーゾーンC、3位にアッ・パ・レが入った。
ダブルペリアの部は、グロス72・ネット68.4で回ったダ・フランズが優勝。2位にBig Ball、3位にサロンドオリーブが入った
なお、スクラッチの部上位16ペア、ダブルペリアの部上位8ペアがウッドフレンズ名古屋港ゴルフ倶楽部で開催する全日本大会に進出した。

写真左からスクラッチの部優勝S.H、2位グレーゾーンC、3位アッ・パ・レ。ダブルペリアの部優勝ダ・フランズ、2位Big Ball、3位サロンドオリーブ。

 

2018/07/30

H30東日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権A地区決勝結果

  台風12号接近に伴い、18ホールストロークプレーに競技短縮となった東日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権A地区決勝は、7月29日に千葉よみうりカントリークラブ(千葉県市原市)で行われた。
69ストローク、3アンダーで回った藤城経真選手(千葉よみうり)が優勝した。2位に鶴岡留勝選手(市原)、3位に渡部美和選手(新君津ベルグリーン)が入り、4位タイには野寺智夫選手(千葉よみうり)と石原光浩選手(八千代)の2名が入った。

なお、本競技の上位43名が9月18日、19日によみうりゴルフウエストコース(兵庫県西宮市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2018/07/27

H30東日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権B地区決勝結果

  7月25日、26日にJGM宇都宮ゴルフクラブ(栃木県宇都宮市)で行われた東日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権B地区決勝は、塩田一史選手(シード・サンクチュアリ久慈)が147ストローク、通算3オーバーで優勝した。2位に弦巻淳一選手(古河)、3位に勝田兵吉選手(JGM宇都宮)、4位に池田武志選手(JGM宇都宮)が入り、5位タイには田村直樹選手(ハーモニーヒルズ)、竹内貴広選手(古河)、加藤洋選手(新玉村)の3名が入った。

なお、本競技の上位29名が9月18日、19日によみうりゴルフウエストコース(兵庫県西宮市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2018/07/26

H30西日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  7月24日、25日にグランドオークプレイヤーズコース(兵庫県加東市)で行われた西日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、福本徹選手(北神戸)が141ストローク、通算3アンダーで2度目の優勝を果たした。2位に井上智一選手(高松)、3位に世良田紘平選手(アオノ)が入り、4位タイには森野勝義選手(岡山空港)と中井克佳選手(高松)の2名が入った。

なお、本競技の上位63名が9月18日、19日によみうりゴルフウエストコース(兵庫県西宮市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2018/07/26

H30中部日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  7月25日、26日に亀山ゴルフクラブ(三重県亀山市)で行われた中部日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、河合聡一郎選手(名古屋広幡)が145ストローク、通算1オーバーで優勝した。2位タイには田島浩史選手(名古屋広幡)と山村憲人選手(名古屋港)の2名が入り、4位タイに関淳悟選手(亀山)と笠原義也選手(シード・名古屋広幡)の2名が入った。

なお、本競技の上位36名が9月18日、19日によみうりゴルフウエストコース(兵庫県西宮市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2018/07/25

H30全日本パブリックダブルススクランブル選手権関東A地区決勝結果

  平成30年度全日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権関東A地区決勝は、7月23日に栃木県栃木市のイーストウッドカントリークラブで、各予選を通過したスクラッチの部57ペア、ダブルペリアの部7ペアで競技が行われた。
スクラッチの部は、63ストロークで回ったお~しゃんずが優勝。2位にほりちゃんちーむ、3位にワイワイスターが入った。
ダブルペリアの部は、グロス76・ネット72.4で回ったfinger moonが優勝。2位にルパン&不二子、3位にORANGE CHOCOが入った
なお、スクラッチの部上位16ペア、ダブルペリアの部上位4ペアがウッドフレンズ名古屋港ゴルフ倶楽部で開催する全日本大会に進出した。

写真左からスクラッチの部優勝お~しゃんず、2位ほりちゃんちーむ、3位ワイワイスター。ダブルペリアの部優勝finger moon、2位ルパン&不二子。

 

2018/06/30

H30全日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権結果

  6月27日、28日に浜野ゴルフクラブ(千葉県市原市)で行われた全日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権は、岩波肇選手(シード・富士・山中湖)が150ストローク、通算6オーバーで優勝した。2位タイに岩永直幸選手(スリーレイクス)、水野進一選手(シード・ダンロップ)の2名が入り、4位タイには五十川康雄選手(名古屋広幡)、三塚胤紀選手(紫あやめ36)、佐藤勝美選手(スリーレイクス)、北原弘選手(富士グリーンヒル)の4名が入った。

写真:左から岩永選手、岩波選手、水野選手

 

2018/06/30

H30全日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権結果

  6月27日、28日に浜野ゴルフクラブ(千葉県市原市)で行われた全日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権は、澤田信弘選手(シード・よみうりGC)が150ストローク、通算6オーバーで大会2連覇を飾った。2位に西口道明選手(名古屋広幡)、3位に土岐明彦選手(森林公園)、4位に川満源次選手(守礼)、5位には衣笠洋司選手(シード・サンクチュアリ霞南)が入った。

写真:左から川満選手、西口選手、澤田選手、土岐選手、衣笠選手

 

2018/06/15

H30全日本アマチュアゴルファーズ選手権結果

  6月13日、14日にグレースリッジカントリークラブ(宮城県仙台市)で行われた全日本アマチュアゴルファーズ選手権は、細野勇策選手(宇部72江畑池)が139ストローク、通算5アンダーで優勝した。2位タイには大嶋宝選手(水島)、児玉章太郎選手(瀬板の森北九州)、末広大地選手(那須野ヶ原)の3名が入り、5位タイに谷本伊知郎選手(デイスター)、湯原光選手(名古屋港)、田修成選手(滋賀甲南)の3名が入った。

写真:左から末広選手、大嶋選手、細野選手、児玉選手、谷本選手

 

2018/06/01

H30全日本女子アマチュアゴルファーズ選手権結果

  5月30日、31日にダンロップゴルフコース(兵庫県神戸市)で行われた全日本女子アマチュアゴルファーズ選手権は、143ストローク、通算1アンダーで並んだ平岡瑠依選手(シード・北神戸)と西岡利佳子選手(アオノ)によるプレーオフの末、平岡選手が優勝した。3位に稲垣那奈子選手(ウィンザーパーク)、4位に仲村果乃選手(ダンロップ)が入り、5位タイには梶谷翼選手(花回廊)、古川莉月愛選手(名古屋港)、高木美佑選手(名古屋港)の3名が入った。

写真:左から仲村選手、西岡選手、平岡選手、稲垣選手、梶谷選手

 

2018/06/01

H30全日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権結果

  5月30日、31日にダンロップゴルフコース(兵庫県神戸市)で行われた全日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権は、川井悠圭選手(奥津)が164ストローク、通算20オーバーで優勝した。2位タイには吉川美香選手(名古屋港)、内山汐里選手(シード・昭和の森)の2名が入り、4位タイに足立由紀子選手(シード・京阪)、明珍あかね選手(名古屋港)の2名が入った。

写真:左から吉川選手、川井選手、内山選手

 

2018/05/25

H30西日本アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月23日、24日に武庫ノ台ゴルフコース(兵庫県神戸市)で行われた西日本アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、大嶋宝選手(水島)が139ストローク、通算5アンダーで優勝した。2位タイに細野勇策選手(宇部72江畑池)、丹羽海太選手(京阪)、田修成選手(滋賀甲南)の3名が入り、5位タイには横山翔伍選手(トム・ワトソン)、松村孝哉選手(高松)、坂本優心選手(瀬板の森北九州)の3名が入った。

なお、本競技の上位41名が6月13日、14日にグレースリッジカントリークラブ(宮城県仙台市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2018/05/25

H30東日本アマチュアゴルファーズ選手権B地区決勝結果

  5月23日、24日に丘の公園清里ゴルフコース(山梨県北杜市)で行われた東日本アマチュアゴルファーズ選手権B地区決勝は、岡部雄斗選手(新玉村)が138ストローク、通算6アンダーで優勝した。2位は藤澤諒選手(新玉村)が入り、3位に服部滋多選手(前橋)、4位タイに篠原株登選手(昭和の森)と芦澤悠選手(シード・清里)の2名が入った。

なお、本競技の上位36名が6月13日、14日にグレースリッジカントリークラブ(宮城県仙台市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2018/05/23

H30中部日本アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月22日、23日にウッドフレンズ名古屋港ゴルフ倶楽部(愛知県弥富市)で行われた中部日本アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、上田敦士選手(シード・名古屋広幡)が142ストローク、通算2アンダーで優勝した。2位は鈴木千貴選手(名古屋広幡)が入り、3位に青山晃大選手(シード・名古屋港)、4位タイに浅野高浩選手(亀山)と牧司選手(名古屋広幡)の2名が入った。

なお、本競技の上位30名が6月13日、14日にグレースリッジカントリークラブ(宮城県仙台市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2018/05/18

H30東日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月17日、18日に八千代ゴルフクラブ(千葉県八千代市)で行われた東日本シニア地区決勝は、關橋光一選手(シード・富士・山中湖)が149ストローク、通算5オーバーで優勝した。2位タイに松本正之選手(富士グリーンヒル)と玉置実選手(東我孫子)の2名が入り、4位タイには東幸司選手(昭和の森)、羽鳥賢次選手(シード・昭和の森)の2名が入った。

なお、本競技の上位65名が6月27日、28日に浜野ゴルフクラブ(千葉県市原市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2018/05/18

H30東日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月17日、18日に八千代ゴルフクラブ(千葉県八千代市)で行われた東日本グランドシニア地区決勝は、俵聖徳選手(富士箱根)が147ストローク、通算3オーバーで優勝した。2位に伊藤正幸選手(紫あやめ36)、3位タイには北原弘選手(富士グリーンヒル)、中村源治選手(JGM宇都宮)の2名が入り、5位に小野進選手(JGM宇都宮)が入った。

なお、本競技の上位16名が6月27日、28日に浜野ゴルフクラブ(千葉県市原市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2018/05/17

H30西日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月15日、16日に北神戸ゴルフ場(兵庫県神戸市)で行われた西日本シニア地区決勝は、喜多晴彦選手(グランドオーク)が147ストローク、通算3オーバーで優勝した。2位に丸山武志選手(アオノ)、3位タイには吉川宏選手(米子)と近澤修選手(西神戸)の2名が入り、5位タイに志村和彦選手(シード・武庫ノ台)、阿部義弘選手(コート・ベール徳島)の2名が入った。

なお、本競技の上位31名が6月27日、28日に浜野ゴルフクラブ(千葉県市原市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2018/05/17

H30西日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月15日、16日に北神戸ゴルフ場(兵庫県神戸市)で行われた西日本グランドシニア地区決勝は、青田光宏選手(アオノ)が152ストローク、通算8オーバーで優勝した。2位には山岡照明選手(京阪)が入り、3位タイに厚見信一郎選手(グランドオーク)、織田秀宣選手(北神戸)と黒田進選手(よみうりウエスト)の3名が入った。

なお、本競技の上位10名が6月27日、28日に浜野ゴルフクラブ(千葉県市原市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2018/05/12

H30西日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月9日、10日に奥津ゴルフ倶楽部(岡山県苫田郡)で行われた西日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、足立由紀子選手(シード・京阪)が155ストローク、通算11オーバーで優勝した。2位は川井悠圭選手(奥津)、3位に鷹野美紀選手(シード・滋賀甲南)が入り、4位に田尻智佳選手(京阪)、5位には西田香選手(大阪)が入った。

なお、本競技の上位32名が5月30日、31日にダンロップゴルフコース(兵庫県神戸市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2018/05/12

H30西日本女子アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月9日、10日に奥津ゴルフ倶楽部(岡山県苫田郡)で行われた西日本女子アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、都玲華選手(高松)が141ストローク、通算3アンダーで優勝した。2位には梶谷翼選手(花回廊)が入り、3位タイに岡田樹花選手(ダンロップ)、鈴木陽彩選手(京阪)と水木春花選手(シード・トム・ワトソン)が入った。

なお、本競技の上位51名が5月30日、31日にダンロップゴルフコース(兵庫県神戸市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2018/05/11

H30東日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月9日、10日にウィンザーパークゴルフアンドカントリークラブ(茨城県東茨城郡)で行われた東日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、林純花選手(サンクチュアリ霞南)が148ストローク、通算4オーバーで優勝した。2位は佐藤彩香選手(ウィンザーパーク)、3位に夏山ルイ選手(ウィンザーパーク)が入り、4位に寺内梓選手(シード・ハーモニーヒルズ)、5位には田嶋優子選手(古河)が入った。

なお、本競技の上位42名が5月30日、31日にダンロップゴルフコース(兵庫県神戸市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2018/05/11

H30東日本女子アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月9日、10日にウィンザーパークゴルフアンドカントリークラブ(茨城県東茨城郡)で行われた東日本女子アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、勝見梓選手(三井の森軽井沢)が142ストローク、通算2アンダーで優勝した。2位タイには古家翔香選手(紫あやめ36)、稲垣那奈子選手(ウィンザーパーク)の2名が入り、4位タイに植竹愛海選手(紫あやめ36)と小林亜美選手(富士・山中湖)が入った。

なお、本競技の上位38名が5月30日、31日にダンロップゴルフコース(兵庫県神戸市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2018/05/11

H30東日本アマチュアゴルファーズ選手権C地区決勝結果

  5月9日、10日にデイスターゴルフクラブ(千葉県長生郡)で行われた東日本アマチュアゴルファーズ選手権C地区決勝は、149ストローク、通算5オーバーで並んだ小林龍生選手(ムーンレイク茂原)と吉田良彌選手(シード・日刊アマ)とのプレーオフの末、小林選手が優勝した。3位タイには坂田一真選手(デイスター)、谷本伊知郎選手(デイスター)、森山錬選手(千葉よみうり)の3名が入った。

なお、本競技の上位34名が6月13日、14日にグレースリッジカントリークラブ(宮城県仙台市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2018/05/11

H30中部日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月9日、10日にウッドフレンズ名古屋港ゴルフ倶楽部(愛知県弥富市)で行われた中部日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、吉川美香選手が164ストローク、通算20オーバーで5度目の優勝を飾った。2位タイには松本美保選手と髙橋世利子選手の2名が入り、4位に金澤美由紀選手、5位に前田英里選手が入った。

なお、本競技の上位11名が5月30日、31日にダンロップゴルフコース(兵庫県神戸市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2018/05/11

H30中部日本女子アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月9日、10日にウッドフレンズ名古屋港ゴルフ倶楽部(愛知県弥富市)で行われた中部日本女子アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝は、杉浦愛梨選手が154ストローク、通算10オーバーで優勝した。2位タイには國分彩那選手、幸田彩里選手、高木美佑選手の3名が入り、5位に芦沢衣里選手が入った。

なお、本競技の上位17名が5月30日、31日にダンロップゴルフコース(兵庫県神戸市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2018/05/07

H30東日本アマチュアゴルファーズ選手権A地区決勝結果

  5月5日、6日に那須野ヶ原カントリークラブ(栃木県大田原市)で行われた東日本アマチュアゴルファーズ選手権A地区決勝は、鈴木隆太選手(シード・紫あやめ36)が137ストローク、通算7アンダーで優勝した。2位は園田昂生選手(シード・JGM宇都宮)、3位に稲波勇茂選手(イーストウッド)が入り、4位タイには清蔵之介選手(紫あやめ36)、石毛一輝選手(サンクチュアリ霞南)、前田晃希選手(シード・古河)と菊地一郎選手(那須野ヶ原)の4名が入った。


なお、本競技の上位39名が6月13日、14日にグレースリッジカントリークラブ(宮城県仙台市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2018/04/28

H30中部日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  4月26日、27日に名古屋広幡ゴルフコース(愛知県豊田市)で行われた中部日本シニア地区決勝は、織田恒郎選手(名古屋港)が148ストローク、通算4オーバーで優勝した。2位は土岐明彦選手(森林公園)、3位に児島達之選手(森林公園)が入り、4位タイには古賀勲選手(名古屋広幡)、マハリ・アブラハム選手(名古屋港)と小島朋広選手(名古屋港)の3名が入った。

なお、本競技の上位36名が6月27日、28日に浜野ゴルフクラブ(千葉県市原市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2018/04/28

H30中部日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  4月26日、27日に名古屋広幡ゴルフコース(愛知県豊田市)で行われた中部日本グランドシニア地区決勝は、長井和史選手(正眼寺)が151ストローク、通算7オーバーで優勝した。2位に城伸起選手(正眼寺)が入り、3位には小川竹男選手(亀山)が入った。

なお、本競技の上位13名が6月27日、28日に浜野ゴルフクラブ(千葉県市原市)で開催する全日本大会に進出した。

 

2018/04/16

第1回西日本パブリックゴルフ場チーム対抗戦結果

  第1回西日本パブリックゴルフ場チーム対抗戦が、兵庫県西宮市のよみうりカントリークラブで行われた。
団体戦は、武庫ノ台ゴルフコースが2位に10打差をつけ優勝した。
(団体戦はチーム中、グロス上位5名(うち1名は55歳以上)のトータルスコアで決定)
個人戦は、福本徹選手が65ストロークで優勝。シニア(55歳以上)は、山本守選手が73ストロークで優勝した。

 

2017/11/28

H29東日本パブリックシングルス選手権地区決勝結果

  平成29年度東日本パブリックシングルスゴルフ選手権地区決勝は、11月27日に茨城県東茨城郡のオールドオーチャードゴルフクラブで、各予選を通過したG1クラス74名、G2クラス14名の選手によって競技が行われた。
G1クラスで優勝したのは、74ストロークで回った齊藤公義選手。2位に武藤貴志選手、3位には岩瀬賢治選手が入った。
G2クラスは、86ストロークで回った高田恵介選手が優勝。2位に木葉厚選手、3位には稲見智史選手が入った。

 

2017/11/18

H29東日本パブリックダブルススクランブル選手権地区決勝結果

  平成29年度東日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権地区決勝は、11月17日に茨城県東茨城郡のオールドオーチャードゴルフクラブ(男子:6,622Yards/Par72、女子:5,532Yards/Par72)で、各ブロック決勝を通過した71ペアで競技が行われた。
優勝したのは、61ストロークで回ったチームサンビル。2位にマルワゴルフ、3位にはバイトするならタウンワークが入った。
なお、上位5ペアには平成30年度本競技地区決勝の出場資格が与えられた。

 

2017/11/14

H29西日本パブリックダブルススクランブル選手権地区決勝結果

  平成29年度西日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権地区決勝は、11月13日に兵庫県神戸市の西神戸ゴルフ場(男子:6,471Yards/Par72、女子:5,487Yards/Par72)で、各予選を通過した60ペアで競技が行われた。
優勝したのは、61ストロークで回ったTEAM RJ。2位にTeam geek、3位には医学生最強ゴルフコンビが入った。
なお、上位5ペアには平成30年度本競技地区決勝の出場資格が与えられた。

 

2017/10/26

H29東日本クラブ対抗(決勝)結果

  10月25日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで東日本地区決勝が行われた。
男子の部は、千葉よみうりカントリークラブが激戦を制し初優勝した。
女子の部は、新玉村ゴルフ場が2位に5ストロークの差をつけ優勝した。

 

2017/10/12

平成29年度全日本ミッドシニアアマチュアゴルファーズ選手権結果

  10月11日、12日に徳島県阿南市のコート・ベール徳島ゴルフクラブ(6,597Yards/Par72)で行われた平成29年度全日本ミッドシニアアマチュアゴルファーズ選手権は、島田崇選手が150ストローク通算6オーバーで優勝した。2位には小島朋広選手、3位タイには中西良一選手と江西博文選手の2名が入り、5位タイには鈴木久男選手、松本英司選手、俵聖徳選手、三野文晴選手の4名が入った。

 

2017/10/12

平成29年度全日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権結果

  10月11日、12日に徳島県阿南市のコート・ベール徳島ゴルフクラブ(6,070Yards/Par72)で行われた平成29年度全日本女子シニアアマチュアゴルファーズ選手権は、小田倉富士子選手が154ストローク通算10オーバーで3度目の優勝を飾った。2位には武田妙子選手が入り、3位には太田明美選手が入った。

 

2017/09/28

H29西日本女子シニア・ミッドシニア選手権地区決勝結果

  9月27日、28日に岡山県倉敷市の水島ゴルフリンクスで行われた西日本地区決勝は、女子シニアは向井加代子選手が161ストロークで優勝。2位に中村彰子選手が入り、3位には木村裕子選手が入った。
ミッドシニアは、伊藤哲彦選手が145ストロークで優勝。2位タイに大野豊和選手と永井文雄選手が入り、4位には中山旭選手、5位タイには吉谷博之選手と森谷英徳選手の2名が入った。

なお、本競技の女子シニア13名、ミッドシニア51名が10月11日、12日に徳島県のコート・ベール徳島ゴルフクラブで開催する全日本大会に進出した。

写真:左から女子シニア入賞者、ミッドシニア入賞者

 

2017/09/26

H29中部日本女子シニア・ミッドシニア選手権地区決勝結果

  9月25日、26日に愛知県豊田市の名古屋広幡ゴルフコースで行われた中部日本地区決勝は、女子シニアは平田優子選手が157ストロークで優勝。2位に田島和美選手が入り、3位タイには菊川由美子選手、太田明美選手と永山恵子選手の3名が入った。
ミッドシニアは、古賀勲選手が144ストロークで優勝。2位タイに小島朋広選手と青木清治選手が入り、4位タイには西口則雄選手、市川誠治選手と内藤良司選手の3名が入った。

なお、本競技の女子シニア10名、ミッドシニア38名が10月11日、12日に徳島県のコート・ベール徳島ゴルフクラブで開催する全日本大会に進出した。

写真:左から女子シニア入賞者、ミッドシニア入賞者

 

2017/09/22

H29東日本女子シニア・ミッドシニア選手権地区決勝結果

  9月21日、22日に千葉県八千代市の八千代ゴルフクラブで行われた東日本地区決勝は、女子シニアは黒木蘭選手が157ストロークで優勝。2位に高田貴子選手が入り、3位タイには田羽美津衛選手、鈴木みどり選手と猪野智子選手の3名が入った。
ミッドシニアは、岩波肇選手が146ストロークで優勝。2位タイに眞崎敏寛選手と伊藤正幸選手が入り、4位タイには熊谷勇夫選手と若菜茂選手が入った。

なお、本競技の女子シニア20名、ミッドシニア49名が10月11日、12日に徳島県のコート・ベール徳島ゴルフクラブで開催する全日本大会に進出した。

写真:左から女子シニア入賞者、ミッドシニア入賞者

 

2017/09/15

平成29年度全日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権結果

  9月13日、14日に栃木県宇都宮市のイーストウッドカントリークラブ(6,854Yards/Par72)で行われた平成29年度全日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権は、谷本伊知郎選手が140ストローク通算4アンダーで4度目の優勝を飾った。2位には中山和成選手が入り、3位タイにマハリ・アブラハム選手、木村仁選手の2名、5位タイに河野真一選手、橋本健選手、中跡朝臣選手、稲波勇茂選手の4名が入った。

 

2017/09/15

平成29年度全日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手結果

  9月13日、14日に栃木県宇都宮市のイーストウッドカントリークラブ(6,208Yards/Par72)で行われた平成29年度全日本女子ミッドアマチュアゴルファーズ選手権は、栗原悦子選手が152ストローク通算8オーバーで初優勝。2位には君島実幸選手が入り、3位に内山汐里選手が入った。

 

2017/09/09

H29中部日本パブリックダブルススクランブル選手権地区決勝結果

  平成29年度中部日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権地区決勝は、9月8日に愛知県豊田市の名古屋広幡ゴルフコース(男子:6,493Yards/Par72、女子:5,661Yards/Par72)で、各予選を通過した84ペアで競技が行われた。
優勝したのは、64ストロークで回った林林会。2位にドラゴンマイス、3位にはKAKUEIが入った。
なお、上位5ペアには平成30年度本競技地区決勝の出場資格が与えられた。

 

2017/07/28

H29東日本ミッドアマ選手権B地区決勝・東日本女子ミッドアマ選手権地区決勝結果

  7月26日、27日に茨城県の下館ゴルフ倶楽部で行われた東日本ミッドアマ選手権B地区決勝は、通算2アンダー142ストロークで並んだ木崎亮太選手と塩田一史選手によるプレーオフの結果、木崎選手が優勝。3位に平野忠則選手、4位タイには鈴木泰二郎選手、中島正春選手の2名が入った。
東日本女子ミッドアマ選手権地区決勝は、君島実幸選手が通算5オーバー149ストロークで優勝。2位に鈴木智子選手、3位には寺内梓選手が入った。
なお、本競技の男子上位33名、女子20名が9月13日、14日に栃木県のイーストウッドカントリークラブで開催する全日本大会に進出した。

 

2017/07/27

H29中部日本ミッドアマ選手権・中部日本女子ミッドアマ選手権地区決勝結果

  7月26日、27日に愛知県のウッドフレンズ森林公園ゴルフ場で行われた中部日本ミッドアマ選手権地区決勝は、長谷川正宏選手が通算2オーバー、146ストロークで優勝。2位に安辺稔也選手が入り、3位タイには松山阜司選手、笠原義也選手、村上将選手、阪野智久選手、原田英明選手、成房慎太郎選手の6名が入った。
中部日本女子ミッドアマ選手権地区決勝は、通算13オーバー、157ストロークで並んだ鴻池千夏子選手と明珍あかね選手によるプレーオフの結果、鴻池選手が優勝。3位には松本美保選手が入った。
なお、本競技の男子上位32名、女子8名が9月13日、14日に栃木県のイーストウッドカントリークラブで開催する全日本大会に進出した。

 

2017/07/26

H29東日本ミッドアマ選手権A地区決勝結果

  7月24日、25日に東京都の東京よみうりカントリークラブで行われた東日本ミッドアマ選手権A地区決勝は、樋渡雅俊選手が通算1アンダー、143ストロークで優勝。2位に田中良博選手が入り、3位タイには岩﨑寛之選手、鈴木亮司選手、加藤光一選手の3名が入った。
なお、本競技の上位55名が9月13日、14日に栃木県のイーストウッドカントリークラブで開催する全日本大会に進出した。

 

2017/07/22

H29西日本ミッドアマ選手権・西日本女子ミッドアマ選手権地区決勝結果

  7月20日、21日に滋賀県のベアズパウジャパンカントリークラブで行われた西日本ミッドアマ選手権地区決勝は、和田真選手が通算3オーバー、147ストロークで優勝、2位に山田航選手が入り、3位に福留洋一選手、4位に村田靖司選手、5位タイには荒井将栄選手、恒藤高弘選手、山下恭平選手、前田順一郎選手の4名が入った。
西日本女子ミッドアマ選手権地区決勝は、牧草眞由美選手が通算9オーバー、153ストロークで優勝、2位に上田まり選手、3位には足立由紀子選手が入った。
なお、本競技の男子上位34名、女子8名が9月13日、14日に栃木県のイーストウッドカントリークラブで開催する全日本大会に進出した。

 

2017/06/28

平成29年度全日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権結果

  6月26日、27日に愛知県豊田市の名古屋広幡ゴルフコース(6,478Y/P72)で開催した全日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権は、146ストローク通算2オーバーで澤田信弘選手(よみうりゴルフ)が優勝を飾った。2位には中川雅義選手(富士・山中湖)、3位タイには臼井隆志選手(前橋)と三井吉奎選手(シード・武庫ノ台)が入り、5位タイには玉川実選手(シード・正眼寺)と岡田英明選手(名古屋広幡の2名が入った。

写真:左から三井選手、中川選手、澤田選手、臼井選手、玉川選手

 

2017/06/28

平成29年度全日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権結果

  6月26日、27日に愛知県豊田市の名古屋広幡ゴルフコース(6,111Y/P72)で開催した全日本グランドシニアアマチュアゴルファーズ選手権は、150ストローク通算6オーバーで水野進一選手(ダンロップ)が初代チャンピオンに輝いた。2位には菅原健選手(北神戸)、3位には小池稔選手(グランシエロ)が入り、4位タイには岩波肇選手(富士・山中湖)と青木武人選手(亀山)の2名が入った。

写真:左から菅原選手、水野選手、小池選手

 

2017/06/16

平成29年度全日本アマチュアゴルファーズ選手権結果

  6月14日、15日に兵庫県西宮市のよみうりゴルフウエストコース(7,196Y/P72)で開催した全日本アマチュアゴルファーズ選手権は、141ストローク通算3アンダーで富永暁登選手(水島)が優勝を飾った。2位タイには142ストロークの中澤大樹選手(六甲国際)と吉本龍斗選手(滋賀甲南)が入り、4位に宇喜多飛翔選手(岡山空港)、5位タイには
岩田大河選手(シード・滋賀甲南)と安達大空選手(正眼寺)の2名が入った。

写真:左から宇喜多選手、中澤選手、富永選手、吉本選手、岩田選手

 

2017/06/03

H29西日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  6月1日、2日に京都府京都市の京都大原パブリックコースで行われた西日本地区決勝は、武甕眞司選手が151ストローク、通算6オーバーで優勝。2位に江西博文選手、3位に藤本道徳選手が入り、4位タイには三井吉奎選手、志村和彦選手、南正樹選手の3名が入った。

なお、本競技の上位29名が6月26日、27日に愛知県の名古屋広幡ゴルフコースで開催する全日本大会に進出した。

 

2017/06/02

平成29年度全日本女子アマチュアゴルファーズ選手権結果

  5月31日、6月1日に茨城県東茨城郡のオールドオーチャードゴルフクラブ(6,156Y/P72)で開催した全日本女子アマチュアゴルファーズ選手権は、138ストローク通算6アンダーで並んだ神谷そら選手(正眼寺)と和久井麻由選手(オールドオーチャード)によるプレーオフの末、神谷選手が優勝を飾った。3位には139ストロークの平岡瑠依選手(シード・北神戸)がつけ、4位タイには阿部未来選手(ムーンレイク茂原)と原田葵選手(正眼寺)の2名が入った。

写真:左から原田選手、和久井選手、神谷選手、阿部選手

 

2017/05/25

H29西日本アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月24日、25日に滋賀県甲賀市のしがらきの森カントリークラブで行われた西日本地区決勝は、安森一貴選手が136ストローク、通算8アンダーで優勝。2位に吉本龍斗選手、3位タイには谷本伊知郎選手、古川惣一朗選手、清水寿徳選手の3名が入った。

なお、本競技の上位62名が6月14日、15日に兵庫県のよみうりゴルフウエストコースで開催する全日本大会に進出した。

 

2017/05/25

H29東日本アマチュアゴルファーズ選手権B地区決勝結果

  5月24日、25日に長野県茅野市の鹿島南蓼科ゴルフコースで行われた東日本B地区決勝は、河邊博和選手が146ストローク、通算2オーバーで優勝。2位タイに渡邉悠斗選手と長岡元樹選手が入り、4位タイには鎌滝順久選手、芦澤悠選手、塚本大輝選手の3名が入った。

なお、本競技の上位24名が6月14日、15日に兵庫県のよみうりゴルフウエストコースで開催する全日本大会に進出した。

 

2017/05/19

H29東日本アマチュアゴルファーズ選手権A地区決勝結果

  5月17日、18日に栃木県宇都宮市のJGM宇都宮ゴルフクラブで行われた東日本A地区決勝は、園田昂生選手が141ストローク、通算3アンダーで優勝。2位タイに鈴木隆太選手、長谷川望選手が入り、4位に前田晃希選手、5位タイには鈴木祥一郎選手、岡部雄斗選手、遠藤銀河選手の3名が入った。

なお、本競技の上位33名が6月14日、15日に兵庫県のよみうりゴルフウエストコースで開催する全日本大会に進出した。

 

2017/05/19

H29中部日本アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月17日、18日に岐阜県美濃加茂市の正眼寺カントリークラブで行われた中部日本地区決勝は、竹内優騎選手が140ストローク、通算4アンダーで優勝。2位に上田敦士選手、3位タイには大脇僚哉選手、青山晃大選手、伊藤刻矢選手、安達大空選手、湯原光選手の5名が入った。

なお、本競技の上位28名が6月14日、15日に兵庫県のよみうりゴルフウエストコースで開催する全日本大会に進出した。

 

2017/05/17

H29東日本アマチュアゴルファーズ選手権C地区決勝結果

  5月6日、7日に千葉県市原市の千葉よみうりカントリークラブで行われた東日本C地区決勝は、羽藤勇司選手が145ストローク、通算3オーバーで優勝。2位に加治屋舜介選手、3位タイには宇野信宏選手と鳥海颯汰選手が入り、5位に千北嘉太選手が入った。

なお、本競技の上位24名が6月14日、15日に兵庫県のよみうりゴルフウエストコースで開催する全日本大会に進出した。

 

2017/05/15

H29西日本女子アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月11日、12日に兵庫県神戸市のダンロップゴルフコースで行われた西日本地区決勝は、松原果音選手が143ストローク、通算1アンダーで優勝。2位に永田加奈恵選手、3位タイには川中俊果選手、水木春花選手、古賀ジェニファー選手、森田就子選手、大林奈央選手の5名が入った。

なお、本競技の上位71名が5月31日、6月1日に茨城県のオールドオーチャードゴルフクラブで開催する全日本大会に進出した。

 

2017/05/12

H29東日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月10日、11日に千葉県長生郡のデイスターゴルフクラブで行われた東日本地区決勝は、155ストローク、通算11オーバーで並んだ神羊二選手、關橋光一選手、善方幸次選手によるプレーオフの結果、神選手が優勝。關橋選手、善方選手は2位タイ。4位に羽鳥賢次選手が入り、5位タイには衣笠洋司選手と澤田信弘選手が入った。

なお、本競技の上位48名が6月26日、27日に愛知県の名古屋広幡ゴルフコースで開催する全日本大会に進出した。

 

2017/05/11

H29中部日本女子アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月10日、11日に岐阜県美濃加茂市の正眼寺カントリークラブで行われた中部日本地区決勝は、神谷そら選手が142ストローク、通算2アンダーで優勝。2位に横山栞子選手、3位に高木美佑選手、4位に寺田紅蘭選手が入り、5位タイに原田葵選手と清本美波選手が入った。

なお、本競技の上位24名が5月31日、6月1日に茨城県のオールドオーチャードゴルフクラブで開催する全日本大会に進出した。

 

2017/05/08

H29東日本女子アマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  5月6日、7日に栃木県大田原市の那須野ヶ原カントリークラブで行われた東日本地区決勝は、雷雨の影響により7日の競技は中止、18ホールストロークプレーに短縮し競技が行われた。
初日67ストローク、5アンダーで回った和久井麻由選手と渡慶次莉子選手によるプレーオフを行い和久井選手が優勝、2位は渡慶次選手となった。
3位に常文恵選手、4位タイには阿部未来選手と岩井千怜選手が入った。

なお、本競技の上位103名が5月31日、6月1日に茨城県のオールドオーチャードゴルフクラブで開催する全日本大会に進出した。

 

2017/04/30

H29中部日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝結果

  4月27日、28日に愛知県豊田市の東名古屋カントリークラブ・東コースで行われた中部日本地区決勝は、水野憲治選手が151ストローク、通算7オーバーで優勝。2位に林建治選手が入り、3位タイに近岡次男選手と武山安徳選手、5位タイには志水重哉選手と神谷悠朗選手が入った。

なお、本競技の上位47名が6月26日、27日に愛知県の名古屋広幡ゴルフコースで開催する全日本大会に進出した。

 

2016/11/08

第1回東日本パブリックダブルススクランブル選手権地区決勝結果

  平成28年度第1回東日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権地区決勝は、11月8日に茨城県東茨城郡のオールドオーチャードゴルフクラブ(男子:6,622Yards/Par72、女子:5,532Yards/Par72)で、4会場のブロック決勝を通過した77ペアで競技が行われた。
優勝したのは、62ストロークで回ったカーズ。2位におさるさん、3位にはひたちなかAが入った。

 

2016/10/28

H28東日本クラブ対抗(決勝)の結果

  10月28日に千葉県の八千代ゴルフクラブで東日本地区決勝が行われた。
男子の部は昨年に引き続き、うぐいすの森ゴルフクラブ水戸が2位に17ストロークの大差で優勝し、大会2連覇を達成した。
女子の部は三井の森軽井沢カントリー倶楽部が2位に1ストローク差で逃げ切り大会初優勝を飾った。

 

2016/10/13

H28全日本シニア・女子シニア・ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技結果

  10月12日、13日に茨城県稲敷市のサンクチュアリ霞南ゴルフ倶楽部(男子:6,597Yards/Par72、女子:5,216Yards/Par72、ミッド:6,079Yards/Par72)にて開催した第22回全日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技、第22回全日本女子シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技、第13回全日本ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、男子シニアは、149ストロークで回った紺野秋雄選手(ウィンザーパーク)が優勝。女子シニアは、149ストロークで回った加藤仁美選手(シード・朝霞)が優勝。ミッドシニアは、146ストロークで回った俵聖徳選手(シード・紫あやめ36)が優勝した。
また、ミッドシニア出場の70歳以上の選手のうち、成績最上位者に対する特別表彰は、10位タイの近藤羅選手(名古屋広幡・70歳)が受賞した。

写真は左から、男子シニア上位者、女子シニア上位者、ミッドシニア上位者。

 

2016/10/07

第1回東日本パブリックダブルススクランブル選手権・関東D決勝結果

  平成28年度第1回東日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権・関東Dブロック決勝は、10月7日に千葉県野田市の紫あやめ36(男子:6,442Yards/Par72、女子:5,228Yards/Par72)で、4会場の予選を通過した67ペアで競技が行われた。
優勝したのは、62ストロークで回ったGREEN TWENTY。2位にチーピン、3位にはカーズが入った。なお、上位20ペアが11月8日にオールドオーチャードゴルフクラブ(茨城県)で開催する東日本地区決勝大会に進出した。

 

2016/09/30

H28東日本シニア・女子シニア・ミッドシニア選手権地区決勝結果

  9月28日、29日に千葉県野田市の紫あやめ36で行われた東日本地区決勝は、男子シニアは鯨井章選手が147ストロークで優勝。2位タイに衣笠洋司選手と小川直康選手が入り、4位には八木沼仁選手、5位に菊池善次選手が入った。
女子シニアは、上村ひろみ選手が160ストロークで優勝。2位タイに君塚桂子選手と黒木蘭選手が入った。
ミッドシニアは、岩波肇選手が141ストロークで優勝。2位に岩井正一選手、3位には三塚胤紀選手、4位に安田進選手、5位に町田元一選手が入った。

なお、本競技の男子シニア上位46名、女子シニア13名、ミッドシニア28名が10月12日、13日に茨城県のサンクチュアリ霞南ゴルフ倶楽部で開催する全日本大会に進出した。

写真:左から男子シニア入賞者、女子シニア入賞者、ミッドシニア入賞者

 

2016/09/29

H28中部日本シニア・女子シニア・ミッドシニア選手権地区決勝結果

  9月27日、28日に岐阜県美濃加茂市の正眼寺カントリークラブで行われた中部日本地区決勝は、男子シニアはマハリ・アブラハム選手が148ストロークで優勝。2位に北川敏彦選手が入り、3位タイには前川建治選手と玉川実選手の2名が入り、5位に川端敏選手が入った。
女子シニアは、山村則子選手が157ストロークで優勝。2位に櫛田良子選手が入り、3位に先川美智代選手が入った。
ミッドシニアは、小林利治選手が148ストロークで優勝。2位に横山尚次選手、3位には水野憲治選手が入った。

なお、本競技の男子シニア上位20名、女子シニア6名、ミッドシニア19名が10月12日、13日に茨城県のサンクチュアリ霞南ゴルフ倶楽部で開催する全日本大会に進出した。

写真:左から男子シニア入賞者、女子シニア入賞者、ミッドシニア入賞者

 

2016/09/22

H28西日本シニア・女子シニア・ミッドシニア選手権地区決勝結果

  9月20日、21日に兵庫県三木市のマスターズゴルフ倶楽部で行われた西日本地区決勝は、台風16号の影響により20日の競技は中止、18ホールストロークプレーに短縮し競技が行われた。
男子シニアは三井吉奎選手が74ストロークで優勝。2位に増元公男選手が入り、3位タイには増谷光三郎選手、小林信吾選手、武甕眞司選手、上木美和選手の4名が入った。
女子シニアは、森本ゆかり選手が79ストロークで優勝。2位タイに高田有加選手、渡辺のり子選手、幸塚由紀選手の3名が入った。
ミッドシニアは、75ストロークで並んだ大田卓一選手、高島秀一選手、柿本正和選手によるプレーオフの結果、大田選手が優勝。4位タイには宮田実選手、奥村弘尊選手、小田桐正治選手、木村岩光選手の4名が入った。

なお、本競技の男子シニア上位19名、女子シニア8名、ミッドシニア18名が10月12日、13日に茨城県のサンクチュアリ霞南ゴルフ倶楽部で開催する全日本大会に進出した。

写真:左から男子シニア入賞者、女子シニア入賞者、ミッドシニア入賞者

 

2016/09/16

第10回全日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技結果

  9月14日、15日に愛知県弥富市の名古屋港ゴルフ倶楽部(富浜コース)(男子部門:6,647Yards、女子部門:6,152YardsともにPar72)で行われた第10回全日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技は、男子部門は榊原吉規選手が140ストローク通算4アンダーで優勝した。2位に林伸行選手が入り、3位タイには中山和成選手、神谷茂選手、堀信義選手、芝田康司選手の4選手が入った。なお、大会4連覇を目指した谷本伊知郎選手は11位タイで競技を終えた。
女子部門は長田紫野香選手が150ストローク通算6オーバーで優勝を飾った。2位には牧草眞由美選手、3位には中谷佳央理選手が入った。

 

2016/09/06

第1回中部日本パブリックダブルススクランブル選手権地区決勝結果

  平成28年度第1回中部日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権地区決勝は、9月6日に愛知県豊田市の名古屋広幡ゴルフコース(男子:6,493Yards/Par72、女子:5,661Yards/Par72)で、3会場の予選を通過した85ペアで競技が行われた。
優勝したのは、63ストロークで回ったち~む西尾ゴルフ。2位にKAKUEI、3位にはトラノ穴が入った。
写真は1位ち~む西尾ゴルフ(左から神谷選手、岡安選手)、2位KAKUEI(田中選手)

 

2016/08/25

第1回東日本パブリックダブルススクランブル選手権・関東C決勝結果

  平成28年度第1回東日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権・関東Cブロック決勝は、8月25日に千葉県八千代市の八千代ゴルフクラブ(男子:6,123Yards/Par72、女子:5,586Yards/Par72)で、4会場の予選を通過した68ペアで競技が行われた。
優勝したのは、63ストロークで回ったチーム フジゴ。2位にWケンジ、3位にはハッピースタイルが入った。なお、上位20ペアが11月8日にオールドオーチャードゴルフクラブ(茨城県)で開催する東日本地区決勝大会に進出した。

 

2016/08/10

H28東日本ミッドアマ選手権B地区決勝・女子地区決勝結果

  8月9日、10日に栃木県のイーストウッドカントリークラブで行われた東日本ミッドアマ選手権B地区決勝・女子地区決勝は、男子部門は中跡朝臣選手が通算146ストロークで優勝、2位に塩田一史選手が入り、3位に鈴木泰二郎選手、4位に村井忠行選手、5位に瀬戸口雅昭選手が入った。
女子部門は、通算161ストロークで並んだ仲田亜紀選手と長野美代子選手によるプレーオフの末、仲田選手が優勝、2位には長野選手、3位に菅野朋子選手が入った。
なお、本競技の男子部門上位35名、女子部門15名が9月14日、15日に愛知県の名古屋港ゴルフ倶楽部(富浜コース)で開催する全日本大会に進出した。

 

2016/07/29

H28中部日本ミッドアマ選手権地区決勝結果

  7月28日、29日に三重県のアリジカントリークラブ花垣コースで行われた中部日本ミッドアマ選手権地区決勝は、男子部門は横山浩康選手が通算143ストロークで優勝、2位に神谷茂選手が入り、3位タイに村上将選手、酒井佳樹選手、マハリ・アブラハム選手の3名が入った。
女子部門は、長田紫野香選手が通算153ストロークで優勝、2位には中谷佳央理選手、3位に前田英里選手が入った。
なお、本競技の男子部門上位53名、女子部門12名が9月14日、15日に愛知県の名古屋港ゴルフ倶楽部(富浜コース)で開催する全日本大会に進出した。

 

2016/07/28

第1回東日本パブリックダブルススクランブル選手権・関東B決勝結果

  平成28年度第1回東日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権・関東Bブロック決勝は、7月28日に茨城県東茨城郡のオールドオーチャードゴルフクラブ(男子:6,622Yards/Par72、女子:5,532Yards/Par72)で、4会場の予選を通過した63ペアで競技が行われた。
優勝したのは、61ストロークで回ったチーム湊。2位にタイガー&デュバル、3位には赤塚組が入った。なお、上位19ペアが11月8日にオールドオーチャードゴルフクラブ(茨城県)で開催する東日本地区決勝大会に進出した。

 

2016/07/21

H28東日本ミッドアマ選手権A地区決勝結果

  7月20日、21日に長野県の鹿島南蓼科ゴルフコースで行われた東日本ミッドアマ選手権A地区決勝は、前田男選手が通算142ストロークで優勝、2位に中山和成選手が入り、3位タイには猿山隆二選手、脇康之選手、小山宏充選手の3名が入った。
なお、本競技の上位35名が9月14日、15日に愛知県の名古屋港ゴルフ倶楽部(富浜コース)で開催する全日本大会に進出した。

 

2016/07/15

H28西日本ミッドアマ選手権地区決勝結果

  7月14日、15日に兵庫県のよみうりゴルフ ウエストコースで行われた西日本ミッドアマ選手権地区決勝は、男子部門は福本徹選手が通算149ストロークで優勝、2位タイに下山誠選手と須田征司選手が入り、4位タイに坂上吉久選手、林伸行選手、北村久人選手、上田昌志選手、柳田秀樹選手、今村大志郎選手の6名が入った。
女子部門は、松山哲子選手が通算149ストロークで優勝、2位には中野有佳梨選手、3位に牧草眞由美選手が入った。
なお、本競技の男子部門上位38名、女子部門9名が9月14日、15日に愛知県の名古屋港ゴルフ倶楽部(富浜コース)で開催する全日本大会に進出した。

 

2016/06/24

第1回東日本パブリックダブルススクランブル選手権・関東A決勝結果

  平成28年度第1回東日本パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権・関東Aブロック決勝は、6月24日に東京都昭島市の昭和の森ゴルフコース(男子:6,067Yards/Par72、女子:5,279Yards/Par72)で、4会場の予選を通過した52ペアで競技が行われた。
優勝したのは、62ストロークで回ったチーム上中(仮)。2位にTSI、3位にはBU-chan'sが入った。なお、上位16ペアが11月8日にオールドオーチャードゴルフクラブ(茨城県)で開催する東日本地区決勝大会に進出した。

 

2016/06/17

第50回全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技結果

  6月15日、16日に栃木県大田原市の那須野ヶ原カントリークラブ(6,681Yards/Par71)で開催した全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、毛利基文選手(ウィンザーパーク)が137ストローク通算5アンダーで初優勝を飾った。2位には138ストロークの金原丈也選手(グランシエロ)がつけ、3位には小斉平優和選手(シード・よみうり)が入り、4位タイには岩田大河選手(滋賀甲南)と昨年優勝の久保田皓也選手(シード・アオノ)が入った。

写真:左から岩田選手、金原選手、毛利選手、小斉平選手、久保田選手

 

2016/06/09

第16回全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技結果

  6月7日、8日に兵庫県神戸市の西神戸ゴルフ場(6,127Yards/Par72)で開催した全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、西村優菜選手(ダンロップ)が133ストローク通算11アンダー、2位に4打差をつけ初優勝を飾った。2位には137ストロークの安田祐香選手(北神戸)がつけ、3位タイに昨年優勝の倉永光里選手(シード・よみうり)と平岡瑠依選手(シード・北神戸)の2名が入り、5位には稲見萌寧選手(シード・八千代)が入った。

写真:左から平岡選手、安田選手、西村選手、倉永選手

 

2016/05/26

H28西日本パブリック選手権地区決勝結果

  5月24日、25日に兵庫県神戸市のダンロップゴルフコースで行われた西日本パブリック選手権地区決勝は、芹澤慈眼選手が141ストローク通算3アンダーで優勝した。2位に菊田奨選手、3位に谷本伊知郎選手、4位には徳永圭太選手が入り、5位タイに西脇まあく選手、古川惣一朗選手の2名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位51名が6月15日、16日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで開催する全日本大会に進出した。

 

2016/05/26

H28東日本パブリック選手権B地区決勝結果

  5月24日、25日に山梨県南都留郡の山中湖畔 富士ゴルフコースで行われた東日本パブリック選手権B地区決勝は、139ストローク通算5アンダーで並んだ野口裕太選手と長澤奨選手のプレーオフの結果、野口選手が優勝した。3位に米山勇樹選手、4位タイには栗原悠宇選手と呉英彪選手の2名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位35名が6月15日、16日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで開催する全日本大会に進出した。

 

2016/05/21

H28中部日本パブリック選手権地区決勝結果

  5月19日、20日に愛知県豊田市の名古屋広幡ゴルフコースで行われた中部日本パブリック選手権地区決勝は、伊藤刻矢選手が142ストローク通算2アンダーで優勝した。2位に中村大樹選手、3位に金原丈也選手、4位には作田大地選手が入り、5位タイに森田匠海選手、杉浦悠太選手、北添海翔選手の3名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位40名が6月15日、16日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで開催する全日本大会に進出した。

 

2016/05/21

H28東日本パブリック選手権C地区決勝結果

  5月19日、20日に千葉県市原市の市原ゴルフクラブで行われた東日本パブリック選手権C地区決勝は、磯井怜選手が135ストローク通算9アンダーで優勝した。2位に佐藤慶介選手、3位に伊藤泰良選手、4位には石毛巧選手が入り、5位タイに田中章太郎選手と山本屋一太選手の2名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位30名が6月15日、16日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで開催する全日本大会に進出した。

 

2016/05/19

H28西日本女子パブリック選手権地区決勝結果

  5月17日、18日に兵庫県神戸市の北神戸ゴルフ場で行われた西日本女子パブリック選手権地区決勝は、吉原奈生子選手が139ストローク通算5アンダーで優勝した。2位に平岡瑠依選手、3位に久保山小梅選手、4位に安田祐香選手、5位タイには古江彩佳選手と大林奈央選手の2名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位92名が6月7日、8日に兵庫県の西神戸ゴルフ場で開催する全日本大会に進出した。

 

2016/05/16

H28東日本女子パブリック選手権地区決勝結果

  5月14日、15日に千葉県市原市の千葉よみうりカントリークラブで行われた東日本女子パブリック選手権地区決勝は、菅沼菜々選手が145ストローク通算1オーバーで優勝した。2位タイに石倉佳那子選手と吉田優利選手が入り、4位に桑山紗月選手、5位タイには河村来未選手、勝見梓選手と岩崎美紀選手の3名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位76名が6月7日、8日に兵庫県の西神戸ゴルフ場で開催する全日本大会に進出した。

 

2016/05/12

H28東日本パブリック選手権A地区決勝結果

  5月10日、11日に茨城県東茨城郡のウィンザーパークゴルフアンドカントリークラブで行われた東日本パブリック選手権A地区決勝は、141ストローク通算3アンダーで並んだ河田丈一郎選手と遠藤銀河選手によるプレーオフの末、河田選手が優勝した。3位に中村勇貴選手、4位に一ノ瀬秀都選手、5位には平野忠則選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位38名が6月15日、16日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで開催する全日本大会に進出した。

 

2016/05/12

H28中部日本女子パブリック選手権地区決勝結果

  5月10日、11日に愛知県豊田市の名古屋広幡ゴルフコースで行われた中部日本女子パブリック選手権地区決勝は、吉本七海選手が143ストローク通算1アンダーで優勝した。2位に小野祐夢選手、3位に福岡靖菜選手、4位タイには立浦琴奈選手と吉本ひかる選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位29名が6月7日、8日に兵庫県の西神戸ゴルフ場で開催する全日本大会に進出した。

 

2015/10/23

H27東日本クラブ対抗戦(決勝)の結果

  10月23日に千葉県の市原ゴルフクラブで東日本地区決勝が行われた。男子の部は、うぐいすの森ゴルフクラブ水戸が2位に1ストローク差で逃げ切り優勝した。
女子の部は千葉よみうりカントリークラブと鹿島南蓼科ゴルフコースが同スコアだったが、大会規定により千葉よみうりカントリークラブが優勝した。
男女共に決勝大会初優勝を飾った。

 

2015/10/17

H27全日本シニア・女子シニア・ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技結果

  10月15日、16日に長野県茅野市の鹿島南蓼科ゴルフコース(男子:6,638Yards/Par72、女子:5,694Yards/Par72、ミッド:6,233Yards/Par72)にて開催した第21回全日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技、第21回全日本女子シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技、第12回全日本ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、男子シニアは、148ストロークで回った藤井広文選手(森林公園)が初優勝。女子シニアは、155ストロークで並んだ武田妙子選手(シード・紫あやめ36)、花井正子選手(シード・名古屋港)、加藤仁美選手(朝霞)の3選手によるプレーオフの結果、武田選手が2度目の優勝。ミッドシニアは、147ストロークで回った佐藤勝美選手(グランシエロ)が優勝した。
また、本年度よりミッドシニア出場の70歳以上の選手のうち、成績最上位者に対して特別表彰を設けたが、ミッドシニア優勝の佐藤選手があわせて受賞した。

写真は左から、男子シニア上位者、女子シニア上位者、ミッドシニア上位者。

 

2015/10/01

H27中部日本シニア・女子シニア・ミッドシニア選手権地区決勝結果

  9月29日、30日に愛知県弥富市の名古屋港ゴルフ倶楽部(富浜コース)で行われた中部日本地区決勝は、男子シニアは島田崇選手(小杉)が151ストロークで優勝。2位タイに黒田真司選手(名古屋港)と北川敏彦選手(名古屋港)の2名が入り、4位には岡澤治男選手(名古屋港)、5位タイに武山安徳選手(名古屋港)と鍵谷秀一選手(名古屋港)の2名が入った。
女子シニアは、花井正子選手(シード・名古屋港)が161ストロークで大会連覇を達成。2位に鎌田真奈美選手(名古屋港)、3位には太田明美選手(名古屋港)が入った。
ミッドシニアは、小島朋広選手(シード・名古屋広幡)が154ストロークで大会連覇を達成。2位タイに佐藤勝美選手(グランシエロ)と城伸起選手(名古屋港)の2名が入った。

なお、本競技の男子シニア上位23名、女子シニア6名、ミッドシニア18名が10月15日、16日に長野県の鹿島南蓼科ゴルフコースで開催する全日本大会に進出した。

写真:左から男子シニア入賞者、女子シニア入賞者、ミッドシニア入賞者

 

2015/10/01

H27東日本シニア・女子シニア・ミッドシニア選手権地区決勝結果

  9月29日、30日に千葉県野田市の紫あやめ36で行われた東日本地区決勝は、男子シニアは小川直康選手(ムーンレイク市原)が145ストロークで優勝。2位に下田彰選手(千葉よみうり)、3位に神羊二選手(昭和の森)、4位に荒井眞一選手(シード・紫あやめ36)が入り、5位タイには東條光宏選手(千葉よみうり)、内田清選手(八千代)、紺野秋雄選手(ウィンザーパーク)の3名が入った。
女子シニアは、上村ひろみ選手(オールドオーチャード)が157ストロークで優勝。2位に加藤仁美選手(朝霞)、3位には君塚桂子選手(市原)が入った。
ミッドシニアは、俵聖徳選手(紫あやめ36)が145ストロークで優勝。2位に土屋知廣選手(紫あやめ36)、3位タイには河田育雄選手(大麻生)と須長順一選手(紫あやめ36)の2名が入った。

なお、本競技の男子シニア上位47名、女子シニア13名、ミッドシニア26名が10月15日、16日に長野県の鹿島南蓼科ゴルフコースで開催する全日本大会に進出した。

写真:左から男子シニア入賞者、女子シニア入賞者、ミッドシニア入賞者

 

2015/09/28

H27西日本シニア・女子シニア・ミッドシニア選手権地区決勝結果

  9月24日、25日に兵庫県神戸市の北神戸ゴルフ場で行われた西日本地区決勝は、男子シニアは永井文雄選手(シード・よみうり)が147ストロークで2連覇を達成。2位に清順一選手(西神戸)、3位に菅原健選手(しがらきの森)、4位には西出雅次選手(北神戸)が入り、5位タイには中北光則選手(よみうり)、増元公男選手(武庫ノ台)、全珍選手(ダンロップ)の3名が入った。
女子シニアは、森本ゆかり選手(ダンロップ)が164ストロークで優勝、2位に浜裕子選手(米子)、3位には高田有加選手(シード・ダンロップ)が入った。
ミッドシニアは、水野進一選手(シード・よみうり)が149ストロークで2度目の優勝。2位に小林勉選手(北神戸)、3位には村上隆之選手(京都大原)が入った。

なお、本競技の男子シニア上位22名、女子シニア9名、ミッドシニア18名が10月15日、16日に長野県の鹿島南蓼科ゴルフコースで開催する全日本大会に進出した。

写真:左から男子シニア入賞者、女子シニア入賞者、ミッドシニア入賞者

 

2015/09/18

第9回全日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技結果

  9月16日、17日に兵庫県加東市のグランドオークプレイヤーズコース(男子部門:7,009Yards、女子部門:6,111YardsともにPar72)で行われた第9回全日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技は、男子部門は谷本伊知郎選手が141ストローク通算3アンダーで3連覇を達成した。2位に榊原吉規選手、3位タイに三井吉奎選手と恒藤高弘選手の2選手が入り、5位には芝田康司選手が入った。
女子部門は福村香名選手が154ストローク通算10オーバーで初優勝を飾った。2位には山下ユナ選手、3位には中村英美選手が入った。

 

2015/08/25

H27北海道・青森パブリック選手権地区決勝結果

  8月24日、25日に北海道の隨縁カントリークラブ恵庭コースで行われた北海道・青森地区決勝は、佐藤寛大選手が146ストロークで優勝、2位には長谷川大晃選手、3位には小村優太選手が入った。
なお、本競技の上位2名が平成28年度全日本大会への出場資格を得た。

 

2015/08/20

H27東日本ミッドアマ選手権B地区決勝・女子決勝結果

  8月18日、19日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで行われた東日本B地区決勝・女子決勝は、男子部門は山本靖選手が144ストロークで優勝、2位に山内一晃選手、3位に宮野嗣英選手、4位に塩田一史選手が入り、5位には海老原弘樹選手が入った。
女子部門は中村英美選手が152ストロークで優勝、2位には小田倉富士子選手、3位には堀美樹選手が入った。
なお、本競技の男子部門上位27名、女子部門14名が9月16日、17日に兵庫県のグランドオークプレイヤーズコースで開催する全日本に進出した。

 

2015/07/31

H27中部日本ミッドアマ選手権地区決勝結果

  7月29日、30日に愛知県の名古屋広幡ゴルフコースで行われた中部日本地区決勝は、男子部門は147ストロークで並んだ黒澤正之選手、小原景選手、堀信義選手によるプレーオフの末、黒澤選手が優勝した。2位タイにはプレーオフで敗れた小原選手、堀選手が入り、4位タイには阪野智久選手、山中敏靖選手、榊原吉規選手の3名が入った。
女子部門は、吉川美香選手が157ストロークで優勝、2位には中山光代選手、3位に岩崎未果選手、4位タイに松久悦子選手と栗原悦子選手の2名が入った。
なお、本競技の男子部門上位37名、女子部門7名が9月16日、17日に兵庫県のグランドオークプレイヤーズコースで開催する全日本に進出した。

 

2015/07/29

H27東日本ミッドアマ選手権A地区決勝結果

  7月27日、28日に千葉県の新君津ベルグリーンカントリー倶楽部で行われた東日本A地区決勝は、辻本圭一選手が141ストローク通算3アンダーで優勝、2位タイには木下輝洋選手と荒井眞一選手が入り、4位にディーン・ロジャース選手、5位タイには秋野誠選手、吉岡進選手、鈴木泰二郎選手、國近和寿選手、藤本和大選手の5名が入った。
なお、本競技の上位39名が9月16日、17日に兵庫県のグランドオークプレイヤーズコースで開催する全日本に進出した。

 

2015/07/24

H27北海道・青森ミッドアマ選手権地区決勝結果

  7月24日に北海道のダイナスティゴルフクラブで行われた北海道・青森地区決勝は、74ストロークで回った金澤哲夫選手が優勝した。2位には新玉幸嗣選手、3位タイには坂井優選手、浅原卓二郎選手、ケント・プライヤー選手の3名が入った。
なお、本競技の上位2名が9月16日、17日に兵庫県のグランドオークプレイヤーズコースで開催する全日本に進出した。

 

2015/07/17

H27西日本ミッドアマ選手権地区決勝結果

  7月15日、16日に兵庫県の青野運動公苑アオノゴルフコースで行われた西日本地区決勝は、男子部門は恒藤高弘選手が140ストロークで優勝、2位タイに下山誠選手と小林信吾選手が入り、4位に丸山武志選手、5位には増田昭彦選手が入った。
女子部門は、福村香名選手が153ストロークで優勝、2位には鷹野美紀選手、3位に牧草眞由美選手、4位に松山哲子選手、5位には藤原香織選手が入った。
なお、本競技の男子部門上位52名、女子部門15名が9月16日、17日に兵庫県のグランドオークプレイヤーズコースで開催する全日本に進出した。

 

2015/06/19

第49回全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技結果

  6月17日、18日に滋賀県甲賀市の紫香楽国際カントリークラブ(6,827Yards/Par72)で開催した全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、136ストローク通算8アンダーで並んだ久保田皓也選手(シード・アオノ)と小斉平優和選手(よみうり)によるプレーオフの結果、4ホール目にバーディを獲った久保田選手が優勝を飾った。2位は小斉平選手、3位タイに西山大広選手(高松)と河合亮汰選手(アオノ)の2選手が入り、5位は小木曽喬選手(シード・名古屋広幡)が入った。

写真:左から河合選手、小斉平選手、久保田選手、西山選手、小木曽選手

 

2015/06/08

第15回全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技結果

  6月4日、5日に千葉県八千代市の八千代ゴルフクラブ(6,151Yards/Par72)で開催した全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、倉永光里選手(シード・よみうり)が139ストローク通算5アンダーで優勝を飾った。2位には140ストロークの稲見萌寧選手(八千代)がつけ、3位タイに三浦桃香選手(トム・ワトソン)、中尾春陽選手(アリジ)、畑岡奈紗選手(ウィンザーパーク)、淺井咲希選手(北神戸)の4選手が入った。

写真:左から中尾選手、稲見選手、倉永選手、三浦選手、畑岡選手

 

2015/05/28

H27西日本パブリック選手権関西地区決勝結果

  5月26日、27日に兵庫県の武庫ノ台ゴルフコースで行われた西日本パブリック選手権関西地区決勝は、小斉平優和選手が140ストローク通算4アンダーで優勝した。2位タイには141ストロークの大橋浩太朗選手、福岡大河選手、松本正樹選手の3名が入り、5位には三倉誠生選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位49名が6月17日、18日に滋賀県の紫香楽国際カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2015/05/23

H27中部日本パブリック選手権地区決勝結果

  5月20日、21日に三重県のアリジカントリークラブ花垣コースで行われた中部日本パブリック選手権地区決勝は、小木曽喬選手が139ストローク通算5アンダーで優勝した。2位には143ストロークの岡崎錬選手がつけ、3位に上田敦士選手が入り、4位タイには尾関奨乃選手、青山晃大選手の2名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位41名が6月17日、18日に滋賀県の紫香楽国際カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2015/05/22

H27東日本パブリック選手権A地区決勝結果

  5月20日、21日に栃木県のイーストウッドカントリークラブで行われた東日本パブリック選手権A地区決勝は、夏堀裕大選手が140ストローク通算4アンダーで優勝した。2位には142ストロークの渡辺真悟選手がつけ、3位タイに上村悠選手と河田丈一郎選手の2名が入り、5位タイには荒井陸選手、鴨野勝選手の2名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位30名が6月17日、18日に滋賀県の紫香楽国際カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2015/05/22

H27東日本パブリック選手権B地区決勝結果

  5月20日、21日に静岡県の富士グリーンヒルゴルフコースで行われた東日本パブリック選手権B地区決勝は、長澤奨選手が143ストローク通算1アンダーで優勝した。2位には145ストロークの園田昂生選手がつけ、3位に嶺岸政秀選手、4位に金子直矢選手が入り、5位タイには加藤翔選手、神山直樹選手、呉英彪選手の3名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位29名が6月17日、18日に滋賀県の紫香楽国際カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2015/05/22

H27西日本パブリック選手権中国地区決勝結果

  5月20日、21日に岡山県の岡山空港ゴルフコースで行われた西日本パブリック選手権中国地区決勝は、藤井勝成選手が142ストローク通算2アンダーで優勝した。2位には145ストロークの島野璃央選手がつけ、3位タイに富永暁登選手、久常涼選手の2名が入り、5位には金岡奎吾選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位10名が6月17日、18日に滋賀県の紫香楽国際カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2015/05/22

H27西日本パブリック選手権四国地区決勝結果

  5月20日、21日に徳島県のコート・ベール徳島ゴルフクラブで行われた西日本パブリック選手権四国地区決勝は、谷本伊知郎選手が144ストローク通算イーブンパーで優勝した。2位には145ストロークの板東篤司選手がつけ、3位タイに西山大広選手、加藤渉選手の2名が入り、5位タイには吉田泰基選手、大野由真選手、小西勇輝選手の3名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位10名が6月17日、18日に滋賀県の紫香楽国際カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2015/05/21

H27西日本パブリック選手権九州地区決勝結果

  5月20日、21日に宮崎県のトム・ワトソンゴルフコースで行われた西日本パブリック選手権九州地区決勝は、安部寛章選手が147ストローク通算3オーバーで優勝した。2位タイに148ストロークの篠原仕師命選手と池田悠希選手がつけ、4位に葛城史馬選手、5位タイには早田貴洋選手、井戸川純平選手、菅卓人選手の3名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位5名が6月17日、18日に滋賀県の紫香楽国際カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2015/05/17

H27西日本女子パブリック選手権地区決勝結果

  5月14日、15日に京都府の京都大原パブリックコースで行われた西日本女子パブリック選手権地区決勝は、池水優貴選手が142ストローク通算2アンダーで優勝した。2位には146ストロークの八木涼風選手がつけ、3位タイには田中瑞希選手、平岡瑠依選手、梶谷翼選手、小西瑞穂選手の4名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位75名が6月4日、5日に千葉県の八千代ゴルフクラブで開催される全日本に進出した。

 

2015/05/17

H27東日本女子パブリック選手権地区決勝結果

  5月13日、14日に茨城県のウィンザーパークゴルフアンドカントリークラブで行われた東日本女子パブリック選手権地区決勝は、稲見萌寧選手が135ストローク通算9アンダーで優勝した。2位タイには137ストロークの植竹希望選手と青野紗也選手がつけ、4位に畑岡奈紗選手、5位タイに長野未祈選手、臼井麗香選手の2名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位98名が6月4日、5日に千葉県の八千代ゴルフクラブで開催される全日本に進出した。

 

2015/05/14

H27中部日本女子パブリック選手権地区決勝結果

  5月13日、14日に三重県のアリジカントリークラブ花垣コースで行われた中部日本女子パブリック選手権地区決勝は、吉本ひかる選手が141ストローク通算3アンダーで優勝した。2位には144ストロークの澤田知佳選手がつけ、3位に福岡靖菜選手、4位に小野祐夢選手、5位タイに鈴木里緒美選手、薮田梨花選手の2名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位21名が6月4日、5日に千葉県の八千代ゴルフクラブで開催される全日本に進出した。

 

2015/05/07

H27東日本パブリック選手権C地区決勝結果

  5月5日、6日に千葉県の千葉よみうりカントリークラブで行われた東日本パブリック選手権C地区決勝は、川上優大選手が137ストローク通算5アンダーで優勝した。2位には141ストロークの前田男選手がつけ、3位に坂場大希選手、4位に丁志優選手、5位タイに髙倍淳一選手、石毛巧選手の2名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位21名が6月17日、18日に滋賀県の紫香楽国際カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2014/11/19

H26東日本クラブ対抗戦(決勝)の結果

  10月24日に長野県の鹿島南蓼科ゴルフコースで行われた東日本地区決勝は、男子の部はオールドオーチャードゴルフクラブが2位に4打差をつけ350ストロークで優勝した。
女子の部は、ウィンザーパークゴルフアンドカントリークラブと千葉よみうりカントリークラブが同スコアだったが、大会規定のマッチングスコアカードによりウィンザーパークゴルフアンドカントリークラブが優勝。男女共に決勝大会初優勝を飾った。

尚、大会に先立ち10月23日に前夜祭が盛大に行われた。

写真:左から男子の部優勝:オールドオーチャードゴルフクラブ、女子の部優勝:ウィンザーパークゴルフアンドカントリークラブ、前夜祭にて選手紹介

 

2014/10/30

H26パブリック選手権グアム大会競技結果

  日本パブリックゴルフ協会は、グアムゴルフ協会協力の下、10月12日にグアムのレオパレスリドートカントリークラブ(男子:6,335Yards/Par72、女子:5,107Yards/Par72)にてグアム在住者を対象とした全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技グアム大会を開催した。
男子は、67ストロークで回ったDevin Hua選手とLouie Sunga選手によるプレーオフの末、Hua選手が優勝。3位にはDaryl Poe選手が入った。
女子は、73ストロークで回ったNalathai Vongjalorn選手が2位に4打差をつけ優勝。2位はRachel Peterson選手、3位タイにはLaling Couch選手とKyong Stirling選手の2名が入った。
なお、本競技の男女各上位3名が平成27年度の全日本大会に進出した。

 

2014/10/16

H26全日本シニア・女子シニア・ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技結果

  10月15日、16日に宮崎県宮崎市のトム・ワトソンゴルフコース(男子:6,665Yards/Par72、女子:5,923Yards/Par72、ミッド:6,376Yards/Par72)にて開催した第20回全日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技、第20回全日本女子シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技、第11回全日本ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、男子シニアは、153ストロークで回った松本英司選手(シード・名古屋広幡)が大会2連覇。女子シニアは、157ストロークで回った小田倉富士子選手(シード・紫あやめ36)が2位に8打差をつけ大会2連覇。ミッドシニアは、158ストロークで回った菅原健選手(シード・西神戸)と矢吹元良選手(シード・紫あやめ36)による6ホールにわたるプレーオフの結果、菅原選手が優勝した。

写真は左から、男子シニア上位者、女子シニア上位者、ミッドシニア上位者。

 

2014/10/06

H26中部日本シニア・女子シニア・ミッドシニア選手権地区決勝結果

  9月29日、30日に三重県の亀山ゴルフクラブで行われた中部日本地区決勝は、男子シニアは井上晴雅選手(シード・森林公園)と三河順一選手(アリジ)が155ストロークで並びプレーオフの末、井上選手が優勝、3位タイに田島光次郎選手(亀山)と小山正行選手(名古屋港)の2名が入り、5位タイには伊藤明選手(名古屋広幡)と金村正春選手(シード・名古屋港)が入った。
女子シニアは、花井正子選手(名古屋港)が150ストロークで優勝、2位に田島和美選手(シード・名古屋港)、3位には早田佳世子選手(シード・森林公園)が入った。
ミッドシニアは、小島朋広選手(名古屋広幡)が146ストロークで優勝、2位タイに柴田正選手(森林公園)と吉川廣司選手(正眼寺)の2名が入った。

なお、本競技の男子シニア上位28名、女子シニア8名、ミッドシニア21名が10月15日、16日に宮崎県のトム・ワトソンゴルフコースで開催する全日本大会に進出した。

写真:左から男子シニア入賞者、女子シニア入賞者、ミッドシニア入賞者

 

2014/09/29

H26西日本シニア・女子シニア・ミッドシニア選手権地区決勝結果

  9月25日、26日に兵庫県のよみうりゴルフ ウエストコースで行われた西日本地区決勝は、男子シニアは永井文雄選手(よみうり)が148ストロークで優勝、2位には藤本道徳選手(よみうり)、3位に中村光浩選手(アオノ)、4位に山森徹也選手(ダンロップ)、5位タイに中村律郎選手(ダンロップ)と増元公男選手(シード・武庫ノ台)の2名が入った。
女子シニアは、石川小百合選手(シード・米子)と髙田有加選手(ダンロップ)が162ストロークで並びプレーオフの末、石川選手が優勝、3位には渡部美弥子選手(よみうり)が入った。
ミッドシニアは、菅原健選手(シード・西神戸)と水野進一選手(シード・よみうり)が148ストロークで並びプレーオフの末、菅原選手が優勝、3位には青田光宏選手(アオノ)が入った。

なお、本競技の男子シニア上位35名、女子シニア11名、ミッドシニア27名が10月15日、16日に宮崎県のトム・ワトソンゴルフコースで開催する全日本大会に進出した。

写真:左から男子シニア上位5名、女子シニア上位3名、ミッドシニア上位3名

 

2014/09/20

第8回全日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技結果

  9月17日、18日に茨城県県のオールドオーチャードゴルフクラブ(男子部門:7,041Yards、女子部門:6,035YardsともにPar72)で行われた第8回全日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技は、男子部門は146ストロークで並んだ谷本伊知郎選手と菊地展弘選手によるプレーオフの末、谷本選手が優勝。大会2連覇を達成した。3位に増野逸実選手、4位に西川幸一郎選手、5位には渡邊哲也選手が入った。
女子部門も158ストロークで並んだ鈴木智子選手と守谷みのり選手によるプレーオフの末、鈴木選手が制し本大会3度目の優勝を飾った。3位には山下ユナ選手が入った。

 

2014/08/26

H26北海道・青森パブリック選手権地区決勝結果

  8月25日、26日に北海道の隨縁カントリークラブ恵庭コースで行われた北海道・青森地区決勝は、片岡尚之選手が143ストロークで優勝、2位には長谷川大晃選手、3位には和賀勇介選手が入った。
なお、本競技の上位2名が平成27年度の全日本大会に進出した。

 

2014/07/31

H26中部日本ミッドアマ選手権地区決勝結果

  7月29日、30日に愛知県の名古屋港ゴルフ倶楽部(富浜コース)で行われた中部日本地区決勝は、男子部門は榊原吉規選手が142ストロークで優勝、2位に藤井広文選手、3位に増野逸実選手、4位に山中敏靖選手が入り、5位タイには松本英司選手と来山健一選手の2名が入った。
女子部門は、鈴木智子選手が158ストロークで優勝、2位には中川麻美子選手、3位タイには吉川美香選手と守谷みのり選手の2名が入った。
なお、本競技の男子部門上位35名、女子部門8名が9月17日、18日に茨城県のオールドオーチャードゴルフクラブで開催する全日本に進出した。

 

2014/07/31

H26東日本ミッドアマ選手権B地区決勝・女子決勝結果

  7月24日、25日に千葉県の八千代ゴルフクラブで行われた東日本B地区決勝・女子決勝は、男子部門は小野竜彦選手と進藤祥史選手が139ストロークで並びプレーオフの結果、小野選手が優勝、2位には進藤選手、3位タイには片山貴由選手と島田修選手が入り、5位タイには加藤剛士選手と矢口敦士選手の2名が入った。
女子部門は、田中慈子選手が153ストロークで優勝、2位には髙橋美絵選手、3位には鏑木友子選手が入った。
なお、本競技の男子部門上位44名、女子部門22名が9月17日、18日に茨城県のオールドオーチャードゴルフクラブで開催する全日本に進出した。

 

2014/07/27

H26北海道・青森ミッドアマ選手権地区決勝結果

  7月25日に北海道のダイナスティゴルフクラブで行われた北海道・青森地区決勝は、75ストロークで並んだ福住幸久選手と佐々木弘毅選手のプレーオフの結果、福住選手が優勝、3位には金澤哲夫選手が入った。
なお、本競技の上位2名が9月17日、18日に茨城県のオールドオーチャードゴルフクラブで開催する全日本に進出した。

 

2014/07/27

H26東日本ミッドアマ選手権A地区決勝結果

  7月22日、23日に長野県の鹿島南蓼科ゴルフコースで行われた東日本A地区決勝は、池田玄順選手が143ストロークで優勝、2位には竹内貴広選手、3位タイには小川文平選手、木下輝洋選手の2名が入り、5位には岡野智弘選手が入った。
なお、本競技の上位40名が9月17日、18日に茨城県のオールドオーチャードゴルフクラブで開催する全日本に進出した。

 

2014/07/22

H26西日本ミッドアマ選手権地区決勝結果

  7月17日、18日に兵庫県のグランドオークプレイヤーズコースで行われた西日本地区決勝は、男子部門は林伸行選手が141ストロークで優勝、2位には宮本正大選手、3位タイには大川聖一選手と牧慎稔選手が入り、5位には尾埜文彦選手が入った。
女子部門は、宮坂月子選手が148ストロークで優勝、2位には牧草眞由美選手、3位タイには白井晶子選手、有延さおり選手、大仲桃恵選手の3名が入った。
なお、本競技の男子部門上位41名、女子部門12名が9月17日、18日に茨城県のオールドオーチャードゴルフクラブで開催する全日本に進出した。

 

2014/06/23

第48回全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技結果

  6月18日、19日に栃木県大田原市の那須野ヶ原カントリークラブ(6,681Yards/Par71)で開催した全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、関将太選手(ウィンザーパーク)が135ストローク通算7アンダーで優勝を飾った。2位タイには137ストロークの大嶋炎選手(米子)と百目鬼光紀選手(那須野ヶ原)がつけ、4位タイに南沢弥選手(富士・山中湖)、加治屋舜介選手(ムーンレイク市原)、星野陸也選手(ウィンザーパーク)、小斉平優和選手(米子)の4選手が入った。

写真:左から南選手、大嶋選手、関選手、百目鬼選手、加治屋選手

 

2014/06/06

第14回全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技結果

  6月4日、5日に兵庫県神戸市の北神戸ゴルフ場(6,114Yards/Par72)で開催した全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、柴田香奈選手(那須野ヶ原)が142ストローク通算2アンダーで優勝を飾った。2位タイには145ストロークの橋本千里選手(森林公園)と岡山絵里選手(シード・京阪)がつけ、4位タイに林菜乃子選手(富士グリーンヒル)、倉永光里選手(よみうり)、逢澤菜央選手(京阪)、井上沙紀選手(ひぐち時津)の4選手が入った。

写真:左から林選手、橋本選手、柴田選手、岡山選手、倉永選手

 

2014/05/26

H26東日本パブリック選手権A地区決勝結果

  5月21日、22日に茨城県のウィンザーパークゴルフアンドカントリークラブで行われた東日本A地区決勝は、坂本雄介選手が139ストローク通算5アンダーで優勝した。2位には140ストロークの大塚大樹選手が入り、3位には斉藤優作選手、4位タイには河田丈一郎選手、神谷健太選手、星野陸也選手、林侃汰朗選手の4名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位41名が6月18日、19日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2014/05/26

H26東日本パブリック選手権B地区決勝結果

  5月21日、22日に山梨県の山中湖畔 富士ゴルフコースで行われた東日本B地区決勝は、豊山良選手が140ストローク通算4アンダーで優勝した。2位には144ストロークの中島啓太選手が入り、3位には越川直毅選手、4位には大森崇弘選手、5位には南沢弥選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位35名が6月18日、19日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2014/05/26

H26中部日本パブリック選手権地区決勝結果

  5月21日、22日に富山県の小杉カントリークラブで行われた中部日本地区決勝は、織田信亮選手が140ストローク通算4アンダーで優勝した。2位には141ストロークの岡崎錬選手が入り、3位には小木曽喬選手、4位には加藤勇希選手、5位には元田大貴選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位36名が6月18日、19日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2014/05/26

H26西日本パブリック選手権四国地区決勝結果

  5月21日、22日に徳島県のコート・ベール徳島ゴルフクラブで行われた西日本四国地区決勝は、遠藤健太選手が148ストローク通算4オーバーで優勝した。2位タイには151ストロークの坂本将規選手、杉原大河選手の2名が入り、4位には関藤侑嗣選手、5位には谷本伊知郎選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位9名が6月18日、19日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2014/05/22

H26西日本パブリック選手権九州地区決勝結果

  5月20日、21日に宮崎県のトム・ワトソンゴルフコースで行われた西日本九州地区決勝は、芹澤慈眼選手が152ストローク通算8オーバーで優勝した。2位タイには153ストロークの篠原仕師命選手、菅卓人選手、葛城史馬選手、池田悠希選手、宮里拓弥選手の5名が入った。
なお、本競技地区決勝の上位8名が6月18日、19日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2014/05/20

H26西日本パブリック選手権関西地区決勝結果

  5月13日、14日に兵庫県のマスターズゴルフ倶楽部で行われた西日本関西地区決勝は、徳永圭太選手が139ストローク通算5アンダーで優勝した。2位には140ストロークの石過功一郎選手がつけ、3位に岩田大河選手、4位タイには久保田皓也選手と牧慎稔選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位34名が6月18日、19日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2014/05/19

H26西日本パブリック選手権中国地区決勝結果

  5月15日、16日に鳥取県の米子ゴルフ場で行われた西日本中国地区決勝は、金谷拓実選手が141ストローク通算1アンダーで優勝した。2位には143ストロークの大嶋炎選手がつけ、3位に島野璃央選手、4位に藤山大耀選手、5位に小斉平優和選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位7名が6月18日、19日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2014/05/10

H26西日本女子パブリック選手権地区決勝結果

  5月9日に岡山県の奥津ゴルフ倶楽部で行われた西日本女子地区決勝は、石川明日香選手が5アンダーで優勝した。2位には松本春香選手がつけ、3位タイには大西樹里選手、薮下真衣選手、平岡瑠依選手、辻岡愛理選手の4選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位83名が6月4日、5日に兵庫県の北神戸ゴルフ場で開催する全日本に進出した。

 

2014/05/10

H26中部日本女子パブリック選手権地区決勝結果

  5月8日、9日に愛知県のウッドフレンズ森林公園ゴルフ場で行われた中部日本女子地区決勝は、吉本ひかる選手が145ストローク通算1オーバーで優勝した。2位タイには松田鈴英選手、橋本千里選手の2選手がつけ、4位タイには吉本七海選手と山下美樹選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位20名が6月4日、5日に兵庫県の北神戸ゴルフ場で開催する全日本に進出した。

 

2014/05/10

H26東日本女子パブリック選手権地区決勝結果

  5月8日に栃木県のイーストウッドカントリークラブで行われた東日本女子地区決勝は、植竹希望選手が1アンダーで優勝した。2位には河本結選手、3位タイには西野桜選手、青野紗也選手の2選手がつけ、5位タイには中村英美選手、佐藤優選手、河村菜奈選手、桑原萌選手、高橋彩華選手の5選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位76名が6月4日、5日に兵庫県の北神戸ゴルフ場で開催する全日本に進出した。

 

2014/05/09

H26東日本パブリック選手権C地区決勝結果

  5月5日、6日に千葉県の千葉よみうりカントリークラブで行われた東日本C地区決勝は、山城康博選手が138ストローク通算4アンダーで優勝した。2位には140ストロークの加治屋舜介選手がつけ、3位に川上優大選手、4位に河内勝行選手、5位に坂場将希選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位28名が6月18日、19日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2013/10/21

H25全日本シニア・女子シニア・ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技結果

  10月16日、17日に茨城県東茨城郡のウィンザーパークゴルフアンドカントリークラブ(男子:6,613Yards/Par72、女子:5,627Yards/Par72、ミッド:6,268Yards/Par72)にて開催した第19回全日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技、第19回全日本女子シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技、第10回全日本ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、台風26号接近のため18ホール・ストロークプレーに短縮し行われた。
男子シニアは、3アンダーで回った松本英司選手(シード・名古屋広幡)が優勝。女子シニアは、4オーバーで回った小田倉富士子選手(紫あやめ36)が優勝。ミッドシニアは、1オーバーで回った平澤良雄選手(ウィンザーパーク)が優勝した。

写真は左から、男子シニア上位者、女子シニア上位者、ミッドシニア上位者。

 

2013/10/01

西日本シニア・女子シニア・ミッドシニア選手権地区決勝結果

  9月25日、26日に鳥取県の米子ゴルフ場で行われた西日本地区決勝は、男子シニアは辻田昭吾選手(よみうり)が146ストロークで優勝、2位には増元公男選手(武庫ノ台)、3位には喜田浩選手(高松)が入った。
女子シニアは、大畑曰香選手(大阪)が158ストロークで優勝、2位には渡辺のり子選手(ダンロップ)、3位には石川小百合選手(シード・米子)が入った。
ミッドシニアは、水野進一選手(シード・よみうり)が147ストロークで優勝、2位には菅原健選手(シード・西神戸)、3位には厚見信一郎選手(グランドオーク)が入った。

なお、本競技の男子シニア上位24名、女子シニア8名、ミッドシニア19名が10月16日、17日に茨城県のウィンザーパークゴルフアンドカントリークラブで開催される全日本に進出した。

写真:左から男子シニア上位4名、女子シニア上位3名、ミッドシニア上位3名

 

2013/09/30

中部日本シニア・女子シニア・ミッドシニア選手権地区決勝結果

  9月26日、27日に愛知県のウッドフレンズ森林公園ゴルフ場で行われた中部日本地区決勝は、男子シニアは鍵谷秀一選手(森林公園)が150ストロークで並んだ近藤顕一選手(名古屋港)、井上晴雅選手(森林公園)とのプレーオフを制し優勝した。
女子シニアは、早田佳世子選手(シード・森林公園)が155ストロークで優勝、2位タイには田島和美選手(名古屋港)と八田美恵子選手(シード・名古屋広幡)が入った。
ミッドシニアは、佐藤勝美選手(グランシエロ)が145ストロークで優勝、2位タイには佐藤文雄選手(名古屋港)と天野和雄選手(名古屋港)が入った。

なお、本競技の男子シニア上位27名、女子シニア10名、ミッドシニア20名が10月16日、17日に茨城県のウィンザーパークゴルフアンドカントリークラブで開催される全日本に進出した。

写真:左から男子シニア上位5名、女子シニア上位3名、ミッドシニア上位2名

 

2013/09/27

東日本シニア・女子シニア・ミッドシニア選手権地区決勝結果

  9月25日、26日に栃木県の那須野ヶ原カントリークラブで行われた東日本地区決勝は、男子シニアは紺野秋雄選手(ウィンザーパーク)が148ストロークで優勝、

2位には五味俊彦選手(シード・清里)、3位には白井健司選手(オールドオーチャード)が入った。
女子シニアは、小田倉富士子選手(紫あやめ36)が161ストロークで優勝、2位には横須賀恵子選手(ウィンザーパーク)、3位タイには武田妙子選手(シード・紫あやめ36)と桝田由美子選手(八千代)が入った。
ミッドシニアは、平澤良雄選手(ウィンザーパーク)が143ストロークで優勝、2位には矢吹元良選手(シード・紫あやめ36)、3位には遠藤斌選手(シード・八千代)が入った。

なお、本競技の男子シニア上位47名、女子シニア14名、ミッドシニア21名が10月16日、17日に茨城県のウィンザーパークゴルフアンドカントリークラブで開催される全日本に進出した。

写真:左から男子シニア上位5名、女子シニア上位3名、ミッドシニア上位3名

 

2013/09/19

第7回全日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技結果

  9月18日、19日に滋賀県甲賀市のベアズパウジャパンカントリークラブ(男子:7,006Yards/Par72、女子:6,262Yards/Par72)にて第7回全日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権を開催した。
男子部門は141ストロークの3アンダーで回った谷本伊知郎選手(シード・高松)が優勝。女子部門は152ストロークの8オーバーで回った牧草眞由美選手(ダンロップ)が優勝した。

 

2013/08/01

東日本ミッドアマ選手権A地区決勝結果

  7月31日、8月1日に茨城県のオールドオーチャードゴルフクラブで行われた東日本A地区決勝は、田中良博選手が145ストロークで並んだ木村裕治選手とのプレーオフを制し優勝した。
なお、本競技の上位38名が9月18日、19日に滋賀県のベアズパウジャパンカントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2013/07/30

中部日本ミッドアマ選手権地区決勝結果

  7月29日、30日に岐阜県の正眼寺カントリークラブで行われた中部日本地区決勝は、男子部門は山中敏靖選手が142ストロークで優勝、2位タイには金原誠治朗選手、横山浩康選手、中嶌克佳選手の3名が入った。
女子部門は、吉川美香選手が157ストロークで優勝、2位には松久悦子選手、3位には藤井はづき選手が入った。

なお、本競技の男子部門上位32名、女子部門6名が9月18日、19日に滋賀県のベアズパウジャパンカントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2013/07/26

北海道・青森ミッドアマ選手権地区決勝結果

  7月26日に北海道のダイナスティゴルフクラブで行われた北海道・青森地区決勝は、工藤一幸選手が74ストロークで優勝した。2位タイには澤田憲一郎選手と佐々木弘毅の2名が入った。
なお、本競技の上位3名が9月18日、19日に滋賀県のベアズパウジャパンカントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2013/07/26

西日本ミッドアマ選手権地区決勝結果

  7月25日、26日に兵庫県のダンロップゴルフコースで行われた西日本地区決勝は、男子部門は真部幸一郎選手が141ストロークで優勝した。
女子部門は、森玲子選手が151ストロークで並んだ大仲桃恵選手、牧草眞由美選手とのプレーオフを制し優勝。
なお、本競技の男子部門上位56名、女子部門16名が9月18日、19日に滋賀県のベアズパウジャパンカントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2013/07/25

東日本ミッドアマ選手権B地区・女子決勝結果

  7月22日、23日に東京都のよみうりゴルフ倶楽部で行われた東日本B地区決勝は、白石哲也選手が143ストロークで優勝した。2位に146ストロークの中山和成選手がつけ、3位タイに中戸孝嘉選手、小野竜彦選手、太田智喜選手の3選手が入った。
東日本女子決勝は、長野美代子選手が154ストロークで優勝。2位に宮下ひとみ選手、3位に久常晴美選手が入った。
なお、本競技の男子部門上位32名、女子部門16名が9月18日、19日に滋賀県のベアズパウジャパンカントリークラブで開催される全日本に進出した。

 

2013/06/20

第47回全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技結果

  6月19日、20日に兵庫県のよみうりゴルフ ウエストコース(7,196Yards/Par72)で開催した全日本パブリック選手権は、荒天のため18ホール・ストロークプレーに短縮し行われた。尾﨑秀平選手(朝霞)が71ストロークの1アンダーで優勝を飾った。2位には72ストロークの竹山昂成選手(グランドオーク)がつけ、3位タイに宮原雅人選手(シード:森林公園)、仲盛将司選手(シード:高松)、杉原大河選手(丸亀)の3選手が入った。

写真:左から仲盛選手、竹山選手、尾﨑選手、宮原選手、杉原選手

 

2013/06/06

第13回全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技結果

  6月5日、6日に三重県のアリジカントリークラブ花垣コース(6,267Yards/Par72)で、岡山絵里選手(京阪)が139ストローク通算5アンダーで全日本大会2度目の優勝を飾った。2位タイには140ストロークの鈴木萌子選手(千葉よみうり)と石川彩選手(朝霞)がつけ、4位には安田彩乃選手(千葉よみうり)、5位タイに篠原真里亜選手(ひぐち時津)と松原由美選手(千葉よみうり)の2選手が入った。

写真:左から安田選手、鈴木選手、岡山選手、石川選手、篠原選手

 

2013/05/27

西日本パブリック選手権中国地区決勝結果

  5月22日、23日に岡山県の水島ゴルフリンクスで行われた西日本中国地区決勝は、島野 璃央選手が138ストローク通算6アンダーで優勝した。2位タイには139ストロークの金谷拓実選手と山根大輝選手がつけ、4位には岡田絃希選手、5位タイに小坂凌太選手と大嶋炎選手の2選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位9名が6月19日、20日に兵庫県のよみうりゴルフ ウエストコースで開催される全日本に進出した。

 

2013/05/23

東日本パブリック選手権C地区決勝結果

  5月21日、22日に千葉県の八千代ゴルフクラブで行われた東日本C地区決勝は、荒井健人選手が136ストローク通算8アンダーで優勝した。2位には141ストロークの美村凌我選手がつけ、3位タイには金田直之選手、山田直紀選手、5位タイに永野雄亮選手、小野耕平選手、染谷大貴選手、塩田一史選手の4選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位23名が6月19日、20日に兵庫県のよみうりゴルフ ウエストコースで開催される全日本に進出した。

 

2013/05/23

東日本パブリック選手権A地区決勝結果

  5月16日、17日に千葉県の紫あやめ36で行われた東日本A地区決勝は、室井大我選手が142ストローク通算2アンダーで並んだ岩瀬光選手をプレーオフで下し優勝した。3位に篠優希選手、4位に神谷優太選手、5位タイには勝俣陵選手と小川遼太郎選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位25名が6月19日、20日に兵庫県のよみうりゴルフ ウエストコースで開催される全日本に進出した。

 

2013/05/23

西日本パブリック選手権関西地区決勝結果

  5月16日、17日に兵庫県のグランドオークプレイヤーズコースで行われた西日本関西地区決勝は、寺田天我選手が141ストローク通算3アンダーで優勝した。2位は松村大輝選手、3位は小斉平優和選手、4位は一瀬英次選手、5位には柴田将弥選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位48名が6月19日、20日に兵庫県のよみうりゴルフ ウエストコースで開催される全日本に進出した。

 

2013/05/23

西日本パブリック選手権四国地区決勝結果

  5月15日、16日に徳島県のコート・ベール徳島ゴルフクラブで行われた西日本四国地区決勝は、杉原大河選手が144ストローク通算イーブンパーで優勝した。2位タイには145ストロークの谷本伊知郎選手と亀代順哉選手がつけ、4位に仲盛将司選手、5位タイには遠藤健太選手と尾崎竜二選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位8名が6月19日、20日に兵庫県のよみうりゴルフ ウエストコースで開催される全日本に進出した。

 

2013/05/23

西日本女子パブリック選手権地区決勝結果

  5月10日に兵庫県の武庫ノ台ゴルフコースで行われた西日本女子地区決勝は、宮崎乙実選手が1アンダーで優勝した。2位タイには岡山絵里選手と西畑萌香選手の2選手がつけ、4位タイには篠原真里亜選手、澤田知佳選手、公受貴久美選手、辻岡愛理選手の4選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位60名が6月5日、6日に三重県のアリジカントリークラブ花垣コースに開催される全日本に進出した。

 

2013/05/10

中部日本女子パブリック選手権地区決勝結果

  5月9日、10日に三重県のグランシエロゴルフ倶楽部で行われた中部日本女子地区決勝は、結城里麻選手が142ストローク通算2アンダーで優勝した。2位タイには143ストロークの平井亜実選手、橋本千里選手、古川茉由夏選手の3選手がつけ、5位に立浦葉由乃選手が入った。
なお、本競技地区決勝の上位38名が6月5日、6日に三重県のアリジカントリークラブ花垣コースに開催される全日本に進出した。

 

2013/05/06

東日本女子パブリック選手権地区決勝結果

  5月6日に千葉県の千葉よみうりカントリークラブで行われた東日本女子地区決勝は、松原由美選手がスコア73で並んだ美馬つかさ選手をプレーオフで下し優勝した。3位タイにはスコア74で高橋樹里選手、山口すず夏選手、伊藤栞奈選手の3選手がつけた。
なお、本競技地区決勝の上位81名が6月5日、6日に三重県のアリジカントリークラブ花垣コースに開催される全日本に進出した。

 

2013/02/25

ジャパンゴルフフェア2013に出展しました

  第47回ジャパンゴルフフェア2013(主催:社団法人日本ゴルフ用品協会)に今年も出展しました。
会場には3日間トータルで55,115名の来場され、PGSブースにもたくさんのお客様がお越しになりました。
ありがとうございました。

 

2012/10/19

平成24年度全日本シニアパブリック選手権開催

  全日本シニア・女子シニア・ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、兵庫県神戸市の西神戸ゴルフ場(シニア:6,421Yards、女子:5,575Yards、ミッド:6,037Yards/Par72)で、10月17日、18日に36ホールストロークプレーで行われ、男子シニアは永井文雄選手(シード・よみうり)が通算149の5オーバーで優勝を飾った。
女子シニアは、濱口玲子選手(よみうり)が通算161、1打差で2位の武田妙子選手(紫あやめ)を振り切って優勝。
ミッドシニアは、蔡秋明選手(西神戸)が通算146で2位の山川敬止選手に6打差をつけて優勝した。

 

2012/10/02

平成24年度 東日本シニア・女子シニア・ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  東日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技、東日本女子シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技、東日本ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、茨城県筑西市の下館ゴルフ倶楽部(男子:6,245Yards、女子:5,746Yards、ミッド:6,245Yards/Par72)で、9月25日、26日に36ホールストロークプレーで行われ、男子シニアは平山康則選手(昭和の森)が通算143の1アンダーで優勝を飾った。
女子シニアは、伊藤美恵子選手(シード・紫あやめ36)と藤伊津子選手(シード・紫あやめ36)が通算154の10オーバーで並びプレーオフの結果、伊藤選手が優勝を飾った。
ミッドシニアは、矢吹元良選手(シード・紫あやめ36)が通算144のイーブンパーで優勝を飾った。
尚、男子シニア上位31名、女子シニア上位13名、ミッドシニア上位16名が10月17日、18日に西神戸ゴルフ場で開催される全日本シニアへ進出した。

 

2012/09/22

平成24年度 西日本シニア・女子シニア・ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  西日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技、西日本女子シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技、西日本ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、兵庫県加西市の青野運動公苑アオノゴルフコース(男子:6,425Yards、女子:5,887Yards、ミッド:6,425Yards/Par72)で、9月20日、21日に36ホールストロークプレーで行われ、男子シニアは丸山武志選手(シード・アオノ)と丹羽俊一選手(ダンロップ)が、通算141の3アンダーで並びプレーオフの結果、丸山選手が優勝を飾った。
女子シニアは、石川小百合選手(シード・米子)と富田佳子選手(高松)が通算161の17オーバーで並びプレーオフの結果、石川選手が優勝を飾った。
ミッドシニアは、菅原健選手(西神戸)が通算146の2オーバーで優勝を飾った。
尚、男子シニア上位36名、女子シニア上位12名、ミッドシニア上位25名が10月17日、18日に西神戸ゴルフ場で開催される全日本シニアへ進出した。

 

2012/09/21

平成24年度 中部日本シニア・女子シニア・ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  中部日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技、中部日本女子シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技、中部日本ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、三重県伊賀市のアリジカントリークラブ花垣コース(男子:6,693Yards、女子:5,815Yards、ミッド:6,380Yards/Par72)で、9月19日、20日に36ホールストロークプレーで行われ、男子シニアは金村正春選手(シード・名古屋港)が通算149の5オーバーで優勝を飾った。
女子シニアは、八田美恵子選手(シード・名古屋広幡)が通算163の19オーバーで優勝を飾った。
ミッドシニアは、五十川康雄選手(名古屋港)が通算151の7オーバーで優勝を飾った。
尚、男子シニア上位26名、女子シニア上位8名、ミッドシニア上位16名が10月17日、18日に西神戸ゴルフ場で開催される全日本シニアへ進出した。

写真は左から男子シニア優勝:金村選手、女子シニア優勝:八田選手、ミッドシニア優勝:五十川選手

 

2012/09/07

平成24年度 第6回全日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技開催

  創立50周年記念・第6回全日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技は、徳島県阿南市のコート・ベール徳島ゴルフクラブ(男子:7,011Yards、女子:6,070Yards/男女ともPar72)で、9月5日、6日に36ホールストロークプレーで行われ、男子部門は尾崎竜二選手(コート・ベール徳島)と谷本伊知郎選手(シード・高松)が通算138の6アンダーで並びプレーオフの末、尾崎選手が優勝を飾った。
女子部門は、初日トップと2打差の2位タイにつけていた鈴木智子選手(シード・名古屋広幡)が、2日目75で回り通算149ストロークの5オーバーで逆転優勝を飾った。

 

2012/08/28

平成24年度北海道・青森パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝開催

  北海道・青森パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝は8月27日(月)、28日(火)、北海道恵庭市の隨縁カントリークラブ恵庭コース(6,914ヤード・パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

初日66で回りトップにたった宮本太郎選手=隨縁=が2日目74としトータル140、通算4アンダーで逃げ切り優勝を飾った。

尚、上位3名が、平成25年6月に行われる全日本大会への出場権を得た。

 

2012/08/12

平成24年度東日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技A地区決勝開催

  東日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技A地区決勝は7月31日(火)、8月1日(水)、茨城県東茨城郡のウィンザーパークゴルフアンドカントリークラブ(7,049ヤード・パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

初日70で回りトップにたった大山和則選手=シード・下館=が2日目72としトータル142、通算2アンダーで逃げ切り優勝を飾った。

尚、上位38名が、9月にコート・ベール徳島ゴルフクラブ(徳島県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

 

2012/08/02

ゴルフ場利用税廃止運動全国一斉陳情活動を実施しました。

  当協会を含めゴルフ関連16団体で組織するゴルフ場利用税廃止運動推進本部は7月30日、全国一斉陳情活動を実施しました。

中央では、ゴルフ関連団体代表者等が集結し、ゴルフ振興議員連盟総会(自民党)、スポーツゴルフ確立のための議員連盟総会(超党派)での要望活動に続き、総務省にて、川端達夫総務大臣に約122万人に及ぶ利用税廃止要望署名簿と要望書を提出しました。
また、47都道府県においては、各都道府県ゴルフ競技団体とゴルフ場支配人会の代表者に連携いただき、各知事宛に同要望書を提出しました。

ゴルフ場利用税廃止運動の署名活動にご協力いただきましたゴルファーの皆様にを感謝申し上げます。

 

2012/08/02

平成24年度中部日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技開催

   中部日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技男女部門決勝は7月26日(木)、27日(金)、三重県津市のグランシエロゴルフ倶楽部(男子6,722ヤード・パー72、女子5,912ヤード・パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

男子部門は、初日トップタイにつけた小山正行選手=名古屋港=が2日目73で回りトータル144、通算イーブンパーで大会初優勝。女子部門は初日トップと3打差の2位タイにつけた鈴木智子選手=シード・名古屋広幡=が2日目71で回りトータル147、通算3オーバーとし、逆転優勝を飾った。

尚、男子部門上位34名、女子部門上位7名が、9月にコート・ベール徳島ゴルフクラブ(徳島県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

(写真は左から男子部門優勝・小山選手、女子部門優勝・鈴木選手)

 

2012/07/30

平成24年度西日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技開催

  西日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技男女部門決勝は7月26日(木)、27日(金)、兵庫県西宮市のよみうりゴルフ ウエストコース(男子7,196ヤード・パー72、女子6,189ヤード・パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

男子部門は、初日71で回りトップにたった恒藤高弘選手=北神戸=が2日目74のトータル145、通算1オーバーで逃げ切り大会初優勝。女子部門も初日76でトップの大仲桃恵選手=シード・グランドオーク=が2日目78としトータル154、通算10オーバーで逃げ切り大会初優勝を飾った。

尚、男子部門上位56名、女子部門上位17名が、9月にコート・ベール徳島ゴルフクラブ(徳島県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

 

2012/07/30

平成24年度北海道・青森地区パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技男子決勝開催

  北海道・青森地区パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技男子決勝は7月27日(金)、北海道北広島市のダイナスティゴルフクラブ(7,053ヤード・パー72)にて、18ホールストロークプレーで行われた。

2位に3打差の74で回った髙橋光国選手=隨縁=が大会初優勝を飾った。

尚、上位3名が、9月にコート・ベール徳島ゴルフクラブ(徳島県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

 

2012/07/26

平成24年度東日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技B地区・女子決勝開催

  東日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技B地区・女子決勝は7月24日(火)、25日(水)、長野県茅野市の鹿島南蓼科ゴルフコース(男子6,638ヤード・パー72、女子6,233ヤード・パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

男子部門は、初日トップと1打差の2位につけた深沢元選手=清里=が2日目3バーディ、3ボギーの72で回りトータル144、通算イーブンパーで逆転し大会初優勝。女子部門は初日トップタイの宮下ひとみ選手=八千代=が2日目79でトータル155、通算11オーバーとし、こちらも大会初優勝を飾った。

尚、男子部門上位28名、女子部門上位16名が、9月にコート・ベール徳島ゴルフクラブ(徳島県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

(写真は左から男子部門優勝・深沢選手、女子部門優勝・宮下選手)

 

2012/06/12

平成24年度第1回通常社員総会、創立50周年記念パーティー開催

  6月11日(月)、八重洲富士屋ホテル(東京都)にて平成24年度第1回通常社員総会と創立50周年記念パーティーが開催された。記念パーティーには約130名の協会加盟コース、協会OB、歴代優勝者、ゴルフ関連団体、メディア等の関係者が参加した。

記念パーティーに先立ち開催された社員総会では、浅井光昭会長に代わり、三野哲治新会長が就任し、「創立以来の理念と精神を念頭に置き、ゴルフ界関係者、並びに会員の皆様と共に、ゴルフ界の活性化に精一杯努めたい」と就任あいさつを行った。

パーティーには、第6回全日本パブリック選手権を制した中嶋常幸プロも列席いただき、パブリック選手権の思い出などをお話しいただいた。

 

2012/06/07

平成24年度 第46回全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  創立50周年記念・第46回全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、千葉県野田市の紫あやめ36・EASTコース(6,447Yards/Par71)で、6月5日、6日に36ホールストロークプレーで行われ、初日70で回り4位タイにつけていた北村聡馬選手(亀山)が、2日目4バーディ1ボギーの68、通算138の4アンダーでラウンドし逆転、今大会初優勝を飾った。

尚、この模様は7月2日(月)22:30~23:00他にゴルフネットワークにて放映されます。

 

2012/06/01

平成24年度 第12回全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  創立50周年記念・第12回全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、千葉県八千代市の八千代ゴルフクラブ(6,210Yards/Par72)で、5月30日、31日に36ホールストロークプレーで行われ、初日74で回り2位タイにつけていた保坂真由選手(新玉村)が、2日目5バーディ1ボギーの68、通算142の2アンダーでラウンドし逆転、今大会初優勝を飾った。

尚、この模様は7月2日(月)22:30~23:00他にゴルフネットワークにて放映されます。

 

2012/05/18

平成24年度東日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技B地区決勝開催

  平成24年度東日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技B地区決勝は、長野県諏訪郡の富士見高原ゴルフコースで、5月16日、17日に36ホールストロークプレーで行われ、141の3アンダーで回った岩波肇選手が2位に3打差をつけ優勝を飾った。

東日本B地区からは、31位タイの上位31名(マッチングスコアカード方式による)が、6月5日、6日に紫あやめ36(千葉県)で行われる全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2012/05/18

平成24年度西日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技中国地区決勝開催

  平成24年度西日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技中国地区決勝は、広島県福山市のマーメイド福山ゴルフクラブで、5月15日、16日に36ホールストロークプレーで行われ、142の2アンダーで回った小坂凌太選手が、里見侑亮選手とのプレーオフを制し優勝した。

西日本中国地区からは、8位タイの上位9名(マッチングスコアカード方式による)が、6月5日、6日に紫あやめ36(千葉県)で行われる全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2012/05/18

平成24年度西日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技四国地区決勝開催

  平成24年度西日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技四国地区決勝は、徳島県阿南市のコート・ベール徳島ゴルフクラブで、5月16日、17日に36ホールストロークプレーで行われ、141の3アンダーで回った尾崎竜二選手が2位に4打差をつけ優勝を飾った。

西日本四国地区からは、7位タイの上位7名(マッチングスコアカード方式による)が、6月5日、6日に紫あやめ36(千葉県)で行われる全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2012/05/18

平成24年度中部日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝開催

  平成24年度中部日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝は、愛知県弥富市の名古屋港ゴルフ倶楽部(富浜コース)で、5月16日、17日に36ホールストロークプレーで行われ、141の3アンダーで回った太田大士選手が2位に2打差をつけ優勝を飾った。

中部日本地区からは、27位タイの上位31名(マッチングスコアカード方式による)が、6月5日、6日に紫あやめ36(千葉県)で行われる全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2012/05/18

平成24年度東日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技A地区決勝開催

  平成24年度東日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技A地区決勝は、栃木県那須郡のうぐいすの森ゴルフクラブ&ホテル馬頭で、5月12日、13日に36ホールストロークプレーで行われ、139の5アンダーで回った遠藤孝選手が2位に4打差をつけ優勝を飾った。

東日本A地区からは、35位タイの上位35名(マッチングスコアカード方式による)が、6月5日、6日に紫あやめ36(千葉県)で行われる全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2012/05/13

平成24年度東日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝開催

  平成24年度東日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝は、長野県北佐久郡の三井の森軽井沢カントリー倶楽部で、5月13日に18ホールストロークプレーで行われ、70の2アンダーで回った浜上佳奈選手が長谷川理那選手とのプレーオフを制し優勝を飾った。

東日本地区からは、99位タイの上位105名(マッチングスコアカード方式による)が、5月30日、31日に八千代ゴルフクラブ(千葉県)で行われる全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2012/05/11

平成24年度西日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝開催

  平成24年度西日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝は、兵庫県神戸市のダンロップゴルフコースで、5月11日に18ホールストロークプレーで行われ、67の5アンダーで回った松原由美選手が西日本女子パ選地区決勝での最年少優勝を飾った。

西日本地区からは、55位タイの上位58名(マッチングスコアカード方式による)が、5月30日、31日に八千代ゴルフクラブ(千葉県)で行われる全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2012/05/10

平成24年度中部日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝開催

  平成24年度中部日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝は、愛知県弥富市の名古屋港ゴルフ倶楽部(富浜コース)で、5月10日に18ホールストロークプレーで行われ、69の3アンダーで回った野澤真央選手が2位に4打差をつけ優勝を飾った。

中部日本地区からは、14位タイの上位16名(マッチングスコアカード方式による)が、5月30日、31日に八千代ゴルフクラブ(千葉県)で行われる全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2012/04/09

平成24年度全日本パブリック選手権、全日本女子パブリック選手権テレビ放映決定

  第46回全日本パブリック選手権(紫あやめ36)、第12回全日本女子パブリック選手権(八千代GC)の模様が、ゴルフネットワークで放映されます。

放映日:6月下旬~7月上旬(予定)
※放映日が決まり次第、ホームページにて発表いたします。

 

2012/02/20

ジャパンゴルフフェア2012ご来場ありがとうございました

  今年も2/17~19の3日間で5万人以上の方々が来場したジャパンゴルフェア2012。
50周年を迎える当協会のブースにも連日大勢のお客様がお越しになり、大盛況のうちに終えることができました。
誠にありがとうございました。

 

2012/02/01

ジャパンゴルフフェア2012に出展します

  今年も『ジャパンゴルフフェア2012』に出展します。
クイズに正解すると、キャップやバイザーさらには1,000円割引券をもれなくプレゼント!
是非、アトリウム内のPGSブースまでお越しください。
よろしくお願いします。

ジャパンゴルフフェア2012
主催:社団法人日本ゴルフ用品協会
期間:2012年2月17日~19日
会場:東京ビッグサイト

 

2012/01/13

2012年ゴルフ新年会、日本ゴルフサミット会議開催

  1月13日(金)、都内ホテルにてゴルフ関連団体が主催するゴルフ新年会が開催された。同新年会には約750名のゴルフ関連企業、メディア等の関係者が参加し、親睦を深めた。

新年会パーティーに先立ち開催された日本ゴルフサミット会議ではゴルフ17団体のトップが一堂に会し、2012年のゴルフ界全体の活動計画について議論され「1.ゴルフ界は積極的にグリーン・ティー・チャリティーに取り組む」「2.ゴルフ界は環境問題に積極的に取り組む」「3.ゴルフ場利用税撤廃運動の継続」「4.国家公務員倫理規定における「ゴルフ」の削除」「5.ゴルフ活性化の取組み」の5項目に取り組むことを決定した。

また、スポーツジャーナリスト・二宮清純氏による新春特別企画講演「がんばれゴルフ、活性化への提言」も開催。立見が出るほど大盛況の中、1時間の講演を行った。

【ゴルフ新年会主催17団体】 ※順不同
(財)日本ゴルフ協会、公益社団法人日本パブリックゴルフ協会、公益社団法人ゴルフ緑化促進会、(社)日本ゴルフ事業協会、(社)全日本ゴルフ練習場連盟、(社)日本ゴルフ用品協会、一般社団法人日本ゴルフトーナメント振興協会、(社)日本プロゴルフ協会、(社)日本ゴルフツアー機構、(社)日本女子プロゴルフ協会、日本ゴルフ関連団体協議会、NPO日本芝草研究開発機構、全国ゴルフ会員権取引業団体連絡会、全国ゴルフ場関連事業協会、日本ゴルフコース設計者協会、日本ゴルフジャーナリスト協会、日本ゴルフ場支配人会連合会

 

2011/10/21

第8回全日本ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  第8回全日本ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は10月19日(水)、20日(木)、群馬県高崎市の榛名の森カントリークラブ(6260ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

初日71でトップにつけていた堀田昇選手=森林公園=が2日目76をマークしトータル147、通算3オーバーで逃げ切り優勝を飾った。

(写真は左から2位・会沢選手、優勝・堀田選手、3位・伊藤選手)

 

2011/10/21

第17回全日本女子シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  第17回全日本女子シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は10月19日(水)、20日(木)、群馬県高崎市の榛名の森カントリークラブ(5883ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

初日トップと7打差の5位タイにつけていた高木美知子選手=シード・昭和の森=が2日目77をマークしトータル159、通算15オーバーで逆転優勝を飾った。

(写真は左から2位・桝田選手、優勝・高木選手、3位・君塚選手)

 

2011/10/21

第17回全日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  第17回全日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は10月19日(水)、20日(木)、群馬県高崎市の榛名の森カントリークラブ(6479ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

初日トップタイにつけていた西田哲三選手=妻沼=が2日目74をマークしトータル145、通算1オーバーで優勝を飾った。

(写真は左から4位・岩井選手、2位・小川選手、優勝・西田選手、3位・松山選手、5位・松本選手)

 

2011/10/04

平成23年度東日本ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  東日本ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は9月28日(水)、29日(木)、長野県北佐久郡の三井の森軽井沢カントリー倶楽部(6233ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

初日トップと10打差の19位タイにつけていた遠藤斌選手=シード・八千代=が2日目68で回りトータル149、通算5オーバーとし大逆転優勝を決めた。

尚、東日本地区からは、ミッドシニア上位22名が10月に榛名の森カントリークラブ(群馬県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

(写真は左から2位・渡辺選手、優勝・遠藤選手、3位・加藤選手)

 

2011/10/04

平成23年度東日本女子シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  東日本女子シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は9月28日(水)、29日(木)、長野県北佐久郡の三井の森軽井沢カントリー倶楽部(5559ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

初日トップと2打差の4位タイにつけていた上條春海選手=富士見高原=が2日目78で回りトータル160、通算16オーバーとし逆転優勝を飾った。

尚、東日本地区からは、女子シニア上位16名が10月に榛名の森カントリークラブ(群馬県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

(写真は左から2位・高木選手、優勝・上條選手、3位・桝田選手)

 

2011/10/04

平成23年度東日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  東日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は9月28日(水)、29日(木)、長野県北佐久郡の三井の森軽井沢カントリー倶楽部(6474ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

初日トップにつけていた岩波肇選手=シード・清里=が2日目72で回りトータル145、通算1オーバーで逃げ切り優勝を飾った。

尚、東日本地区からは、男子シニア上位38名が10月に榛名の森カントリークラブ(群馬県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

(写真は左から2位・高山選手、優勝・岩波選手、3位・下田選手、5位・一寸木選手)

 

2011/09/20

平成23年度中部日本ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  中部日本ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は9月14日(水)、15日(木)、岐阜県美濃加茂市の正眼寺カントリークラブ(6029ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

初日トップと2打差の2位タイにつけていた浜島厳選手=名古屋広幡=が2日目72で回りトータル145、通算1オーバーとし逆転優勝を飾った。

尚、中部日本地区からは、ミッドシニア上位16名が10月に榛名の森カントリークラブ(群馬県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

(写真は左から2位・小野田選手、優勝・浜島選手、3位・飯塚選手)

 

2011/09/20

平成23年度中部日本女子シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  中部日本女子シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は9月14日(水)、15日(木)、岐阜県美濃加茂市の正眼寺カントリークラブ(5602ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

初日トップと5打差の7位タイにつけていた井田和子選手=アリジ=が2日目77で回りトータル161、通算17オーバーとし逆転優勝を飾った。

尚、中部日本地区からは、女子シニア上位7名が10月に榛名の森カントリークラブ(群馬県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

(写真は左から2位・八田選手、優勝・井田選手、3位・国本選手)

 

2011/09/20

平成23年度中部日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  中部日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は9月14日(水)、15日(木)、岐阜県美濃加茂市の正眼寺カントリークラブ(6107ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

初日トップタイにつけていた小山正行選手=正眼寺=が2日目69で回りトータル139、通算5アンダーで逃げ切り優勝を飾った。

尚、中部日本地区からは、男子シニア上位23名が10月に榛名の森カントリークラブ(群馬県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

(写真は左から4位・深谷選手、2位・金村選手、優勝・小山選手、3位・島田選手、5位・吉田選手)

 

2011/09/09

第5回全日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技開催!

  第5回全日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技は9月7日(水)、8日(木)、千葉県長生郡のラ・ヴィスタ ゴルフリゾート(男子6826ヤード、女子6171ヤード、ともにパー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

男子部門は、初日トップと1打差の4位タイにつけていた武内友基選手=シード・セントレジャー千葉=が2日目にこの日ベストスコアとなる69をマークしトータル140、通算4アンダーで逆転。大会初優勝を飾った。女子部門も初日トップと2打差の2位につけていた田中博子選手=紫・あやめ=が2日目に73をマークしトータル148、通算4オーバーで逆転し大会初優勝を決めた。

(写真は左から男子部門優勝・武内選手、女子部門優勝・田中選手)

 

2011/08/31

平成23年度北海道・青森パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝開催

  平成23年度北海道・青森パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝は、北海道恵庭市の隨縁カントリークラブ恵庭コース(6914ヤード・パー72)で、8月29日、30日の2日間36ホールストロークプレーで行われ、トータル145の1オーバーで回った佐藤太地選手(シード・CL札幌)と張營基選手(日刊アマ)との3ホールに及ぶプレーオフの末、佐藤選手が本大会初優勝を決めた。

北海道・青森地区からは、上位3名が平成24年度開催の全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。
(写真は左から2位・張選手、優勝・佐藤選手、3位・沢田選手)

 

2011/08/10

平成23年度東日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技A地区・女子決勝開催

  東日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技A地区・女子決勝は8月2日(火)、3日(水)、茨城県筑西市の下館ゴルフ倶楽部(男子6719ヤード・パー72、女子5857ヤード・パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

男子部門は、初日19位タイの木下輝洋選手=うぐいすの森水戸=が2日目に5バーディ、ノーボギーの67を叩き出し、トータル144、通算イーブンパーで8打差を大逆転し大会初優勝。女子部門は初日2位タイの海野睦美選手=シード・妻沼=が2日目71でトータル147、通算3オーバーとし、逆転優勝を飾った。

尚、男子部門上位34名、女子部門上位20名が、9月にラ・ヴィスタゴルフリゾート(千葉県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

(写真は左から男子部門優勝・木下選手、女子部門優勝・海野選手)

 

2011/08/01

平成23年度東日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技B地区決勝開催

  東日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技B地区決勝は7月25日(月)、26日(火)、東京都稲城市の東京よみうりカントリークラブ(6977ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

初日5位タイにつけていた水野潤一選手=シード・富士ゴルフコース=が2日目を75で回りトータル149。通算5オーバーで並んだ藤原功司選手=千葉よみうり=、有我栄一郎選手=富士見高原=、籠手田安朗選手=富士グリーンヒル=とのプレーオフを下し、水野選手が優勝を飾った。

尚、上位41名が、9月にラ・ヴィスタゴルフリゾート(千葉県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

 

2011/07/29

平成23年度中部日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技開催

  中部日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技は7月28日(木)、29日(金)、愛知県尾張旭市の森林公園ゴルフ場(男子6674ヤード・パー71、女子5985ヤード・パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

男子部門は、初日2位タイにつけた土岐明彦選手=正眼寺=が2日目に73をマークし、トータル142、通算イーブンパーで1打差を逆転し優勝。女子部門は初日トップタイの吉川美香選手=シード・グランシエロ=が2日目78でトータル156、通算12オーバーとし、優勝を飾った。

尚、男子部門上位28名、女子部門上位6名が、9月にラ・ヴィスタゴルフリゾート(千葉県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

(写真は左から男子部門優勝・土岐選手、女子部門優勝・吉川選手)

 

2011/07/29

平成23年度北海道・青森パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技開催

  北海道・青森パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技は7月29日(金)、北海道北広島市のセントレジャーゴルフクラブ札幌(パー72)にて、18ホールストロークプレーで行われた。

立花和博選手=シード・隨縁=が37、38の75。3オーバーで2位グループに3打差をつけ今大会初優勝を決めた。

尚、上位2名が9月にラ・ヴィスタゴルフリゾート(千葉県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

 

2011/07/22

平成23年度西日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技開催

  西日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技は7月21日(木)、22日(金)、兵庫県神戸市の武庫ノ台ゴルフコース(男子6829ヤード、女子6086ヤード、ともにパー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

男子部門は、初日3位タイにつけた谷本伊知郎選手=高松=が2日目に69をマークし、トータル140、通算4アンダーで2打差を逆転し優勝。女子部門は初日トップの守谷敦子選手=シード・水島=が2位に5打差のトータル144、通算イーブンパーで逃げ切り大会3連覇を決めた。

尚、男子部門上位39名、女子部門上位9名が、9月にラ・ヴィスタゴルフリゾート(千葉県)で行われる全日本大会への出場権を得た。

(写真は左から男子部門優勝・谷本選手、女子部門優勝・守谷選手)

 

2011/06/09

平成23年度全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  平成23年度全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、兵庫県加東市のグランドオークゴルフクラブ(6,975ヤード、パー72)にて、6月8日、9日の2日間36ホールストロークプレーで行われた。

初日68の4アンダーでトップタイにつけていた比嘉一貴選手=宜野座=(16歳)が、2日目67をマークし通算135の9アンダーで2位に4打差をつけ逃げ切り大会初優勝を決めた。

 

2011/06/02

平成23年度全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  平成23年度全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、滋賀県甲賀市のベアズパウジャパンカントリークラブ(6,262ヤード、パー72)にて、6月1日、2日の2日間36ホールストロークプレーで行われた。

初日75の3オーバー6位タイにつけていた岡山絵里選手=京阪=(14歳)が、2日目に69をマークし4打差を逆転。通算144のイーブンパーで大会最年少優勝を飾った。

 

2011/05/22

平成23年度東日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技A地区決勝開催

  平成23年度東日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技A地区決勝は、栃木県宇都宮市のイーストウッドカントリー倶楽部で、5月19日、20日の2日間36ホールストロークプレーで行われ、トータル145の1オーバーで回った金智宇選手(古河)が、2位グループに3打差をつけ優勝を飾った。

東日本A地区からは、22位タイ22名(マッチングスコアカード方式による)が6月8日、9日にグランドオークゴルフクラブ(兵庫県)で行われる全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2011/05/22

平成23年度西日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技中国地区決勝開催

  平成23年度西日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技中国地区決勝は、岡山県苫田郡の奥津ゴルフ倶楽部で、5月18日、19日の2日間36ホールストロークプレーで行われ、トータル145の1オーバーで回った加藤龍太郎選手(シード・岡山空港)が、2位グループに1打差をつけ優勝を飾った。

西日本中国地区からは、8位タイ8名(マッチングスコアカード方式による)が6月8日、9日にグランドオークゴルフクラブ(兵庫県)で行われる全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2011/05/22

平成23年度中部日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝開催

  平成23年度中部日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝は、愛知県豊田市の名古屋広幡ゴルフコースで、5月18日、19日の2日間36ホールストロークプレーで行われ、トータル144のイーブンパーで回った金子直矢選手(名古屋広幡)が、2位に1打差をつけ優勝を飾った。

中部日本地区からは、29位タイ33名(マッチングスコアカード方式による)が6月8日、9日にグランドオークゴルフクラブ(兵庫県)で行われる全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2011/05/22

平成23年度東日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技B地区決勝開催

  平成23年度東日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技B地区決勝は、群馬県高崎市の榛名の森カントリークラブで、5月18日、19日の2日間36ホールストロークプレーで行われ、トータル143の1アンダーで回った米山勇樹選手(富士グリーンヒル)が、2位に1打差をつけ優勝を飾った。

東日本B地区からは、20位タイまでの25名が6月8日、9日にグランドオークゴルフクラブ(兵庫県)で行われる全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2011/05/22

平成23年度西日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技九州地区決勝開催

  平成23年度西日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技九州地区決勝は、福岡県鞍手郡のセントレジャーゴルフクラブ鞍手で、5月17日、18日の2日間36ホールストロークプレーで行われ、トータル138の6アンダーで回った比嘉一貴選手(宜野座)が、2位に5打差をつけ優勝を飾った。

西日本九州地区からは、10位タイ10名(マッチングスコアカード方式による)が6月8日、9日にグランドオークゴルフクラブ(兵庫県)で行われる全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2011/05/22

平成23年度西日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技関西地区決勝開催

  平成23年度西日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技関西地区決勝は、兵庫県神戸市のダンロップゴルフコースで、5月17日、18日の2日間36ホールストロークプレーで行われ、トータル139の5アンダーで回った森岡俊一郎選手(シード・グランドオーク)が、2位に2打差をつけ優勝を飾った。

西日本関西地区からは、51位タイ51名(マッチングスコアカード方式による)が6月8日、9日にグランドオークゴルフクラブ(兵庫県)で行われる全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2011/05/22

平成23年度中部日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝開催

  平成23年度中部日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝は、愛知県豊田市の名古屋広幡ゴルフコースで、5月12日に18ホールストロークプレーで行われ、71の1アンダーで回った橋本千里選手が2位に1打差をつけ優勝を飾った。

中部日本地区からは、15位タイの17名(マッチングスコアカード方式による)が、6月1日、2日にベアズパウジャパンカントリークラブ(滋賀県)で行われる全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2011/05/13

平成23年度西日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝開催

  平成23年度西日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝は、兵庫県加西市の青野運動公苑アオノゴルフコースで、5月13日18ホールストロークプレーで行われ、石山千晶選手(アオノ)が69の3アンダーで回り、2位に2打差をつけ優勝を飾った。

西日本地区からは、72位タイ84名(マッチングカード方式による)が6月1日、2日にベアズパウジャパンカントリークラブ(滋賀県)で行われる全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2011/05/08

平成23年度東日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝開催

  平成23年度東日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技地区決勝は、栃木県大田原市の那須野ヶ原カントリークラブで、5月8日18ホールストロークプレーで行われ、渡辺彩香選手(シード・富士グリーンヒル)が70の2アンダーで回り、2位グループに2打差をつけ優勝を飾った。

東日本地区からは、76位タイ79名(マッチングカード方式による)が6月1日、2日にベアズパウジャパンカントリークラブ(滋賀県)で行われる全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2011/05/08

平成23年度東日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技C地区決勝開催

  平成23年度東日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技C地区決勝は、千葉県市原市の千葉よみうりカントリークラブで、5月7日、8日の2日間36ホールストロークプレーで行われ、トータル144のイーブンパーで並んだ副田裕斗選手(千葉よみうり)と、加門大典選手(千葉よみうり)による2ホールに渡るプレーオフの末、副田選手が優勝を飾った。

東日本C地区からは、19位タイまでの21名が6月8日、9日にグランドオークゴルフクラブ(兵庫県)で行われる全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権への出場権を得た。

 

2011/04/05

日本ゴルフ界合同・震災復興支援チャリティープロジェクト「グリーン・ティー・チャリティー」を発足

  4月4日、都内で公益社団法人日本パブリックゴルフ協会をはじめとする20のゴルフ関連団体が一堂に会し、「日本ゴルフ界合同・震災復興支援チャリティープログラム」の記者発表会を開催しました。

本チャリティープログラムは、東日本大震災で被災された方々や被害を受けた地域の1日でも早い復興のため、「日本のゴルフが、日本のチカラに。」を統一スローガンに掲げ、日本のゴルフ界が一致団結して、これまで以上に支援の輪を拡げ、力強く、そして有効な支援活動につなげていくことといたしました。

●支援活動内容
【ゴルフトーナメント】
・日本3オープン(JGA)、日本プロゴルフ選手権(PGA)、男子ツアー(JGTO)、女子ツアー(LPGA)、シニアツアー(PGA)の本年度開催されるすべてをチャリティートーナメントとし、賞金の一部をチャリティーとします。
【ギャラリー】
・チャリティーグッズ販売、募金箱設置、入場料の一部をチャリティーとします。
・ギャラリープラザでチャリティーイベントを開催いたします。
 ※参考 ギャラリー数 2010年実績 男子ツアー:607,000人、女子ツアー:542,000人
【ゴルフ場・練習場への来場者】
・チャリティーグッズ販売、募金箱設置などを行います。
・関連団体と連携し、義援金を募る仕組を構築します。
 ※参考 ゴルフ場来場者数 2009年実績(延べ人数) 91,642,000人
【アマチュア競技参加者】
・チャリティーグッズ販売、募金箱設置などを行います。
・競技に参加することにより支援に繋がる仕組みを構築します。
【その他】
・各団体で行っている独自の支援策をサポートします。
・ゴルフ関連団体の支援のまとめを行います。
・海外ゴルフ関連団体(USGA、R&A、APGC、各国PGAツアーなど)の支援のまとめを行います。

●活動状況・義援金について
活動状況や集められた義援金につきましては、「日本ゴルフ界合同・震災復興支援チャリティープログラム事務局」で包括し、随時ホームページなどでご報告させていただきます。

●日本ゴルフ界合同・震災復興支援チャリティープログラム事務局
 財団法人日本ゴルフ協会 電話:03-3566-0003

 

2011/02/20

ジャパンゴルフフェア2011開催

  ジャパンゴルフフェア2011(主催:社団法人日本ゴルフ用品協会)が2月18日~20日の会期で東京ビッグサイトで開催された。
初日18日(金)には、ゴルフ史研究家でもあるPGS理事の久保田誠一氏による講演(テーマ:オリンピックとゴルフ)も行われた。
PGSではブースも出展し協会をPR。多くのお客様が来場し、ブースで出題されたクイズに解答しオリジナルキャップ、バイザーをはじめとする賞品を手にされた。

 

2011/01/18

2011年ゴルフ新年会開催!!

  1月14日(金)、都内ホテルにてゴルフ16団体が主催するゴルフ新年会が開催された。同新年会には約700名のゴルフ関連企業、メディア等の関係者が参加し、親睦を深めた。

新年会パーティーに先立ち開催された日本ゴルフサミット会議ではゴルフ16団体のトップが一堂に会し、2011年のゴルフ界全体の活動計画について議論され「1.ゴルフ界は環境問題に積極的に取り組む」「2.ゴルフ場利用税撤廃運動の継続」「3.国家公務員倫理規定におけるゴルフの削除」「4.楽しくゴルフをプレーしていただくためのキャンペーン活動の提唱」の4項目に取り組むことを決定した。

また、石川遼プロの父・勝美氏による新春特別企画講演「親が子供に教えるべきこと」も開催。立見が出るほど大盛況の中、遼プロとのエピソードを交えながら、1時間の講演を行った。

【ゴルフ新年会主催16団体】 ※順不同
(財)日本ゴルフ協会、(公社)日本パブリックゴルフ協会、(社)ゴルファーの緑化促進協力会、(社)日本ゴルフ場事業協会、(社)全日本ゴルフ練習場連盟、(社)日本ゴルフ用品協会、(社)日本ゴルフトーナメント振興協会、(社)日本プロゴルフ協会、(社)日本ゴルフツアー機構、(社)日本女子プロゴルフ協会、日本ゴルフ関連団体協議会、NPO日本芝草研究開発機構、全国ゴルフ会員権取引業団体連絡会、全国ゴルフ場関連事業協会、日本ゴルフコース設計者協会、日本ゴルフジャーナリスト協会

 

2010/10/26

第16回全日本女子シニア選手権、第7回全日本ミッドシニア選手権開催

  第16回全日本女子シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技、第7回全日本ミッドシニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は、10月20日(水)、21日(木)、栃木県大田原市の那須野ヶ原カントリークラブ(女子シニア5876ヤード、男子シニア6317ヤード、ともにパー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

女子シニアは、通算17オーバー、161で並んだ武田妙子選手=シード・ウィンザーパーク=と、石黒節子選手=新潟サンライズ=のプレーオフとなり、1ホール目をパーとした東日本3連覇の武田選手が、悲願の全日本初優勝を飾った。

ミッドシニアは、初日、トップに1打差の2位につけていた伊藤正幸選手=紫あやめ=が、2日目を75で回り、通算5オーバーの149で逆転優勝を飾った。

(写真は左からミッドシニア優勝・伊藤選手、女子シニア優勝・武田選手)

 

2010/10/14

第16回全日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技開催

  第16回全日本シニアパブリックアマチュアゴルフ選手権競技は10月13日(水)、14日(木)、徳島県阿南市のコート・ベール徳島ゴルフクラブ(6610ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

初日、唯一のアンダーパーを叩きだした水野憲治選手=正眼寺=が、2日目75のトータル146、通算2オーバーとし2位に1打差をつけ逃げ切り、大会初優勝を決めた。

(写真は左から里見徳島県副知事、優勝した水野選手、浅井大会会長)

 

2010/09/09

第4回全日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技開催!

  第4回全日本パブリックミッドアマチュアゴルフ選手権競技は9月8日(水)、9日(木)、兵庫県西宮市のよみうりゴルフ ウエストコース(男子7196ヤード、女子6189ヤード、ともにパー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

男子部門は、初日トップの島賢司選手=小杉=が2位に1打差のトータル147、通算3オーバーで逃げ切って大会初優勝。女子部門も初日トップの沓沢良子選手=ラ・ヴィスタ=が2位に3打差のトータル148、通算4オーバーで逃げ切り2年ぶり2度目の優勝を決めた。

(写真は左から男子部門優勝・島選手、女子部門優勝・沓沢選手)

 

2010/06/24

7月1日からゴルフ場利用税廃止署名運動を開始します

  6月21日(月)、ゴルフ関連団体で構成する「ゴルフ場利用税廃止運動推進本部(会長・小宮山義孝)」は、ゴルフ場利用税廃止運動についての共同記者会見を都内ホテルで行った。
署名活動は、7月1日から9月30日までの3ヶ月間で、全国のゴルフ場及びゴルフ練習場、ゴルフショップ等で200万人を目標とすると発表しました。

ゴルフ場利用税廃止運動は、下記の通り行われます。
【ゴルフ場利用税廃止署名活動】
・目標署名者数:200万人
・署名運動期間:7月1日(木)~9月30日(木)
・署名場所  :全国のゴルフ場及び練習場、ショップ等

 

2010/06/11

第44回全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技

   第44回全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権競技は6月9日(水)、10日(木)、愛知県尾張旭市の森林公園ゴルフ場・西コース(6832ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。

初日10バーディ、1ボギーの63のコースレコードをマークした川村昌弘選手=中部日本シード=が2日目も5つスコアを伸ばし、トータル130の14アンダーで大会初優勝を決めた。ディフェンディングチャンピオンの伊藤誠道選手=全日本シード=は、6打差の2位で終わった。
川村選手の14アンダーは、本大会36ホールストロークプレーの最小ストローク記録。
(写真は左から4位・土岐選手、2位・伊藤選手、優勝・川村選手、3位・佐藤選手、5位・前田選手)

 

2010/06/03

第10回全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技が開催!

  第10回全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権競技は6月2日(水)、3日(木)、千葉県八千代市の八千代ゴルフクラブ(6149ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。
初日4バーディ、ノーボギーの4アンダーでトップに立った酒井美紀選手=シード・那須野ヶ原=が2日目も2つスコアを伸ばし、トータル138でホールアウト。2位の青木瀬令奈選手=千葉よみうり=に6打差をつける圧勝で、大会初優勝を決めた。
(写真は左から4位・渡辺選手、2位・青木選手、優勝・酒井選手、3位・永峰選手、5位・瀬戸選手)

 

2010/05/14

第44回全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権東日本B地区決勝

  第44回全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権東日本B地区決勝は、5月12日(水)、13日(木)、山梨県の丘の公園清里ゴルフコース(6750ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。
初日スコア65でトップに立った伊澤秀憲選手=富士グリーンヒル=が2日目も68でホールアウトし、トータル133、2位の長船佑紀選手=清里=に9打差をつけて優勝した。
なお、本競技の上位33名が愛知県の森林公園ゴルフ場にて開催される全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権の出場権を獲得した。
(写真は優勝した伊澤秀憲選手(左)と当協会の島田専務理事)

 

2010/05/14

第44回全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権東日本A地区決勝が開催!

  第44回全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権東日本A地区決勝は、5月13日(木)、14日(金)、栃木県のうぐいすの森ゴルフクラブ&ホテル馬頭(6535ヤード、パー72)にて、36ホールストロークプレーで行われた。
須藤裕太選手=那須野ヶ原=が初日72、2日目70のトータル142でホールアウトし、2位の阿久津未来選手=那須野ヶ原=に1打差をつけて優勝した。
なお、本競技の上位29名が愛知県の森林公園ゴルフ場にて開催される全日本パブリックアマチュアゴルフ選手権の出場権を獲得した。
(写真は左から2位・阿久津選手、優勝・須藤選手、3位・前田選手)

 

2010/05/09

第10回全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権東日本地区決勝が開催されました!

  第10回全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権東日本地区決勝は、5月9日(日)、千葉県市原市の千葉よみうりカントリークラブ(6198ヤード、パー72)にて、18ホールストロークプレーで行われた。176名出場。
成田美寿々選手=千葉よみうり=がスコア72で並んだ酒井美紀選手=シード・那須野ヶ原=、松森杏佳選手=昭和の森=を、プレーオフで下し、本大会初優勝を飾った。「次のホールに行くものだと・・・」思っていた矢先に、相手がボギーを叩き決着がついたため、クラブハウスに戻ってきたときは、「まだ実感がわかない」と話していた。
尚、本競技の上位119名が6月2日から行われる全日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権の出場権を獲得した。
(写真は左から2位タイ・酒井選手、優勝・成田選手、2位タイ・松森選手)

 

2010/05/09

第10回全日本女子パブリック選手権東日本地区決勝で酒井美紀選手ホールインワン達成!

  酒井美紀選手=シード・那須野ヶ原=が千葉よみうりカントリークラブ15番ホール(148ヤード)でホールインワンを達成した。自身2度目のホールインワンは「あり得ないバウンドをしたので」カップインの瞬間は見ておらず、グリーンに上がりカップを覗いてみたらビックリ!で大騒ぎだったそうだ。なお、ホールインワンを達成した酒井選手には、開催コースの千葉よみうりカントリークラブのご厚意により、粗品が贈られた。

 

2010/01/12

平成20年度シニアパブリック選手権出場選手アンケートを掲載しました!

  PGSニュース・調査・レポートのページからご覧ください。

 

2010/01/11

平成19年度パブリック選手権出場選手アンケートを掲載しました!

  PGSニュース・調査・レポートのページからご覧ください。

 

2010/01/08

JGAアマチュア資格規則について

  JGAアマチュア資格規則は下記URLにてご確認ください。
 ⇒ http://www.jga.or.jp/jga/html/rules/rulebook/ch500/ch500_index.html